サッカー日本代表 

1000号記念、Number編集長座談会(中)長嶋茂雄、サッカー黄金期、名言集。

1000号記念、Number編集長座談会(中)
長嶋茂雄、サッカー黄金期、名言集。

Number Ex

「野球では落合博満さんの言葉も赤裸々です。ランディ・バースとの“三冠王対談”で『自分を高く買ってくれるとこだったら、どこでもいい』(139号 86年1月20日号)。自宅で信子夫人も交えて行われたインタビューで…続きを読む

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

2020/03/28

「無観客」W杯予選を見た水沼貴史が痛感する、大観衆の中で戦える喜び。

水沼貴史のNice Middle!

「無観客」W杯予選を見た水沼貴史が
痛感する、大観衆の中で戦える喜び。

ガランとしたスタジアムに、まるで紅白戦のような雰囲気。サッカー選手も人間ですから、いつもとは異なる環境下では、プレーの強… 続きを読む

水沼貴史Takashi Mizunuma

2020/03/23

五輪サッカーは本番直前が勝負。親善試合中止はシリアスではない。

話が終わったらボールを蹴ろう

五輪サッカーは本番直前が勝負。
親善試合中止はシリアスではない。

OAの選手の影響力は大きく、OAを使用したチームは概ねこの傾向がみられる。それが本格的なチーム作りが始まるのは、本大会ギリギ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2020/03/12

なでしこの新エース・長谷川唯。W杯では不完全燃焼、五輪を狙う。

GO FOR TOKYO 2020

なでしこの新エース・長谷川唯。
W杯では不完全燃焼、五輪を狙う。

世代別代表では飛び級で上の年代のカテゴリーでのプレーも経験した。'14年のFIFA U-17女子W杯では優勝に貢献し、準MVPにあたるシ… 続きを読む

石井宏美Hiromi Ishii

2020/03/11

<連続インタビュー vol.5>岩渕真奈「判断のスピード」

速さは、ひとつじゃない。

<連続インタビュー vol.5>
岩渕真奈「判断のスピード」

「常に先を予測する“速さ”って、サッカーではとても大事な要素だと思います。私は動き出しの数mの瞬発力は自分の武器だと思っ… 続きを読む

別府響(文藝春秋)Hibiki Beppu

2020/03/10

<特別インタビュー vol.1>鮫島彩「気持ちのリフレッシュと、コミュニケーションを大切に」

Number×MINTIA

<特別インタビュー vol.1>
鮫島彩「気持ちのリフレッシュと、コミュニケーションを大切に」

9年前には世界の頂点に輝き、シンデレラストーリーを体現した「なでしこジャパン」。そんな代表を支える不動のDFが語る、心身の… 続きを読む

別府響(文藝春秋)Hibiki Beppu

2020/03/10

トルシエ「森保監督には2つの選択肢」五輪・金メダル獲得へのプランとは?

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエ「森保監督には2つの選択肢」
五輪・金メダル獲得へのプランとは?

「南ア戦とコートジボワール戦のメンバーこそが、五輪の本番を戦う選手たちとなる。それ以外のメンバーがモンゴル戦を戦えばいい… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2020/02/05

元なでしこの永里亜紗乃が語る姉・優季とのライバル関係。

才色健美な挑戦者たち

元なでしこの永里亜紗乃が語る
姉・優季とのライバル関係。

2012年のなでしこリーグでランキング2位の19得点を記録、2015年に行われた女子ワールドカップでは、ピッチに立つことはなかった… 続きを読む

林田順子Junko Hayashida

2020/02/05

離合集散に苦しむ五輪代表のカギを握る「ベース」問題。~久保や堂安の参加は不透明~

SCORE CARD

離合集散に苦しむ五輪代表の
カギを握る「ベース」問題。
~久保や堂安の参加は不透明~

肝心の土台をどうするのか。今夏の東京五輪に挑むU-23日本代表が、悩ましい問題を抱えている。 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

有料

2020/02/04

アジア杯決勝、五輪世代と続く誤算。森保監督への懸念は「兼任」である。

ワインとシエスタとフットボールと

アジア杯決勝、五輪世代と続く誤算。
森保監督への懸念は「兼任」である。

もちろん修正は必要である。なぜならばここに来て目立つのが繰り返される同じミスであり、しかもそれは森保が自身の長所だけを発… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2020/01/29

