サッカー日本代表 

岡田Jの韓国戦惨敗が今も問うこと。「チーム作り」とはそもそも何か。

岡田Jの韓国戦惨敗が今も問うこと。
「チーム作り」とはそもそも何か。

サッカー日本代表PRESS

「日本らしいサッカー」を追求することで「世界を驚かせよう」としたチームは、最終的に「日本が勝つためのサッカー」に着地した…続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2020/05/24

俊輔落選、中山・秋田選出から18年。W杯の“ベテラン枠”論争に決着を。

サッカー日本代表PRESS

俊輔落選、中山・秋田選出から18年。
W杯の“ベテラン枠”論争に決着を。

ヴァイッド・ハリルホジッチの解任からベルギー戦までのプロセスは、吉田麻也や柴崎岳、酒井宏樹や遠藤航が伝えていくことになる… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2020/05/17

オシムがコパで驚き、賞賛した選手は?「日本は適切な進化の過程にいる」【2019年度 ランキング6位】

ワインとシエスタとフットボールと

オシムがコパで驚き、賞賛した選手は?
「日本は適切な進化の過程にいる」
【2019年度 ランキング6位】

イビチャ・オシムに日本対エクアドル戦の話を聞いたのは、試合の翌々日だった。初戦のチリ戦は見たが、日本が引き分けたウルグア… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2020/05/06

ジーコとブッフバルトの久保建英評。「日本のメッシと呼んではいけない」【2019年度 ランキング10位】

サッカー日本代表PRESS

ジーコとブッフバルトの久保建英評。
「日本のメッシと呼んではいけない」
【2019年度 ランキング10位】

レジェンドは、どちらもご機嫌だった。取材2日前に、テクニカル・ディレクターを務める鹿島アントラーズがサンフレッチェ広島の… 続きを読む

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

2020/05/02

小野、高原、稲本を追う日々の終焉。ドキュメンタリー番組の終わり方。

話が終わったらボールを蹴ろう

小野、高原、稲本を追う日々の終焉。
ドキュメンタリー番組の終わり方。

2019年8月、フジテレビの能智大介氏は、13年ぶりに「ワールドカップをめぐる冒険」の撮影を始めた。これが「最終章」と決めたエ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2020/04/29

小野、高原、稲本を撮り続けた男。フジテレビ能智氏が捧げた19年間。

話が終わったらボールを蹴ろう

小野、高原、稲本を撮り続けた男。
フジテレビ能智氏が捧げた19年間。

3月29日「ワールドカップをめぐる冒険~小野、高原、稲本~黄金世代に居場所はあるのか」がBSフジで放映された。小野伸二、高原… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2020/04/29

久保竜彦の忘れられない左足一閃。あのチェコ戦が今も心に残る理由。

サッカー日本代表PRESS

久保竜彦の忘れられない左足一閃。
あのチェコ戦が今も心に残る理由。

2004年4月28日の試合と言われても、ピンとくる方は少ないかもしれない。それでは、ジーコジャパンのチェコ戦と言えば? 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2020/04/28

<失意から生まれた希望>昌子源「ロストフの数センチを追い求めて」

Sports Graphic Number Special

<失意から生まれた希望>
昌子源「ロストフの数センチを追い求めて」

W杯8強進出への夢を打ち砕かれた「ロストフの14秒」。あのとき感じた差を埋めるには、何が必要なのか。欧州で考え続け、日本に帰… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

