カタールW杯 2022 

権田修一が9年間待ち続けた感覚。「代表の重みをこんなに感じるとは」

サッカー日本代表PRESS

権田修一が9年間待ち続けた感覚。
「代表の重みをこんなに感じるとは」

9年もの間にわたって待ち続けた感覚を、権田修一は全身で噛み締めている。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2019/01/28

新キャプテン・吉田麻也の存在感。「僕は長谷部誠にはなれない」

サッカー日本代表PRESS

新キャプテン・吉田麻也の存在感。
「僕は長谷部誠にはなれない」

1月のUAEの気候は日本の初夏に近い。昼間の日差しは結構きつく、湿度はほどほどで、朝晩は涼しい。もちろん、真冬の日本やそれ以… 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

2019/01/21

遠藤航、万能タイプからの脱皮。「ボランチなんだと認めさせたい」

サッカー日本代表PRESS

遠藤航、万能タイプからの脱皮。
「ボランチなんだと認めさせたい」

最近の転職市場、スペシャリストが有利だと聞いた。一方会社では、ジェネラリストも重宝される。自分は今後、会社で専門的な仕事… 続きを読む

オノシンタロウShintaro Ono

2018/11/14

2列目もシステム変更も、肝はここ。代表のボランチにかかる高い要求。

オフサイド・トリップ

2列目もシステム変更も、肝はここ。
代表のボランチにかかる高い要求。

パナマに3-0で完勝し、強豪ウルグアイには4-3で打ち勝つ。あの記憶も醒めやらぬうち、新生日本代表にとって4度目のインターナ… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2018/11/09

池上さん風に代表メンバーを解説。選手はともかく、実はコーチ不足?

サッカー日本代表PRESS

池上さん風に代表メンバーを解説。
選手はともかく、実はコーチ不足?

みなさん、こんにちは。サッカー日本代表、11月の親善試合(16日ベネズエラ戦=大分、20日キルギス戦=豊田)のメンバー23人が発… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/11/08

堂安律「うまかったでしょ!」日本人離れしたシュートの秘密。

話が終わったらボールを蹴ろう

堂安律「うまかったでしょ!」
日本人離れしたシュートの秘密。

「今日のシュート、うまかったでしょ!」思わず表情が緩む。「もうマジでよかった。決まってホッとしました」堂安律は、安堵した… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2018/10/19

酒井高徳から“若き代表”への言葉。「19歳で代表入りするくらいないと」

サッカー日本代表PRESS

酒井高徳から“若き代表”への言葉。
「19歳で代表入りするくらいないと」

代表ウィークに入っても、日本代表の活動に向かうことは無くなった。だが、酒井高徳の中に“違和感”はないようだ。 続きを読む

本田千尋Chihiro Honda

2018/10/16

東口順昭「4年後は自分が出る」森保JのGK争いを一歩だけリード。

話が終わったらボールを蹴ろう

東口順昭「4年後は自分が出る」
森保JのGK争いを一歩だけリード。

「しっかりゼロに抑えて、ええ試合やったと思います」パナマ戦、3-0で勝った試合を観て、東口順昭はそう言った。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2018/10/16

川又堅碁の「やってやる感」の源。俺は俺で終わらせない、学ぶ男。

サムライブルーの原材料

川又堅碁の「やってやる感」の源。
俺は俺で終わらせない、学ぶ男。

「オウンゴールゥーッ」「分かっとるって!」3-0で勝利したパナマ戦後の取材エリア。槙野智章が川又堅碁を通り越すところでニタ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/10/15

価値のある、記憶に残らない試合。パナマ戦は代表にとって重要だった。

サッカー日本代表PRESS

価値のある、記憶に残らない試合。
パナマ戦は代表にとって重要だった。

1年後、2年後に思い出そうとしても、細部にまで記憶が届かない試合がある。対戦相手がさほど強豪ではなく、位置づけがそこまで重… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/10/13

