サッカー日本代表PRESS 

久保建英、代表デビューからの1年。リーガ2得点が“右足”という非凡さ。

久保建英、代表デビューからの1年。
リーガ2得点が“右足”という非凡さ。

サッカー日本代表PRESS

絶賛疾走中である。2019年6月9日、当時18歳の少年が日本代表デビューを飾った。久保建英だ。続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2020/06/09

トルシエJ、川口と楢崎の序列って?名守護神バツが語る伝説のGK合宿。

サッカー日本代表PRESS

トルシエJ、川口と楢崎の序列って?
名守護神バツが語る伝説のGK合宿。

フランス人のサッカー愛好家たちにとって、1986年W杯の準々決勝でブラジル代表の名手ジーコのPKを止めたジョエル・バツ氏は、永… 続きを読む

フローラン・ダバディFlorent Dabadie

サッカー日本代表

2020/06/05

日韓W杯の招致が決まった日。「共催」への落胆と本大会の熱狂。

サッカー日本代表PRESS

日韓W杯の招致が決まった日。
「共催」への落胆と本大会の熱狂。

'96年5月31日の共催決定は、どこかすっきりしない着地点だったかもしれない。日本が目ざしてきた結果とはかけ離れてしまったが、… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2020/05/31

岡田Jの韓国戦惨敗が今も問うこと。「チーム作り」とはそもそも何か。

サッカー日本代表PRESS

岡田Jの韓国戦惨敗が今も問うこと。
「チーム作り」とはそもそも何か。

「日本らしいサッカー」を追求することで「世界を驚かせよう」としたチームは、最終的に「日本が勝つためのサッカー」に着地した… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2020/05/24

俊輔落選、中山・秋田選出から18年。W杯の“ベテラン枠”論争に決着を。

サッカー日本代表PRESS

俊輔落選、中山・秋田選出から18年。
W杯の“ベテラン枠”論争に決着を。

ヴァイッド・ハリルホジッチの解任からベルギー戦までのプロセスは、吉田麻也や柴崎岳、酒井宏樹や遠藤航が伝えていくことになる… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2020/05/17

ジーコとブッフバルトの久保建英評。「日本のメッシと呼んではいけない」【2019年度 ランキング10位】

サッカー日本代表PRESS

ジーコとブッフバルトの久保建英評。
「日本のメッシと呼んではいけない」
【2019年度 ランキング10位】

レジェンドは、どちらもご機嫌だった。取材2日前に、テクニカル・ディレクターを務める鹿島アントラーズがサンフレッチェ広島の… 続きを読む

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

サッカー日本代表

2020/05/02

久保竜彦の忘れられない左足一閃。あのチェコ戦が今も心に残る理由。

サッカー日本代表PRESS

久保竜彦の忘れられない左足一閃。
あのチェコ戦が今も心に残る理由。

2004年4月28日の試合と言われても、ピンとくる方は少ないかもしれない。それでは、ジーコジャパンのチェコ戦と言えば? 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2020/04/28

腐ったミカン騒動に加茂監督更迭。W杯初出場をめぐる日本代表事件簿。

サッカー日本代表PRESS

腐ったミカン騒動に加茂監督更迭。
W杯初出場をめぐる日本代表事件簿。

ロスタイムの失点で初めてのワールドカップ出場を逃した悲劇から、延長Vゴールでようやく手にした歓喜まで、という「始まり」と… 続きを読む

川端康生Yasuo Kawabata

サッカー日本代表

2020/04/28

“大黒様”に決められた劇的ゴール。若き日の鄭大世が埼スタで見た悪夢。

サッカー日本代表PRESS

“大黒様”に決められた劇的ゴール。
若き日の鄭大世が埼スタで見た悪夢。

「大黒様!日本救ったロスタイム弾!」。スポーツ新聞一面を飾ったこの大きな見出しが今も忘れられない。 続きを読む

キム・ミョンウKim Myung Wook

サッカー日本代表

2020/04/20

ビーチサッカーW杯MVP茂怜羅オズ。ラモス監督の焼肉、伝道師の危惧。

サッカー日本代表PRESS

ビーチサッカーW杯MVP茂怜羅オズ。
ラモス監督の焼肉、伝道師の危惧。

昨年11月、ラモス瑠偉監督率いるビーチサッカー日本代表は、パラグアイで行われたワールドカップで、ベスト4進出の快挙を成し遂… 続きを読む

原山裕平Yuhei Harayama

サッカー日本代表

2020/04/17

ハリル電撃解任からちょうど2年。森保Jへのサポートは十分なのか。

サッカー日本代表PRESS

ハリル電撃解任からちょうど2年。
森保Jへのサポートは十分なのか。

日本代表が世界で戦うことを明確なターゲットとした1992年以降で、代表監督解任は3度ある。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2020/04/09

