ラグビー 

山崎紘菜のラグビー愛が深すぎる。女優業と1日4試合観戦の超多忙生活。

山崎紘菜のラグビー愛が深すぎる。
女優業と1日4試合観戦の超多忙生活。

ラグビーPRESS

5年前に交換した彼女の名刺の裏には、こう書いてある。『全国大学選手権を戦う大学生世代は、ラグビーワールドカップが日本で開催される2019年に日本代表の中心を占めることになる世代、「2019年世代(Generation 20…続きを読む

朴鐘泰(Number編集部)Park Jong Tae

2018/09/21

今季のトップリーグは一味違う!ラグビーの魅力が詰まった開幕戦。

ラグビーPRESS

今季のトップリーグは一味違う!
ラグビーの魅力が詰まった開幕戦。

トップリーグの最多動員記録を更新した大観衆は、贔屓の勝敗はともかく、ラグビーの面白さを堪能して帰路についたに違いない。 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

2018/09/06

神戸製鋼はカーターだけじゃない。司令塔パーカーが魅せる黄金の左足。

ラグビーPRESS

神戸製鋼はカーターだけじゃない。
司令塔パーカーが魅せる黄金の左足。

愛知でリーグ史上初の観客3万人超えを記録するなど、例年以上の盛り上がりを見せる日本ラグビー最高峰のトップリーグ。8月31日、… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2018/09/04

ラグビーも世界最高峰の選手だらけ。トップリーグをW杯制覇への序章に。

ラグビーPRESS

ラグビーも世界最高峰の選手だらけ。
トップリーグをW杯制覇への序章に。

サッカーJリーグには、アンドレス・イニエスタがやってきた。フェルナンド・トーレスもやってきた。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/08/31

企業名なし日野のラグビー&地域愛。初めて尽くしのトップリーグ挑戦。

ラグビーPRESS

企業名なし日野のラグビー&地域愛。
初めて尽くしのトップリーグ挑戦。

68年目の初陣だ。8月31日に開幕する日本ラグビー最高峰のトップリーグに、東京・日野市を拠点とする日野レッドドルフィンズが初… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2018/08/30

ヤマハ・清宮監督「もちろん日本一」トップリーグの短期決戦が始まる。

ラグビーPRESS

ヤマハ・清宮監督「もちろん日本一」
トップリーグの短期決戦が始まる。

8月31日、ラグビー国内最高峰のトップリーグが開幕する。今年は短期決戦だ。2019年W杯へ向けた日本代表の準備期間を確保するため… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2018/08/16

人と会うことでさらに幅が広がる、山田章仁のラグビー人生。

才色健美な挑戦者たち

人と会うことでさらに幅が広がる、山田章仁のラグビー人生。

7月某日、山田章仁がインタビュー場所として指定したのは、彼が契約をしているという青山のコワーキングスペースだった。 続きを読む

林田順子Junko Hayashida

2018/08/07

逸材中の逸材、早大・齋藤直人。2019年ラグビーW杯に間に合うか。

ラグビーPRESS

逸材中の逸材、早大・齋藤直人。
2019年ラグビーW杯に間に合うか。

3人の指揮官による評価だ。「将来の日本を背負って立つ存在」「声のかけ方と判断力が抜群に良い」「どんなテンポも作り出せる」 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2018/08/01

公式カメラマンだけが踏み入れたサンウルブズの“聖域”ロッカールーム。

ラグビーPRESS

公式カメラマンだけが踏み入れた
サンウルブズの“聖域”ロッカールーム。

先々週の金曜日だった。ロシアW杯決勝を2日後に控え、世界はまだサッカーを中心に動いていた。その夜、サンウルブズはスーパーラ… 続きを読む

近藤篤Atsushi Kondo

2018/07/26

エディー・ジョーンズが語る、「成長し続けるチーム」の作り方。

ラグビーPRESS

エディー・ジョーンズが語る、
「成長し続けるチーム」の作り方。

真夏の日差しが照りつける7月14日。大分県国東市で、元ラグビー日本代表監督(現イングランド代表監督)のエディ・ジョーンズ氏… 続きを読む

竹鼻智Satoshi Takehana

2018/07/23

再びジェイミー・ジャパンの一員に。期待の若手、松橋周平がケガから復帰。

ラグビーPRESS

再びジェイミー・ジャパンの一員に。
期待の若手、松橋周平がケガから復帰。

松橋周平が帰ってくる。2016年度のラグビー国内最高峰・トップリーグで、新人賞、ベスト15をダブル受賞。大卒1年目で日本代表に… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2018/07/16

