プロ野球 

広島中継ぎ・中村恭平を覚醒させた、家族、筋トレ、「理論的な正解」。

広島中継ぎ・中村恭平を覚醒させた、
家族、筋トレ、「理論的な正解」。

炎の一筆入魂

広島の本拠地・マツダスタジアムに'90年代ポップソングに乗って、背番号64がマウンドに上がる。平成生まれの“マイペース”左腕・中村恭平も、今年2月に30歳となった。迎えたプロ9年目、昨年までの通算登板数を1年で…続きを読む

前原淳Jun Maehara

2019/09/17

「1年でも長く、野球をやりたい」亀井善行の凄みは守備にあり。

SCORE CARD

「1年でも長く、野球をやりたい」
亀井善行の凄みは守備にあり。

37歳になった亀井善行は、今のジャイアンツには欠かせない“脇役”だ。「このチームで生きていくために、僕は脇役として何でもや… 続きを読む

石田雄太Yuta Ishida

有料

2019/09/16

筒香嘉智の背中を見て学び、盗む。細川成也「一発で仕留める」打者に。

ハマ街ダイアリー

筒香嘉智の背中を見て学び、盗む。
細川成也「一発で仕留める」打者に。

そこは“特等席”なのだという。横浜DeNAベイスターズの4番である筒香嘉智の“後ろ”を打つということ。2年ほど前、DeNAのヒット… 続きを読む

石塚隆Takashi Ishizuka

2019/09/15

混戦のパに「最強の最下位」誕生か。交流戦、CSがある限り勝率は上がる?

酒の肴に野球の記録

混戦のパに「最強の最下位」誕生か。
交流戦、CSがある限り勝率は上がる?

令和最初のシーズンも最終盤、両リーグともにまだ優勝が決まっていないが、とりわけ今季のパ・リーグはデッドヒートが続いている… 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2019/09/14

坂本勇人が見せてくれた理想の巨人。一流から超一流、そしてスペシャル。

ぶら野球

坂本勇人が見せてくれた理想の巨人。
一流から超一流、そしてスペシャル。

気が付けば、巨人は完全に「坂本勇人のチーム」になった。今シーズンは夏場の負けられない重要な試合で、いつも背番号6が決定的… 続きを読む

中溝康隆Yasutaka Nakamizo

2019/09/14

原辰徳監督1000勝の日が転換点に。デラロサのセーブが覇権奪回の道標。

プロ野球亭日乗

原辰徳監督1000勝の日が転換点に。
デラロサのセーブが覇権奪回の道標。

勝てる試合を確実に勝てるようになった。優勝へのカウントダウンが始まったら巨人には、その闘いが明らかに変わったターニングポ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2019/09/13

社会人→家業手伝い→大学→プロ。ホークスの「異色」捕手・高谷裕亮。

野球のぼせもん

社会人→家業手伝い→大学→プロ。
ホークスの「異色」捕手・高谷裕亮。

ヤフオクドームの住所は中央区地行浜。それが示すようにすぐ裏手には、福岡市中心部から最も近くにあるビーチが広がっている。海… 続きを読む

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

2019/09/13

鳥谷敬の引退勧告は「冷たい」か?ベテランの進退に求められること。

草茂みベースボールの道白し

鳥谷敬の引退勧告は「冷たい」か?
ベテランの進退に求められること。

これは生え抜きの功労者への冷たい仕打ちなのか。それともせっかく用意された花道を踏みにじる行為なのか。阪神の鳥谷敬の去就が… 続きを読む

小西斗真Toma Konishi

2019/09/12

原辰徳インタビュー(3)「監督の気持ちでやる選手を何人作れるか」

プロ野球亭日乗

原辰徳インタビュー(3)「監督の
気持ちでやる選手を何人作れるか」

ペナントレースは残り1カ月を切り、4年ぶりの覇権奪回をかけた巨人の戦いは、いよいよラストスパートに入る。原辰徳監督へのロン… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2019/09/11

