プレミアリーグ 

クロップの発言にドイツが騒然。ドルトムントとリバプールの差とは。

クロップの発言にドイツが騒然。
ドルトムントとリバプールの差とは。

欧州サッカーPRESS

「ドルトムントでの問題は、いつも選手たちが引き抜かれていくことだった。リバプールではそれは起きなかった」続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2020/07/04

モウリーニョ独占インタビュー。「ジョブズと聖書と守るべきもの」

Sports Graphic Number More

モウリーニョ独占インタビュー。
「ジョブズと聖書と守るべきもの」

「信仰は必要だ。人生においても、サッカーにおいてもね。『信じることは力だ』といった、ありふれたことを言うつもりはない。サ… 続きを読む

豊福晋Shin Toyofuku

2020/06/30

無観客プレミア取材詳細レポート。選手の声は響けど会場に熱狂なし。

プレミアリーグの時間

無観客プレミア取材詳細レポート。
選手の声は響けど会場に熱狂なし。

6月23日、筆者はプレミア無観客試合を初体験する機会に恵まれた。それまでテレビで観戦する限り、会場の静けさは気にならなくな… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

2020/06/29

クロップの熱いリバプール優勝談話。「重圧を背負ってきたジェラードに」

球体とリズム

クロップの熱いリバプール優勝談話。
「重圧を背負ってきたジェラードに」

望まれた形ではなかったものの、リバプールが30年ぶりのイングランド1部リーグ優勝を決めた。 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2020/06/26

クロップ「攻撃が物足りなかった」リバプールと南野拓実に勘は戻るか。

球体とリズム

クロップ「攻撃が物足りなかった」
リバプールと南野拓実に勘は戻るか。

マッチフィットネス──日本語に訳すと“試合勘”が最適か。厳密には意味が異なる気もするけれど、いずれにせよこの言葉が、今季… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2020/06/22

マンCの通常運転、黙祷、BLM運動。悲劇も差別も乗り越えプレミア再開。

プレミアリーグの時間

マンCの通常運転、黙祷、BLM運動。
悲劇も差別も乗り越えプレミア再開。

サッカーはサッカー。そして、プレミアリーグはプレミアリーグ。6月17日に訪れた今季の再開は、イングランド庶民が抱いていた「… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

2020/06/21

中断明けプレミア下位に迫る恐怖。残り9試合、運命の残留争いを占う。

欧州サッカーPRESS

中断明けプレミア下位に迫る恐怖。
残り9試合、運命の残留争いを占う。

個人タイトルの行方とともに、残留争いにも注目だ。ノリッチ、アストンビラ、ボーンマス、ワトフォード、ウェストハム、そしてブ… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2020/06/20

再開目前プレミア、CL争いが風雲急。トッテナムに心強すぎる3人が復帰。

欧州サッカーPRESS

再開目前プレミア、CL争いが風雲急。
トッテナムに心強すぎる3人が復帰。

ハリー・ケインが、ムサ・シッソコが、そしてソン・フンミンが帰ってくる。トッテナムのサポーターは喜んでいるに違いない。 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2020/06/11

プレミア中断期間ベスト11を選定。お笑いミルナー、ミーの男気って?

プレミアリーグの時間

プレミア中断期間ベスト11を選定。
お笑いミルナー、ミーの男気って?

今回、サッカーのない日々にも株を上げたベストイレブンを選ぶことで、今後も感染リスクを承知の上でピッチに戻って来てくれる選… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

2020/06/09

王者マンUの牙城が崩れた2010年代。シティとリバプール台頭。今後は?

欧州サッカーPRESS

王者マンUの牙城が崩れた2010年代。
シティとリバプール台頭。今後は?

2010年からの10シーズンも、プレミアリーグはマンチェスターが話題の中心だった。しかし、メインキャストは赤から青へ、ユナイテ… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2020/05/26

再開されたサッカーの高揚感。99年のテリーと20年のハーランド。

サッカーの尻尾

再開されたサッカーの高揚感。
99年のテリーと20年のハーランド。

18歳になったばかりのジョン・テリーが練習場から最後に出てきた。彼はものすごく恥ずかしそうに写真を撮ってくれた。後にイング… 続きを読む

豊福晋Shin Toyofuku

2020/05/26

選手も賛否両論のプレミア再開案。「実験用マウス」扱いとの声も。

プレミアリーグの時間

選手も賛否両論のプレミア再開案。
「実験用マウス」扱いとの声も。

今季のプレミアリーグに参戦する20クラブは、前日の会合(テレカンファレンス)で第1フェーズのスタートに満場一致で合意。英国… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

2020/05/22

2000年代プレミア回顧。ベンゲル、モウにファギー、3名将の天下争い。

欧州サッカーPRESS

2000年代プレミア回顧。ベンゲル、
モウにファギー、3名将の天下争い。

当時のユナイテッドは、ロイ・キーンが内部批判を繰り返し、ルート・ファンニステルローイとファーガソンの確執が表面化。流れは… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2020/05/20

マンUの惨状を見て思い出す6人。ファギーの雛鳥たちがいれば……。

欧州サッカーPRESS

マンUの惨状を見て思い出す6人。
ファギーの雛鳥たちがいれば……。

自著『MY AUTOBIOGRAPHY』から、サー・アレックス・ファーガソンの穏やかな感情が伝わってくる。6人の少年たちとはライアン・ギ… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2020/05/12

感染リスク、中立地開催案で“内戦”。プレミア再開は本当に実現できるか?

プレミアリーグの時間

感染リスク、中立地開催案で“内戦”。
プレミア再開は本当に実現できるか?

誰もが取り戻したいと願う普通の日常生活。この国では、その生活の一部として「生のサッカー」が存在する。果たして“ノーマル奪… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

2020/05/08

ファンペルシが土壇場で涼しい笑み。マンUvs.マンC、芸術的だった喧嘩。

欧州サッカーPRESS

ファンペルシが土壇場で涼しい笑み。
マンUvs.マンC、芸術的だった喧嘩。

2012年、プレミアリーグはまだマンチェスター・ユナイテッドの天下だった。 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2020/05/01

ジェラード悪夢のスリップから6年。リバプールに再び不運、それでも。

欧州サッカーPRESS

ジェラード悪夢のスリップから6年。
リバプールに再び不運、それでも。

前半アディショナルタイム、スコアは0-0。ホームのリバプールが自陣から攻撃を組み立てる。ハーフライン付近でコウチーニョが左… 続きを読む

三重野翔大Shodai Mieno

2020/04/27

EURO延期はイングランドに追い風?ケイン復帰とマウントら逸材の台頭。

欧州サッカーPRESS

EURO延期はイングランドに追い風?
ケイン復帰とマウントら逸材の台頭。

さて、ヨーロッパ選手権は1年延期になったが、イングランド代表にとっては大きなプラスと考えられている。なぜなら、大黒柱でキ… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2020/04/22

夢の劇場で見たスコールズの一撃と、「背番号22」から届いたメール。

欧州サッカーPRESS

夢の劇場で見たスコールズの一撃と、
「背番号22」から届いたメール。

僕にとって、長く取材活動をしてきたJリーグの浦和レッズはもちろん特別なチーム。ただ、その浦和と同列に“心のクラブ”として… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

2020/04/20

シティが抱えるアグエロ後任問題。最適解はマンU有力のケイン強奪か。

プレミアリーグの時間

シティが抱えるアグエロ後任問題。
最適解はマンU有力のケイン強奪か。

移籍が実現するには双方向のメリットが必要だ。果たして、ケインにとってユナイテッド入りはタイトル獲得への前進を意味するのか… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

2020/04/20

ページトップ