ラグビー 

ラグビー界最強の酒販担当営業マン。中村亮土の勇敢で愚直な仕事っぷり。

ラグビー界最強の酒販担当営業マン。
中村亮土の勇敢で愚直な仕事っぷり。

ラグビーPRESS

過酷なシャトルランで中村らが追い込んだ先には、両ロックのトンプソン ルークやジェームス・ムーア、フッカーの堀江翔太などFW陣がいた。彼らがアイルランド戦で叩き出した驚異のタックル数は、“追い込み漁”に徹…続きを読む

多羅正崇Masataka Tara

2019/11/19

「常に上を目指し、国の誇りをかけて」オールブラックスを突き動かすもの。

Sports Graphic Number

「常に上を目指し、国の誇りをかけて」
オールブラックスを突き動かすもの。

自動車業界で常に技術的なイノベーションを起こしてきた三菱自動車と長い期間にわたって世界屈指のラグビーチームであり続けるオ… 続きを読む

福田剛Tsuyoshi Fukuda

2019/11/18

東京五輪がラグビーW杯から学ぶこと。合宿のおもてなし、持ち込みルール。

オリンピックへの道

東京五輪がラグビーW杯から学ぶこと。
合宿のおもてなし、持ち込みルール。

そうした姿勢は、スタジアムで試合後に見られる、対戦国同士の選手が互いをたたえる姿とも重なる。それが報じられるごとに、「ノ… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2019/11/17

様々な障壁を乗り越えて大成功を収めた夢のW杯。~ラグビーはスポーツの枠を超えた~

SCORE CARD

様々な障壁を乗り越えて
大成功を収めた夢のW杯。
~ラグビーはスポーツの枠を超えた~

夢のような44日間だった。真夏の暑さが残る9月20日に開幕し、決勝の11月2日には多くの人がダウンを羽織ったラグビーW杯2019日本… 続きを読む

大友信彦Nobuhiko Otomo

有料

2019/11/17

稲垣啓太、「0.166秒」の微笑み。	笑わない男とカメラマンの真剣勝負。

Number Ex

稲垣啓太、「0.166秒」の微笑み。
笑わない男とカメラマンの真剣勝負。

白雪姫の継母は何食わぬ顔でリンゴを差し出す。カメラマンはシャッターを押し続けながら、まるで急に思い出したかのように仕込ん… 続きを読む

近藤篤Atsushi Kondo

2019/11/15

中島イシレリと妻・理恵子さんの7年。「代表の支柱」を支える家族の存在。

Number Ex

中島イシレリと妻・理恵子さんの7年。
「代表の支柱」を支える家族の存在。

出会いの場は、千葉県柏市の居酒屋。2人は別々に呑んでいたが、共通の友人がいると分かり、会話を交わした。当時の中島は186cm、… 続きを読む

山川徹Toru Yamakawa

2019/11/13

ラグビー決勝戦で響いた3つの歌。2019年秋の記憶を留めるために。

Number Ex

ラグビー決勝戦で響いた3つの歌。
2019年秋の記憶を留めるために。

そう、なんだか『カントリーロード』の響きは、平和で、楽しくて、いつまでも余韻にひたっていたくなった。ぼくも最初は口ずさむ… 続きを読む

涌井健策(Number編集部)Kensaku Wakui

2019/11/11

外国人フォトグラファーが厳選するラグビーW杯決勝の「表」と「裏」。

ラグビーPRESS

外国人フォトグラファーが厳選する
ラグビーW杯決勝の「表」と「裏」。

NumberWebでは大会期間中、世界的なフォトエージェンシーであるGetty Images(ゲッティイメージズ)が撮影した膨大な写真の中か… 続きを読む

涌井健策(Number編集部)Kensaku Wakui

2019/11/10

イングランドはなぜ敗れたか。エディーを飲み込んだラグビーの力。

スポーツ・インテリジェンス原論

イングランドはなぜ敗れたか。
エディーを飲み込んだラグビーの力。

私が見た限り、イングランドだけは美しくなかった。唯一、負けを受け入れることが出来ないチームだった。南アフリカの選手たちは… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2019/11/09

2019年『Number MVP賞』はラグビー日本代表に決定!

Sports Graphic Number

2019年『Number MVP賞』は
ラグビー日本代表に決定!