サンウルブズ、今季最終戦を前に――。流大「僕らは絶対に勝てるようになる」

ラグビーPRESS

サンウルブズ、今季最終戦を前に――。
流大「僕らは絶対に勝てるようになる」

これまで3勝12敗――。スーパーラグビー挑戦3年目ながら、シビアな数字を突きつけられているサンウルブズ。今季も残すは7月13日… 続きを読む

近藤篤Atsushi Kondo

2018/07/12

エディーさんが沖縄で語ったこと。「日本で評価すべきは若手の成長」

スポーツ・インテリジェンス原論

エディーさんが沖縄で語ったこと。
「日本で評価すべきは若手の成長」

レッスンが始まって15分が経過したところだった。「エディーさん」は沖縄の高校生を集めて、こう言い放った。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/07/11

リオ五輪メンバー落選を乗り越えて。松井千士は7人制のエースとなれるか。

ラグビーPRESS

リオ五輪メンバー落選を乗り越えて。
松井千士は7人制のエースとなれるか。

サントリーサンゴリアスで2年目のトライゲッター・松井千士(まつい・ちひと)が、6月中旬、約2年ぶりにラグビー7人制日本代表の… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2018/07/04

強く激しくしなやかに、そして賢い。ジャパンに立川理道が戻ってきた!

ラグビーPRESS

強く激しくしなやかに、そして賢い。
ジャパンに立川理道が戻ってきた!

やっぱり、ジャパンに必要な男だ。6月23日、雨の豊田スタジアムで行われた日本代表の今春最終戦・ジョージア戦で奮戦する背番号1… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

2018/06/30

ラグビーW杯、東京五輪、そして医師。福岡堅樹が描く文武両道の人生設計。

ラグビーPRESS

ラグビーW杯、東京五輪、そして医師。
福岡堅樹が描く文武両道の人生設計。

いまこの男を生で見ていられるのは、本当に幸せなことだ――背番号11の躍動を見て、そう思った。福岡堅樹。日本代表のウイングで… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

2018/06/11

頸髄損傷を乗り越え皆で富士山頂へ。慶大ラグビー部員たちの固い絆。

ラグビーPRESS

頸髄損傷を乗り越え皆で富士山頂へ。
慶大ラグビー部員たちの固い絆。

2007年夏、慶應義塾大学ラグビー部の1年生だった杉田秀之さんは、夏合宿の練習試合で頸髄を損傷。生涯歩くことはできないと診断… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2018/06/08

ラグビー'15年W杯戦士、決意の移籍。木津武士「このままやったらアカン」

ラグビーPRESS

ラグビー'15年W杯戦士、決意の移籍。
木津武士「このままやったらアカン」

もうひと花咲かせるために、自分を変えたい。「世紀の番狂わせ」と呼ばれた2015年ラグビーW杯の南アフリカ代表戦で、逆転を懸け… 続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2018/06/04

サンウルブズはなぜ2連勝できたか。運任せを止め、技術と戦術で戦う。

ラグビーPRESS

サンウルブズはなぜ2連勝できたか。
運任せを止め、技術と戦術で戦う。

言わば、身の丈に合ったラグビー。サンウルブズがスーパーラグビー挑戦3シーズン目にして初となる2連勝を遂げた要因は、フィフテ… 続きを読む

野澤武史Takeshi Nozawa

2018/05/23

サンウルブズを3カ月半追いかけて。スーパーラグビー初勝利は必然だった。

Number Ex

サンウルブズを3カ月半追いかけて。
スーパーラグビー初勝利は必然だった。

今シーズン、僕は別府で始まったプレシーズンの初日に行われるチームミーティングから、サンウルブズを追うという幸運を与えられ… 続きを読む

近藤篤Atsushi Kondo

2018/05/17

トップリーグ
スーパーラグビー
ラグビー日本代表
大学ラグビー
高校ラグビー

ページトップ