トルシエがベトナムの育成世代指導。沸騰する東南アジアのサッカー熱。

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエがベトナムの育成世代指導。
沸騰する東南アジアのサッカー熱。

元サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエは今、ハノイにいる。プライベートな組織ながら、ベトナムのナショナルトレーニン… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2018/10/11

吉田・長友・酒井招集の目的は何か。森保監督の目は「前」を見ている。

サッカー日本代表PRESS

吉田・長友・酒井招集の目的は何か。
森保監督の目は「前」を見ている。

カタールへの本格的なスタートラインに立った──10月4日に発表された日本代表メンバーは、そんな印象を抱かせるものだ。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/10/07

森保Jの“第2次選考”を解説する。テーマはW杯主力と若手のミックス。

サッカー日本代表PRESS

森保Jの“第2次選考”を解説する。
テーマはW杯主力と若手のミックス。

みなさん、こんにちは。スポーツライターの二宮寿朗です。サッカー日本代表、10月の親善試合(12日パナマ戦=新潟、16日ウルグア… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/10/05

手倉森誠が目を細めるリオ世代の飛躍。“谷間”がついに代表の中心に。

サッカー日本代表PRESS

手倉森誠が目を細めるリオ世代の飛躍。
“谷間”がついに代表の中心に。

その日、手倉森誠は既視感を覚えた。2015年7月1日、彼が率いるU-22日本代表はU-22コスタリカ代表とのテストマッチに臨んだ。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/10/01

原口元気には“アニキ力”がある?宇佐美の次は浅野拓磨を刺激中。

サッカー日本代表PRESS

原口元気には“アニキ力”がある?
宇佐美の次は浅野拓磨を刺激中。

もしかしたら、原口元気には“アニキ力”があるのではないか。そんな思いが浮かび上がったのは昨季のことだった。 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2018/09/19

幼稚園、五輪、森保Jでまた一緒に。室屋成が南野拓実への引け目を払拭。

“ユース教授”のサッカージャーナル

幼稚園、五輪、森保Jでまた一緒に。
室屋成が南野拓実への引け目を払拭。

幼稚園の頃から同い年の幼馴染で、地元のスタジアムで2人揃ってA代表としてピッチに立つ――。森保ジャパンの初陣、日本vs.コス… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/09/16

代表デビューから2年11カ月を経て。初得点寸前、南野拓実が考えたこと。

サッカー日本代表PRESS

代表デビューから2年11カ月を経て。
初得点寸前、南野拓実が考えたこと。

新しい風が吹いた。そう感じさせる南野拓実のゴールだった。コスタリカ戦でゴールを決めた後に左胸のエンブレムを何度も叩き、喜… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2018/09/15

川崎・守田英正と浦和・柴戸海。代表デビューとライバル関係の今後。

JリーグPRESS

川崎・守田英正と浦和・柴戸海。
代表デビューとライバル関係の今後。

以前に2人から話は聞いていて、どのタイミングで記事にするべきかを探っていた。そんな折、川崎フロンターレの守田英正が日本代… 続きを読む

塚越始Hajime Tsukakoshi

2018/09/15

北京五輪の落選ショックから10年。青山敏弘が森保Jで巻いた赤い腕章。

サッカー日本代表PRESS

北京五輪の落選ショックから10年。
青山敏弘が森保Jで巻いた赤い腕章。

開口一番、青山敏弘は「なにもできなかったね」と試合を振り返った。しかし、ネガティブな言葉とは裏腹に、その表情は充実感に満… 続きを読む

原山裕平Yuhei Harayama

2018/09/14

遠藤航「僕らリオ世代が中心に」森保Jで念願のボランチ定着なるか。

話が終わったらボールを蹴ろう

遠藤航「僕らリオ世代が中心に」
森保Jで念願のボランチ定着なるか。

森保一監督の初陣となったコスタリカ戦、リオ五輪世代の選手が躍動した。遠藤航、室屋成、三浦弦太、中島翔哉、南野拓実の5名が… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2018/09/13

1 2 3 NEXT >>

ページトップ