1年間で最もスポーツファンを興奮させたアスリートに贈る『Number MVP賞』。38回目となる2019年のMVPは、第9回ラグビーワールド… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2019/11/09

跳躍マピンピ、ハカを見るファレル。モノクロームで味わう楕円球の世界。

ラグビーPRESS

跳躍マピンピ、ハカを見るファレル。
モノクロームで味わう楕円球の世界。

短期集中連載第4回のカメラマンは、デイビッド・ラモス氏だ。ラモス氏がチョイスしたのは自身が撮影した写真の中から、モノクロ… 続きを読む

涌井健策(Number編集部)Kensaku Wakui

2019/11/08

泰然自若の堀江翔太が完敗を認めた。南アは「レベルが全然違いました」。

Number Ex

泰然自若の堀江翔太が完敗を認めた。
南アは「レベルが全然違いました」。

同級生でもある妻の友加里さんも、こう言っていた。「翔太くんは裏表がないというか、人によって接する態度や言葉を変えたりしな… 続きを読む

朴鐘泰Park Jong Tae

2019/11/08

金子達仁が見てきた敗者の態度。ラグビーW杯の今後と釜石の未来。

ラグビーPRESS

金子達仁が見てきた敗者の態度。
ラグビーW杯の今後と釜石の未来。

ただ、ルーツを同じくしながら、ラグビーより1世紀ほど早くプロ化に舵を切ったサッカーが、もともとはあったはずの勝者と敗者が… 続きを読む

金子達仁Tatsuhito Kaneko

2019/11/06

ラグビーW杯のスター選手が集結。トップリーグがオールスター状態!?

ラグビーPRESS

ラグビーW杯のスター選手が集結。
トップリーグがオールスター状態!?

いまなお興奮の余韻が残る今回のW杯は、「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」をキャッチフレーズとした。国内では一生に一度し… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2019/11/05

畠山健介が語る古巣、家族への感謝。米国ラグビーという少し先の未来へ。

畠山健介のHatake's room

畠山健介が語る古巣、家族への感謝。
米国ラグビーという少し先の未来へ。

日本が2019年ラグビーW杯で新しい風を世界のラグビー界にもたらしたように、次の風はアメリカから吹こうとしている。バタフライ… 続きを読む

畠山健介Kensuke Hatakeyama

2019/11/04

「7人制ラグビー」の魅力って?東京五輪に懸ける福岡堅樹にも注目。

オリンピックへの道

「7人制ラグビー」の魅力って?
東京五輪に懸ける福岡堅樹にも注目。

今回のワールドカップで、ラグビーの認知度、人気は大きく高まった。その流れをつないでいくには、国内のトップリーグなどの試合… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2019/11/03

徐々にイングランドを追いつめ……。南アがNZと並ぶW杯通算優勝3回に。

ラグビーPRESS

徐々にイングランドを追いつめ……。
南アがNZと並ぶW杯通算優勝3回に。

決定的な差をつけられないまま時間が過ぎていく――。それでも、フォワードがプレッシャーをかけながらバックスを使う南アフリカ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2019/11/03

よく生きるための痛恨の学び。~ラグビーは「人生の学校」だ~

Beyond The Game

よく生きるための痛恨の学び。
~ラグビーは「人生の学校」だ~

フランスのラグビー界にこんな隠語がある。「ラ・フルシェット」。フォークのことだ。肉に突き刺すと赤い汁が静かに染み出る。嫌… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

有料

2019/11/03

「もうこれは奇跡とは言わせない」NHK豊原アナのラグビー愛と実況論。

ラグビーPRESS

「もうこれは奇跡とは言わせない」
NHK豊原アナのラグビー愛と実況論。

NHKの豊原謙二郎アナウンサーはこみ上げるものを必死に抑えながら、冷静に、丁寧に、仕事を全うした。「もうこれは、奇跡とは言… 続きを読む

谷川良介Ryosuke Tanikawa

2019/11/01

<GORO's EYES 五郎丸解説>決勝展望――優勝を占う3つのキーワード。

Sports Graphic Number Special

<GORO's EYES 五郎丸解説>
決勝展望――優勝を占う3つのキーワード。

ついに決勝へと駒を進めたのは、前回大会で開催国ながらプール戦敗退の憂き目を見たフットボールの母国と、3度目の栄冠を目指す… 続きを読む

五郎丸歩Ayumu Goromaru

有料

2019/11/01

トップリーグ
スーパーラグビー
ラグビー日本代表
大学ラグビー
高校ラグビー

ページトップ