リオ金メダルのブラジルから学ぶ、五輪サッカーで結果より大事なこと。

熱狂とカオス!魅惑の南米直送便

リオ金メダルのブラジルから学ぶ、
五輪サッカーで結果より大事なこと。

自国開催の五輪で好成績を狙うのは、当然のことだ。しかし、五輪で良い結果を残せたら、その先には何が待っているのか。すべてが… 続きを読む

沢田啓明Hiroaki Sawada

2020/01/28

トルシエがU-23日本代表に失望……。「選手達の野心のなさには驚いた」

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエがU-23日本代表に失望……。
「選手達の野心のなさには驚いた」

「彼らの監督への最高の応えは、監督が海外組に頼るのは間違いだったと知らしめることだ。選手は森保に対して、自分が何ができる… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2020/01/18

アジア早期敗退を招いた甘い姿勢。浴びた批判はJで見返すしかない。

Jをめぐる冒険

アジア早期敗退を招いた甘い姿勢。
浴びた批判はJで見返すしかない。

今大会は東京五輪のアジア最終予選を兼ねていたから、ライバル国たちは出場権を目指して本気で挑んできた。しかも、高温多湿のタ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2020/01/17

東京五輪世代、誰が爪痕を残した?福西崇史「あえて挙げるなら……」

福西崇史の「考えるサッカー」

東京五輪世代、誰が爪痕を残した?
福西崇史「あえて挙げるなら……」

サウジアラビア戦、シリア戦で足りなかった気持ちの部分は出ていたと思います。ただ「戦う」といったメンタルは、プロの選手とし… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2020/01/16

「足りないものが多すぎる……」トルシエも絶句のシリア戦敗北の中身。

ワインとシエスタとフットボールと

「足りないものが多すぎる……」
トルシエも絶句のシリア戦敗北の中身。

「まず言いたいのはこれが本当の日本代表ではないということだ。そうだろう。チームに加わっていない選手がまだたくさんいる。し… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2020/01/14

東京五輪世代の問題点を整理する。出ない声、固まらぬ編成、濃い疲労。

Jをめぐる冒険

東京五輪世代の問題点を整理する。
出ない声、固まらぬ編成、濃い疲労。

まるで伝わって来なかった。黒星スタートになったことへの危機感も、だからこそ2戦目は必勝を期すという気迫も、東京五輪のメン… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2020/01/13

福西崇史が五輪世代シリア戦に望む、「ネガティブな空気を変える存在」

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史が五輪世代シリア戦に望む、
「ネガティブな空気を変える存在」

勝つしかなくなったぶんだけ。試合展開について難しく考えず、割り切れることをプラスに考えてほしい。サウジ戦については当然、… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2020/01/12

サウジ戦PK献上は「ありえない」。DF岡崎慎、這い上がるための教訓。

サッカー日本代表PRESS

サウジ戦PK献上は「ありえない」。
DF岡崎慎、這い上がるための教訓。

後半40分。ボールを受けようとした岡崎慎は、古賀太陽からのパスが背後を通ったことで一瞬、迷いが生まれる。GKの大迫敬介と古賀… 続きを読む

林遼平Ryohei Hayashi

2020/01/11

トルシエが一刀両断したサウジ戦。「攻撃面は何もなかった。ゼロだ」

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエが一刀両断したサウジ戦。
「攻撃面は何もなかった。ゼロだ」

「何故なら攻撃が十分ではなかったからだ。ゼロと言ってもいい。攻撃面は、本当に何もなかった。シュートもあまりなかった。得点… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2020/01/10

1つのミスでサッカー人生は変わる。サウジ戦終盤、共通認識はあったか。

Jをめぐる冒険

1つのミスでサッカー人生は変わる。
サウジ戦終盤、共通認識はあったか。

果たして、試合の終わらせ方は、チーム内で共有されていたのか――。タイで行なわれているU-23アジア選手権。東京五輪のアジア最… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2020/01/10

ページトップ