#1099

記事を
ブックマークする

「イチローさんにハグされて…」渡米8年目・松坂大輔、安堵の瞬間とマイナー契約の悲哀「もはや競争ではない難しさ」〜連載「怪物秘録」第47回〜

2024/07/10
前年で手応えをつかんだ松坂はキャンプから好調を維持するも、メッツとの契約の問題で先発機会はなかなか訪れず、主に中継ぎとして'14年を過ごした。

 2014年2月――松坂大輔は自宅のあるボストンからキャンプ地のフロリダまで、20時間をかけて車で移動した。その日、ヤンキースへ入団する田中将大がチャーター機で日本から飛び立ったこともあって、「ひっそり」と表現されてしまったメジャー8年目。松坂は模索し続けてきたフォームにようやく手応えを感じていた。

◆◆◆

 ひっそりなんてつもりはありませんでしたが(笑)、なんとなく車で行ってみたいと思ったんです。あんなふうにネタにされて、僕も笑っちゃいました。出発した日、ボストンは雪が降っていたんです。ワシントンD.C.まで運転して、そこから夜行の貨物鉄道に車を乗せたので、ずっと運転しっぱなしというわけではありませんでした。たまたま出会った白人のおじいちゃんとおばあちゃんと一緒に電車の中で朝ごはんを食べたりして、楽しかったなぁ。「あなた、どこへ行くの」と訊かれて、「僕は野球選手で、これからフロリダでトレーニングです」って(笑)。あの時期のボストンは真冬で、フロリダは真夏じゃないですか。20時間の間に冬から夏へ季節が変わっていくのがおもしろかったですね。

「究極のベターを追い求めたフォーム」にたどり着くも…

 あの年は、スプリングトレーニングの早い時期からいい感じだと思えていました。日本と同じ形で投げられるのがベストではありましたが、マウンドの硬さもボールも違うメジャーでは同じように投げられません。アメリカのマウンドの硬さを敏感に感じてしまって、下半身に負担がかかるんです。だからアメリカでは納得のいくボールが一球も投げられていなかった……それがあの時期、やっと納得のいくボールを投げられるフォームにたどり着いたんです。

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Kiichi Matsumoto

0

0

1

前記事 次記事