サッカー日本代表 

大迫、中島、南野、堂安が出ると安定感が違う森保Jの選手層問題。

大迫、中島、南野、堂安が出ると
安定感が違う森保Jの選手層問題。

サッカー日本代表PRESS

11月20日の一戦に誰よりも価値を見出しているのは、キルギス代表のアレクサンドル・クレスティニン監督だっただろう。わずか1本のシュートしか打てずに0-4で完敗したが、「この結果をしっかりと分析して、チームに…続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/11/21

「あの時の梅崎司」へ、もう一度!再び代表入りなら今度こそ仕掛ける。

サッカー日本代表「キャップ1」の男たち

「あの時の梅崎司」へ、もう一度!
再び代表入りなら今度こそ仕掛ける。

“あの時の梅崎司” 新たに出会った指揮官、曹貴裁からよくこの話をされるという。湘南ベルマーレの梅崎司は、10年間在籍した浦… 続きを読む

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

2018/11/20

酒井宏樹こそが森保Jのコアだ。周囲の“我”を光らせる兄貴ぶり。

サッカー日本代表PRESS

酒井宏樹こそが森保Jのコアだ。
周囲の“我”を光らせる兄貴ぶり。

「初ゴール」を祝うメッセージが試合後に数多く届いたのではないかと聞かれると、表情を崩した。「そうですね。ゴールってやっぱ… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2018/11/20

最前線と2列目のオールマイティー、北川航也が森保Jで得た発見とは。

“ユース教授”のサッカージャーナル

最前線と2列目のオールマイティー、
北川航也が森保Jで得た発見とは。

大分銀行ドームで行われたキリンチャレンジカップ・ベネズエラ戦のアタッカー陣のスタメンは、1トップ3シャドーの全員が海外組だ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/11/20

薄味だった森保Jのベネズエラ戦。プラス評価はセットプレーの得点。

サッカー日本代表PRESS

薄味だった森保Jのベネズエラ戦。
プラス評価はセットプレーの得点。

味付けの薄いメインディッシュ、とでも言えばいいだろうか。11月16日にベネズエラ代表と対峙した日本代表は、森保一監督就任以降… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/11/17

川口能活がいま引退を選んだ理由。燃え尽きてはいない、次の情熱へ。

サッカー日本代表PRESS

川口能活がいま引退を選んだ理由。
燃え尽きてはいない、次の情熱へ。

清々しいという表現は、この日、この時、この男のため、にあるようなものだろう。11月14日、川口能活の現役引退会見が行われた。… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/11/15

遠藤航、万能タイプからの脱皮。「ボランチなんだと認めさせたい」

サッカー日本代表PRESS

遠藤航、万能タイプからの脱皮。
「ボランチなんだと認めさせたい」

最近の転職市場、スペシャリストが有利だと聞いた。一方会社では、ジェネラリストも重宝される。自分は今後、会社で専門的な仕事… 続きを読む

オノシンタロウShintaro Ono

2018/11/14

2列目もシステム変更も、肝はここ。代表のボランチにかかる高い要求。

オフサイド・トリップ

2列目もシステム変更も、肝はここ。
代表のボランチにかかる高い要求。

パナマに3-0で完勝し、強豪ウルグアイには4-3で打ち勝つ。あの記憶も醒めやらぬうち、新生日本代表にとって4度目のインターナ… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2018/11/09

川口能活引退、あなたにとっての一番の思い出は?

言わせろ!ナンバー

川口能活引退、あなたにとっての一番の思い出は?

Number編集部Sports Graphic Number

2018/11/08

池上さん風に代表メンバーを解説。選手はともかく、実はコーチ不足?

サッカー日本代表PRESS

池上さん風に代表メンバーを解説。
選手はともかく、実はコーチ不足?

