森保一 スポーツ名言
森保一 雑誌表紙

森保一 

104件中 1 - 20件を表示
令和に語り継ぐ、J平成名勝負(9)~2015年CS決勝第1戦:G大阪vs.広島~

Jをめぐる冒険

令和に語り継ぐ、J平成名勝負(9)
~2015年CS決勝第1戦:G大阪vs.広島~

華々しい舞台装置はときに役者の力を最大限に引き出すが、ときに平常心を奪い、失態を演じさせもする。11年ぶりに開催されたチャ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2019/05/13

広島の新守護神に森保監督も注目。大迫敬介が目指す「特別な存在」。

JリーグPRESS

広島の新守護神に森保監督も注目。
大迫敬介が目指す「特別な存在」。

今年1月、19歳の守護神の視線は、同世代のライバルに向けられていた。「ガンバ大阪の谷晃生や、京都サンガの若原智哉に負けたく… 続きを読む

石倉利英Toshihide Ishikura

2019/05/11

令和に語り継ぐ、J平成名勝負(1)~1994年CS第2戦:V川崎vs.広島~

ひとりFBI ~Football Bureau of Investigation~

令和に語り継ぐ、J平成名勝負(1)
~1994年CS第2戦:V川崎vs.広島~

おう、若いの、切り札ってのは、ここ一番まで取っておくもんだ。もしかすると、緑の古参兵がわが身を削って後続世代に伝えたかっ… 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

2019/05/05

大迫勇也の存在感は本田・中田級。「代わりがいない」を前提に進め。

ミックスゾーンの行間

大迫勇也の存在感は本田・中田級。
「代わりがいない」を前提に進め。

ボリビア戦、雑感。3月26日に神戸で行われた日本代表戦を取材した。試合を見つめながら、こんなことが頭によぎった。 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2019/03/30

安西幸輝に昌子源が「羨ましい」。代表デビューで得たのは成長の種。

サッカー日本代表PRESS

安西幸輝に昌子源が「羨ましい」。
代表デビューで得たのは成長の種。

3月26日ノエビアスタジアム神戸。日本対ボリビア戦のキックオフを迎える瞬間、安西幸輝は落ち着いた心持ちでピッチに立っていた… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2019/03/28

結果ではなく個人を評価する試合。ボリビア戦で上げた人、下げた人。

サッカー日本代表PRESS

結果ではなく個人を評価する試合。
ボリビア戦で上げた人、下げた人。

この試合がW杯予選だったら──。3月26日の日本代表は、ボリビアに勝てなかったかもしれない。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2019/03/27

森保ジャパンはエゴを肯定する。堂安・南野の思想に香川の反応は?

サッカー日本代表PRESS

森保ジャパンはエゴを肯定する。
堂安・南野の思想に香川の反応は?

なぜか、当事者である選手目線からの考察はあまりなかったように感じる。昨年9月から森保一監督のもとで始まった新たな体制で、… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2019/03/26

森保ジャパン初の「得点ゼロ」も、香川投入で見えた大迫依存の解決策。

サッカー日本代表PRESS

森保ジャパン初の「得点ゼロ」も、
香川投入で見えた大迫依存の解決策。

結果は驚きではない。3月22日にコロンビアと対戦した日本には、長友佑都も、吉田麻也も、酒井宏樹も、大迫勇也もいなかった。ア… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2019/03/23

つなぎたい森保ジャパンのGK問題。東口・シュミット・中村の足元比較。

サッカー日本代表PRESS

つなぎたい森保ジャパンのGK問題。
東口・シュミット・中村の足元比較。

いったい誰がスタメンなのか。序列はどうなっているのか──日本代表のGKは混沌としている。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2019/03/22

鎌田大地がポスト大迫になれる理由。ゼロトップ的ストライカーの可能性。

Jをめぐる冒険

鎌田大地がポスト大迫になれる理由。
ゼロトップ的ストライカーの可能性。

その言葉には、欧州2シーズン目に懸ける、不退転の覚悟が滲んでいた。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2019/03/20

森保Jの新たな挑戦を告げるリスト。13人もの入れ替えがなぜ可能に?