カズがW杯予選に武者震いした日。福田正博に届いた「来い!」の声。

サッカー日本代表PRESS

カズがW杯予選に武者震いした日。
福田正博に届いた「来い!」の声。

タイを1-0で退けた試合後、カズは言った。「これでみんなが乗ってくれるといいね」日本にとっての勝ちパターンと呼べるものが、… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2020/04/08

JFAがeスポーツに乗り出す理由。リアルサッカーへの誘導「ではない」。

サッカー日本代表PRESS

JFAがeスポーツに乗り出す理由。
リアルサッカーへの誘導「ではない」。

立ち上げ早々に見舞われた想定外の逆風を吹き飛ばし、「災い転じて福となす」ことができるのか。eスポーツ施策で先行する欧州の… 続きを読む

河崎三行Sangyo Kawasaki

eスポーツ

2020/04/04

サウジ戦PK献上は「ありえない」。DF岡崎慎、這い上がるための教訓。

サッカー日本代表PRESS

サウジ戦PK献上は「ありえない」。
DF岡崎慎、這い上がるための教訓。

後半40分。ボールを受けようとした岡崎慎は、古賀太陽からのパスが背後を通ったことで一瞬、迷いが生まれる。GKの大迫敬介と古賀… 続きを読む

林遼平Ryohei Hayashi

サッカー日本代表

2020/01/11

ジャマイカ戦の収穫は9-0ではない。五輪世代の主将・中山雄太が一変。

サッカー日本代表PRESS

ジャマイカ戦の収穫は9-0ではない。
五輪世代の主将・中山雄太が一変。

1つひとつの練習の合間や練習後のランニング時、選手たちがプレー面に関して話し合う姿が何度も確認できた。以前も多少なりとも… 続きを読む

林遼平Ryohei Hayashi

サッカー日本代表

2019/12/29

中国に2-1、若い代表が得た勝利。五輪への経験と優勝の二兎を追え。

サッカー日本代表PRESS

中国に2-1、若い代表が得た勝利。
五輪への経験と優勝の二兎を追え。

国際Aマッチ出場は井手口陽介の13試合が最多で、一度も出場していない選手が半数以上を締めている。代表チームの主力として勝敗… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2019/12/11

E-1選手権&U-22代表発表。初選出のマリノス仲川輝人にブレイクの気配。

サッカー日本代表PRESS

E-1選手権&U-22代表発表。初選出の
マリノス仲川輝人にブレイクの気配。

A代表は従来の4バックを踏襲してチームづくりを進めてきた一方で、東京五輪世代は3バックが基本になっています。完敗の理由はそ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2019/12/05

原口元気が代表から持ち帰った宿題。「結果が出せない選手は入れ替わる」

サッカー日本代表PRESS

原口元気が代表から持ち帰った宿題。
「結果が出せない選手は入れ替わる」

ただ、新監督のもと、代表戦を終えたばかりの原口は、いきなり先発に名を連ねた。そして、ゴールを決めた。ボランチという慣れな… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

サッカー日本代表

2019/11/30

ムードメーカー菅原由勢、という才。五輪代表&ELで「ポジティブ」に。

サッカー日本代表PRESS

ムードメーカー菅原由勢、という才。
五輪代表&ELで「ポジティブ」に。

練習中にレジェンドである川口能活GKコーチをいじるメンタリティー。どの世代でもチームのムードメーカーになれる明るい性格。い… 続きを読む

林遼平Ryohei Hayashi

サッカー日本代表

2019/11/23

久保建英が感じさせた進化の可能性。中西哲生の目にU-22はどう映ったか。

サッカー日本代表PRESS

久保建英が感じさせた進化の可能性。
中西哲生の目にU-22はどう映ったか。

コロンビア戦を観ても、堂安と久保はオン・ザ・ボールでのクオリティで抜きん出ていました。彼らはボールを受けることを怖がらな… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2019/11/22

ページトップ