モータースポーツその他 

「24年もかかってごめんね」元SMAP森且行が3つに分かれた5人を再び“1つ”にした日

「24年もかかってごめんね」元SMAP森且行が3つに分かれた5人を再び“1つ”にした日

Number Ex

森且行がオートレーサーを目指し、SMAPを脱退したのは1996年5月のことだった。グループの冠番組『SMAP×SMAP』放送開始の翌月で…続きを読む

霜田明寛Akihiro Shimoda

2020/11/15

<転身24年目>元SMAP森且行46歳、日本選手権初優勝 7年前に明かしていた「メンバーとの約束」

Sports Graphic Number More

<転身24年目>元SMAP森且行46歳、日本選手権初優勝 7年前に明かしていた「メンバーとの約束」

その日、川口オートレース場は驟雨に見舞われていた。7月17日、第37回キューポラ杯の優勝戦。各選手が濡れた路面に手こずる中、… 続きを読む

柳橋閑Kan Yanagibashi

2020/11/04

富士24時間レースで優勝 トヨタ社長・豊田章男がレース前に語った「クルマを壊せ」の真意とは?

モータースポーツPRESS

富士24時間レースで優勝 トヨタ社長・豊田章男がレース前に語った「クルマを壊せ」の真意とは?

このレースのST-2クラスで優勝したマシンはGRヤリス……トヨタが20年ぶりに復活させたスポーツ4WDであると同時に、トヨタのスポ… 続きを読む

山本シンヤShinya Yamamoto

2020/09/19

佐藤琢磨、インディ500制覇。“2度目”の重みとは。

SCORE CARD

佐藤琢磨、インディ500制覇。“2度目”の重みとは。

時速350kmを超えるスピードで走りながら、あらゆる局面で適切な判断を下し、終盤の大勝負に向かって万全の態勢を整えていく。そ… 続きを読む

今宮雅子Masako Imamiya

有料

2020/09/03

現地記者が見たインディと佐藤琢磨。最も静かな優勝で見せた「強さ」。

モータースポーツPRESS

現地記者が見たインディと佐藤琢磨。
最も静かな優勝で見せた「強さ」。

佐藤琢磨の操る白いマシンは、観客が誰もいない夕暮れのスタンドの前を、ペースカーに先導されながらゆっくりとゴールした。それ… 続きを読む

福原顕志Kenshi Fukuhara

2020/09/01

黒人からアメリカ先住民、女性へ。米スポーツ界で広がる公平への願い。

Number Ex

黒人からアメリカ先住民、女性へ。
米スポーツ界で広がる公平への願い。

プロスポーツにまったく無関心な人たちの中には、南軍旗にしろアメリカ先住民を想起するチーム名にしろ、「いまだにそんなことや… 続きを読む

ナガオ勝司Katsushi Nagao

2020/07/12

佐藤琢磨が次世代に伝えたい喜びと悔しさ。

Sports Graphic Number Web

佐藤琢磨が次世代に
伝えたい喜びと悔しさ。

2011年3月11日、その日、佐藤琢磨はヨーロッパからアメリカに向かう飛行機の中にいた。F1からインディカー・シリーズに転向して2… 続きを読む

稲川正和Masakazu Inagawa

2020/01/15

ピットに持ち込まれた「改善」。より強いチーム作りを友山副社長に聞く。

ル・マン24時間PRESS

ピットに持ち込まれた「改善」。
より強いチーム作りを友山副社長に聞く。

「さあ、すべての観客を惹きつけて、熱狂させてやろうじゃないか。最後に我々にとって、すごく大切なモットーを確認しよう。みん… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2019/07/09

ブエミが語るアロンソの速さ(後編)。「高性能のコンピュータのような走り」

ル・マン24時間PRESS

ブエミが語るアロンソの速さ(後編)。
「高性能のコンピュータのような走り」

世界三大レースの1つであるル・マン24時間レースを連覇し、WEC(FIA世界耐久選手権)のタイトルも独占。TOYOTA GAZOO Racingの強… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2019/07/01

ブエミが語るアロンソの速さ(前編)。「彼の勝利への執念は次元が違う」

ル・マン24時間PRESS

ブエミが語るアロンソの速さ(前編)。
「彼の勝利への執念は次元が違う」

最高時速300km以上を叩き出すマシンが、5000kmもの距離を一気に走り切る。WEC(FIA世界耐久選手権)のクライマックスでもあるル… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2019/07/01