みなさん、こんにちは。サッカー日本代表、11月の親善試合(16日ベネズエラ戦=大分、20日キルギス戦=豊田)のメンバー23人が発… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/11/08

震災、W杯優勝、海外……多くの経験を経てなでしこジャパン・鮫島彩が学んだものとは。

才色健美な挑戦者たち

震災、W杯優勝、海外……多くの経験を経て
なでしこジャパン・鮫島彩が学んだものとは。

2011年7月、FIFA女子ワールドカップでの優勝は、東日本大震災の影響が色濃く残る日本に明るさをもたらした。 続きを読む

林田順子Junko Hayashida

2018/11/07

久保建英がアジアで見せた放熱。「負けて下を向いては差が開く」

サッカー日本代表PRESS

久保建英がアジアで見せた放熱。
「負けて下を向いては差が開く」

ジャカルタから南へ車で1時間半ほどにあるボゴールは、地元では保養地として知られる。確かに首都ほど蚊も多くない(少ないわけ… 続きを読む

塚越始Hajime Tsukakoshi

2018/11/06

もし川口能活が登場しなかったら。日本サッカーを変えた男の引退。

サッカー日本代表PRESS

もし川口能活が登場しなかったら。
日本サッカーを変えた男の引退。

日本サッカーの潮流を変えた男が、今シーズン限りでキャリアに幕を降ろすこととなった。日本代表として4度のワールドカップに出… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/11/05

U-20W杯出場権は得たけれど……。サウジに完敗、有望株に見た甘さ。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-20W杯出場権は得たけれど……。
サウジに完敗、有望株に見た甘さ。

世界への切符を掴み獲り、次なる目標は2大会連続となる「アジア制覇」に切り替わったはずだった。だが、U-20W杯出場を決めたイン… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/11/03

U-20W杯を確定させ次はACL決勝へ。平常心で勝利を呼び込む安部裕葵。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-20W杯を確定させ次はACL決勝へ。
平常心で勝利を呼び込む安部裕葵。

AFC U-19選手権において、やはりこの背番号10の存在感は別格だった。安部裕葵は圧倒的な技術を背景にした表面的な活躍だけでなく… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/10/31

「浦和レッズで戦っているので」橋岡大樹の強心臓はU-19でも別格。

サッカー日本代表PRESS

「浦和レッズで戦っているので」
橋岡大樹の強心臓はU-19でも別格。

U-19日本代表が10月28日のU-19アジア選手権準々決勝、開催国のU-19インドネシア代表に2-0の勝利を収めて、来年ポーランドで開催… 続きを読む

塚越始Hajime Tsukakoshi

2018/10/31

完全アウェイも「逆に楽しい」。“久保世代”U-19は冷静に勝てる。

“ユース教授”のサッカージャーナル

完全アウェイも「逆に楽しい」。
“久保世代”U-19は冷静に勝てる。

たぶん、今まで経験したことがないほどの大アウェイだっただろう。AFCU-19選手権準々決勝・インドネシア戦が行われたゲロラ・ブ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/10/30

ベレーザ、不満顔で4連覇を達成。圧倒的に高い目標と控え目な監督。

なでしこジャパンPRESS

ベレーザ、不満顔で4連覇を達成。
圧倒的に高い目標と控え目な監督。

そこに満ち溢れるような歓喜はなかった。粛々と整列し、相手と健闘を称え合う。勝てば、優勝。すなわちリーグ4連覇達成。知らな… 続きを読む

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

2018/10/30

佐々木翔が感じた長友佑都との差、2人を知る城福監督からの言葉。

サッカー日本代表PRESS

佐々木翔が感じた長友佑都との差、
2人を知る城福監督からの言葉。

10月16日、日本代表は堅守が伝統のウルグアイから4得点を奪い、4-3で勝利。森保一監督就任後のテストマッチで3連勝を飾った。試… 続きを読む

石倉利英Toshihide Ishikura

2018/10/29

U-20W杯出場権をかけた決戦の日。最大の敵はインドネシアの大観衆!?

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-20W杯出場権をかけた決戦の日。
最大の敵はインドネシアの大観衆!?

いよいよこの舞台まで勝ち上がってきた――。AFC U-19選手権グループBを3連勝で首位通過を果たしたU-19日本代表は、来年ポーラン… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/10/28

ページトップ