サッカー日本代表PRESS

森保Jの新たな挑戦を告げるリスト。
13人もの入れ替えがなぜ可能に?

みなさん、こんにちは。サッカー日本代表の親善試合、コロンビア戦(22日、日産スタジアム)ボリビア戦(26日、ノエビアスタジア… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2019/03/15

アジア杯決勝後、原口元気に直撃。「アタッカーは逃げちゃいけない」

サッカー日本代表PRESS

アジア杯決勝後、原口元気に直撃。
「アタッカーは逃げちゃいけない」

アジアカップ決勝が終わってから23時間と30分が経ったころだった。 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2019/02/13

南野拓実は代表で「戦える選手」だ。ゴールとアシスト以上に示した価値。

サッカー日本代表PRESS

南野拓実は代表で「戦える選手」だ。
ゴールとアシスト以上に示した価値。

「ゴールの意味は……ないッスね。負けたので。日本にとって、この大会は優勝しないと意味がないと思って僕は戦っていた。優勝に… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2019/02/07

南野拓実ならアジア杯での批判も、反骨心に変えられる。その根拠。

“ユース教授”のサッカージャーナル

南野拓実ならアジア杯での批判も、
反骨心に変えられる。その根拠。

アジアカップ決勝、日本vs.カタールの一戦。1-3の状況だった89分に交代を告げられた後、ベンチに座るFW南野拓実が何度もテレビ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/02/05

トルシエ、カタール戦の森保Jを嘆く。「優しさに満ちて無味無臭だった」

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエ、カタール戦の森保Jを嘆く。
「優しさに満ちて無味無臭だった」

負けたからこそ語るべき点も多かった日本対カタールのアジアカップ決勝。両国で代表監督の経験があるフィリップ・トルシエは試合… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2019/02/05

オシムが指摘した勇敢さの欠如。「それでも日本は大きく進歩した」

ワインとシエスタとフットボールと

オシムが指摘した勇敢さの欠如。
「それでも日本は大きく進歩した」

アジアカップ決勝の日本対カタール戦は日本の完敗に終わった。言い訳の余地のない敗戦を、イビチャ・オシムはどう見たのか。オシ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2019/02/04

森保ジャパン準優勝はよく戦ったが、痛かったイラン戦後の心の緩み。

サッカー日本代表PRESS

森保ジャパン準優勝はよく戦ったが、
痛かったイラン戦後の心の緩み。

決勝戦で敗れたチームにとって、優勝セレモニーは苦痛でしかない。すぐにでもロッカールームへ引き上げたいはずなのに、勝者を讃… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2019/02/02

福西崇史が悔やむカタール戦敗因。ただ大迫&武藤の縦関係は機能した。

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史が悔やむカタール戦敗因。
ただ大迫&武藤の縦関係は機能した。

難しい相手と見ていたカタールに、見事な試合の進め方をされてやられてしまいました。日本も後半に入ってから修正してあと一歩ま… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2019/02/02

覚醒を迎えた冨安と吉田が揃えば、ロングボール戦術はもう怖くない!?

サッカー日本代表PRESS

覚醒を迎えた冨安と吉田が揃えば、
ロングボール戦術はもう怖くない!?

強豪によって引き出されたのは、日本代表DF冨安健洋(シント・トロイデン)のたぐいまれなる能力とポテンシャルだった。 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

2019/02/01

森保Jの「プレーを止めるな!」。冨安や南野が体現した監督の理想。

サッカー日本代表PRESS

森保Jの「プレーを止めるな!」。
冨安や南野が体現した監督の理想。

プレーを止めるな! それこそ森保一監督が、強く求めてきたものである。戦術面のアイデアやプレーモデルについて批判を受けなが… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2019/01/31

1 2 3 4 5 6 NEXT >>

ページトップ