不屈の男・ヤクルト館山昌平が引退。右肘手術前に明かした丸刈りの理由。

プロ野球PRESS

不屈の男・ヤクルト館山昌平が引退。
右肘手術前に明かした丸刈りの理由。

東京ヤクルトスワローズ館山昌平、引退へ。この一文を見た時、こんなシーンを思い出した。「タテ、どうして丸刈りにしてるの?」… 続きを読む

田中大貴Daiki Tanaka

2019/09/10

原辰徳インタビュー(2)坂本勇人、岡本和真への「非情采配」の真意。

プロ野球亭日乗

原辰徳インタビュー(2)坂本勇人、
岡本和真への「非情采配」の真意。

4年連続で優勝から遠ざかっているチームをV字回復させて優勝へとチームを引っぱる巨人・原辰徳監督のロングインタビュー第2回。… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2019/09/10

原辰徳インタビュー(1)「鳴かぬなら鳴くまで待たず選手を替える」

プロ野球亭日乗

原辰徳インタビュー(1)「鳴かぬ
なら鳴くまで待たず選手を替える」

今年の巨人は強い。3年連続で広島の天下が続いたセ・リーグ。しかし今季はペナントレース終盤の9月を迎えて、久々に巨人が首位を… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2019/09/09

西の人的補償でやってきた竹安大知。新天地オリックスで向上した修正力。

猛牛のささやき

西の人的補償でやってきた竹安大知。
新天地オリックスで向上した修正力。

「カルチャーショックでしたね」オリックスで初めて練習に参加した時のことを、竹安大知はこう振り返る。竹安は、昨年オリックス… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2019/09/06

野手軽視の今季ドラフトに待った!過去5年の“成功”を見てみると……。

“Mr.ドラフト”の野球日記

野手軽視の今季ドラフトに待った!
過去5年の“成功”を見てみると……。

今年のドラフトは投手の上位指名が多いと言われる。高校生の佐々木朗希(大船渡)、奥川恭伸(星稜)、西純矢(創志学園)、大学… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2019/09/05

球団史上最速タイの158キロを記録。西武・平良海馬はマウンド度胸満点。

プロ野球PRESS

球団史上最速タイの158キロを記録。
西武・平良海馬はマウンド度胸満点。

平良海馬が投じた1球に、球場には割れんばかりの歓声が響く。観客のどよめきは、その後、大きな拍手に変わり、試合の流れまでも… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2019/09/05

パの規定投球回到達がたった4人。原因は打高投低、人材不足なのか。

酒の肴に野球の記録

パの規定投球回到達がたった4人。
原因は打高投低、人材不足なのか。

8月が終わり、勝負の9月を迎えている。ここへきてNPBの「記録」にちょっとした異変が起きている。パ・リーグの規定投球回数到達… 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2019/09/04

ある会食で渡された一枚の戦闘服。日本ハムの頂点には栗山監督がいる。

ファイターズ広報、記す。

ある会食で渡された一枚の戦闘服。
日本ハムの頂点には栗山監督がいる。

闇は光の母——。日本が誇る巨匠、詩人の谷川俊太郎さんの詩のタイトルである。読み解くと大意が、奥深い。広報の立場ではあるが… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

2019/09/03

1カ月で復帰した高橋周平の責任感と二つのポジション。~ドラゴンズのキャプテンとして~

SCORE CARD

1カ月で復帰した高橋周平の
責任感と二つのポジション。
~ドラゴンズのキャプテンとして~

8月15日、セ・リーグ打撃成績の一覧からドラゴンズの高橋周平の名前が消えた。打率2位の.319は、規定打席に満たない数字となって… 続きを読む

石田雄太Yuta Ishida

有料

2019/09/03

優勝が厳しいカープが目指すもの。セ・リーグ全球団に勝率5割以上!

炎の一筆入魂

優勝が厳しいカープが目指すもの。
セ・リーグ全球団に勝率5割以上!

2019年のセ・リーグペナントレースも最終盤を迎えた。王者広島は今年、勝ち続ける難しさを知った。5月に球団記録の月間20勝を挙… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2019/09/02

「どうしたらいいかわからない」阪神・鳥谷敬が吐露した弱音。

プロ野球PRESS

「どうしたらいいかわからない」
阪神・鳥谷敬が吐露した弱音。

「初めての経験なんですよね。どうしたらいいかわからない。これが本音です」今年の夏に入る頃、鳥谷敬がゲーム前に吐露した言葉… 続きを読む

田中大貴Daiki Tanaka

2019/09/02

侍ジャパン
ドラフト会議
トライアウト

ページトップ