伝統のル・マンでTOYOTAが、2年連続1-2フィニッシュ。

ル・マン24時間PRESS

伝統のル・マンでTOYOTAが、
2年連続1-2フィニッシュ。

2019年のル・マン24時間レースで、TOYOTA GAZOO Racingは2年連続優勝を飾った。予選で1-2、決勝も1-2と、6月9日の公式車検から始… 続きを読む

大串信Makoto Ogushi

2019/06/19

WEC参戦1シーズン目で年間チャンピオンに挑むアロンソ。

ル・マン24時間PRESS

WEC参戦1シーズン目で
年間チャンピオンに挑むアロンソ。

F1のキャリアに終止符を打ったフェルナンド・アロンソは、TOYOTA GAZOO Racingの一員として、2018年からWEC(世界耐久選手権)へ… 続きを読む

古賀敬介Keisuke Koga

2019/06/13

競争激化の今年のル・マン24時間。トヨタが日本車初の連覇に挑む。

ル・マン24時間PRESS

競争激化の今年のル・マン24時間。
トヨタが日本車初の連覇に挑む。

2018年、WEC(世界耐久選手権)は新たなる時代を迎えた。およそ2年間に渡る長いシーズンを「スーパーシーズン」と命名し、その中… 続きを読む

古賀敬介Keisuke Koga

2019/06/12

日本人F1ドライバーの誕生なるか。執念の男・松下信治、4度目の挑戦。

モータースポーツPRESS

日本人F1ドライバーの誕生なるか。
執念の男・松下信治、4度目の挑戦。

F1ドライバーになるためには、速さだけがあればいいわけではない。まず資格として、下位カテゴリーで実績を重ね、F1マシンでのテ… 続きを読む

島下泰久Yasuhisa Shimashita

2019/04/05

トヨタ・ハイブリッド車がル・マン制覇。「レースで使えるの?」からの12年間。

Number Ex

トヨタ・ハイブリッド車がル・マン制覇。
「レースで使えるの?」からの12年間。

24時間レースも残り30分、最後のピットを終えた8号車小林可夢偉が2番手でマシンをコースに戻した。後方には首位の7号車中嶋一貴… 続きを読む

大串信Makoto Ogushi

2018/06/19

ル・マンで豊田章男社長が語った、ピット裏に掲げた「日の丸」の意味。

ル・マン24時間PRESS

ル・マンで豊田章男社長が語った、
ピット裏に掲げた「日の丸」の意味。

ル・マンの地で、その男は微笑んでいた。チームを率いる者として、その複雑な感情を世界中の人々に悟られることのないように「あ… 続きを読む

樹本野真波Nomaha Kimoto

2017/07/11

日本人として、空前絶後の金字塔。佐藤琢磨、インディ500制覇までの道。

モータースポーツPRESS

日本人として、空前絶後の金字塔。
佐藤琢磨、インディ500制覇までの道。

5月28日、アメリカのインディアナポリスで行われたインディ500で、佐藤琢磨が200周のレースを制し、日本人ドライバーとして初の… 続きを読む

松本浩明Hiroaki Matsumoto

2017/06/09

なぜトヨタは挑戦しつづけるのか。極限状況が人とクルマを鍛える。

Sports Graphic Number

なぜトヨタは挑戦しつづけるのか。
極限状況が人とクルマを鍛える。

トヨタがモータースポーツに挑戦し始めて60年。その間、トヨタの想いは一貫している。「もっといいクルマづくりのために」。60年… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2017/03/31

公道レースの最高峰、WRCが世界で最もタフで過酷なレースと言われる理由。

Sports Graphic Number

公道レースの最高峰、WRCが世界で
最もタフで過酷なレースと言われる理由。

地球上のさまざまな公道を使い、速さを競うWRC。世界でもっともタフで、過酷なレースの魅力を紹介する。 続きを読む

古賀敬介Keisuke Koga

2017/03/30

ラトバラとマキネン「勝利をもたらした化学反応」

Sports Graphic Number

ラトバラとマキネン
「勝利をもたらした化学反応」

チーム代表にして、過去4度の選手権制覇を誇るマキネンの経験。見事期待に応えたラトバラの才能。WRC復帰2戦目にしてトヨタ18… 続きを読む

古賀敬介Keisuke Koga

2017/03/29

1 2 3 4 5 8 NEXT >>

ページトップ