サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

日本代表の新たな課題は攻撃と「勇気」 焦点はコーチ…「W杯後の無関心」を招かないための“第2期森保ジャパン強化案”を識者が考え合った

posted2023/01/02 17:02

 
日本代表の新たな課題は攻撃と「勇気」 焦点はコーチ…「W杯後の無関心」を招かないための“第2期森保ジャパン強化案”を識者が考え合った<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto/JMPA

続投が決まった森保一監督。横内昭展コーチらが離れる中で、どのような日本代表を再構築するのか

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto/JMPA

カタールW杯、日本代表のプロセスと結果、未来について――取材を進めてきた識者2人はどう感じているのか。飯尾篤史氏と木崎伸也氏に対談でリアルな舞台裏、未来への提言を聞いた。(全3回の3回目/#1#2へ  選手名などは敬称略)

クロアチア戦の後半が残念だった理由

――木崎さんから「クロアチア戦の後半以降」についての言及がありましたが、具体的にどのような点に問題を感じていたのでしょうか?

木崎 1点をリードした前半は凄くいい形で試合を進めていました。ボールをつなぎ、サイドチェンジのパスも数多く通るなど、日本の特性が出たという意味で、すごくいいサッカーをしているように思いました。でも残念だったのは後半。相手が戦い方を修正した時の対応です。クロアチアの変更点は2つあって、サイドに選手を集めてきたのと、高い位置でのプレスでマンツーマン気味についてきたことです。一方で日本は今大会で初めて先制したのもあるけど、そこからリスクを避けた戦い方になってしまった。

 選手の言葉をまとめると、後半最初のビルドアップ時に2、3回立て続けで危うかったそうなんです。そこでロングボールを蹴るようになってしまった。でも結局それがうまくいかず、蹴っては回収されるの繰り返しになってしまった。酒井宏樹を交代で入れて、そこをロングボールのターゲットにしても、相手の左サイドバックが巧みにファールを引き出し、ほぼクロアチアボールになった。なぜ前半にいい戦いをした日本が、急に後半は弱気になってしまったんだろうと。

飯尾 グループステージ3試合の話に通じるけど、ドイツ戦やスペイン戦のような1点ビハインドだったら勇気を持って仕掛けるしかない。だけどコスタリカ戦やクロアチア戦では、それができなかった。森保監督はこの4年間のテーマとして自主性・主体性を挙げていたけど、さらに次に進むためには「攻撃のデザイン」とともに「リスクをかける勇気」というものが浮き彫りになったのでは。「リスクを冒せ」とはオシムさんがよく言っていましたが、“ドイツ戦で掴んだ勝点3”や“クロアチア戦でもぎ取った先制点”というように守るものができた時の弱さを振り払わないといけない。

――確かに過去6大会のW杯を振り返っても、“早い段階で先制しながらも逆転負け”で一気に崩れた試合があります。06年ドイツW杯オーストラリア戦(●1-3)、14年ブラジルW杯コートジボワール戦(●1-2)などです。

飯尾 言ってしまえばロシアW杯ベルギー戦(●2-3)もそうじゃないですか。2点リードを奪った途端に弱気の虫が出てきたわけです。そこは日本人が次に克服しなきゃいけないメンタリティなのかもしれない。

木崎 あれだけ長友佑都が「コラージョ(イタリア語で勇気の意味)」と言ってたんですけどね。

飯尾 そう。長友がよくその言葉を口にしていたけど、彼は今大会、ハーフタイムか後半途中で交代していた。だからこそ長友的なメンタリティはチーム全体に必要なんだと思います。サッカーはメンタルも重要視される中で、日本は11人のうち3、4人が弱気になると、それが伝播する傾向がある。逆にヨーロッパや南米の強国は弱気な選手が出ても他の選手が個々で強いパーソナリティをもって戦いきってしまうから。

メッシの関係者から聞いた“PK戦の課題”の本質

木崎 勇気という意味では、クロアチア戦のPK戦も課題が出たと思います。その前に触れておきたいのが、キッカーについて立候補制に賛否が起きたことです。ただこれは別に普通で、オーソドックスなやり方だと思います。

【次ページ】 ドイツ、スペイン視点から見る“代表チームの強化法”

1 2 3 4 5 NEXT
森保一
サッカースペイン代表
サッカードイツ代表
サッカークロアチア代表
酒井宏樹
長友佑都
吉田麻也
本田圭佑
リオネル・メッシ
サッカーアルゼンチン代表
ルカ・モドリッチ
マテオ・コバチッチ
遠藤航
冨安健洋
ルイス・エンリケ
川崎フロンターレ
谷口彰悟
守田英正
板倉滉
田中碧
三笘薫
堂安律
片野坂知宏
吉田達磨
中村憲剛
フィリップ・トルシエ
町野修斗
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