有料

2020/04/28

腐ったミカン騒動に加茂監督更迭。W杯初出場をめぐる日本代表事件簿。

サッカー日本代表PRESS

腐ったミカン騒動に加茂監督更迭。
W杯初出場をめぐる日本代表事件簿。

ロスタイムの失点で初めてのワールドカップ出場を逃した悲劇から、延長Vゴールでようやく手にした歓喜まで、という「始まり」と… 続きを読む

川端康生Yasuo Kawabata

2020/04/28

なでしこW杯制覇の取材ノート秘録。川澄、丸山、山郷、澤に学んだこと。

なでしこジャパンPRESS

なでしこW杯制覇の取材ノート秘録。
川澄、丸山、山郷、澤に学んだこと。

日本中を狂喜乱舞させたあの瞬間を現地で体感できたのは、幸運以外の何物でもない。いまも、「なでしこジャパン」の戦いぶりを思… 続きを読む

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

2020/04/27

<挑戦の地で振り返る>香川真司「あのPKは予感していた」

Sports Graphic Number Special

<挑戦の地で振り返る>
香川真司「あのPKは予感していた」

外出禁止の苦境にあるスペインからの真摯なメッセージが話題の香川。数多ある印象深い得点の思い出、そしてロシアW杯で日本を快… 続きを読む

豊福晋Shin Toyofuku

有料

2020/04/27

調子乗り世代の怒りと快進撃の記録。内田篤人「このチームがかなり好き」

“ユース教授”のサッカージャーナル

調子乗り世代の怒りと快進撃の記録。
内田篤人「このチームがかなり好き」

調子乗り世代――。1987年生まれ以降の選手で構成されたU-20日本代表の躍進をきっかけに、このネーミングはたちまち世間に広まっ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2020/04/26

玉田圭司と中村憲剛、日本代表での共通点。黄金世代の陰で達成した事。

サムライブルーの原材料

玉田圭司と中村憲剛、日本代表での
共通点。黄金世代の陰で達成した事。

彼らには「もう一つ」心に残るターニングポイントの一撃があった。それは日本代表での初ゴール。いずれもアウェー、いずれもA代… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2020/04/23

オシム、コロナ禍の欧州から魂の言葉。「私はまだ働きたい。ジェフの……」

ワインとシエスタとフットボールと

オシム、コロナ禍の欧州から魂の言葉。
「私はまだ働きたい。ジェフの……」

私はまだまだ働きたい。ジェフ(現ジェフユナイテッド市原・千葉)のような“自分の人生のクラブ”で、静かに仕事をしたい。すべ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2020/04/22

大黒将志の運命を変えた1ゴールと、背番号「31番」掛布との思い出。

Number Ex

大黒将志の運命を変えた1ゴールと、
背番号「31番」掛布との思い出。

「そのときも、点を取ったんですよ。さすがの岡田さんも『やりよるな』という感じで、信頼してくれるようになりました」 続きを読む

杉園昌之Masayuki Sugizono

2020/04/21

“大黒様”に決められた劇的ゴール。若き日の鄭大世が埼スタで見た悪夢。

サッカー日本代表PRESS

“大黒様”に決められた劇的ゴール。
若き日の鄭大世が埼スタで見た悪夢。

「大黒様!日本救ったロスタイム弾!」。スポーツ新聞一面を飾ったこの大きな見出しが今も忘れられない。 続きを読む

キム・ミョンウKim Myung Wook

2020/04/20

<勝負強さの秘密に迫る>本田圭佑「俺のシミュレーション、なめるなよ」

Sports Graphic Number Special

<勝負強さの秘密に迫る>
本田圭佑「俺のシミュレーション、なめるなよ」

新天地をブラジルに定めた本田は、またしてもデビュー戦でゴールを決めた。重圧に結果で応える男はいまも健在――。W杯の舞台で4… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

有料

2020/04/20

トルシエが語る中田、俊輔、小野。そして世界の扉を開けた森島寛晃。

Number Ex

トルシエが語る中田、俊輔、小野。
そして世界の扉を開けた森島寛晃。

「同じレベルにある3人の選手が、ひとりは左でプレーし、もうひとりは右でプレーする。さらにもうひとりはどこでもプレーができ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2020/04/18

トルシエが振り返る中村俊輔の一撃。「日本の運命を変えたゴールだった」

Number Ex

トルシエが振り返る中村俊輔の一撃。
「日本の運命を変えたゴールだった」

――あなたは最も記憶に残るゴールとして、1998年11月23日の日本U-21代表対アルゼンチンU-21代表戦の中村俊輔のゴールを挙げまし… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2020/04/18

ビーチサッカーW杯MVP茂怜羅オズ。ラモス監督の焼肉、伝道師の危惧。

サッカー日本代表PRESS

ビーチサッカーW杯MVP茂怜羅オズ。
ラモス監督の焼肉、伝道師の危惧。

昨年11月、ラモス瑠偉監督率いるビーチサッカー日本代表は、パラグアイで行われたワールドカップで、ベスト4進出の快挙を成し遂… 続きを読む

原山裕平Yuhei Harayama

2020/04/17

ページトップ