欧州サッカーPRESS 

マンUとマンCの立場が完全に逆転。名門凋落の理由は過剰な商業主義か。

マンUとマンCの立場が完全に逆転。
名門凋落の理由は過剰な商業主義か。

欧州サッカーPRESS

その昔、マンチェスター・ユナイテッドはローカルライバルを歯牙にもかけなかった。「マンチェスター・シティ? どこのどいつだい?」といった風情である。続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2018/11/17

ベスト布陣でドルトムントに敗戦。ついにバイエルン1強時代が終焉へ。

欧州サッカーPRESS

ベスト布陣でドルトムントに敗戦。
ついにバイエルン1強時代が終焉へ。

フランクフルトのアパートメントを出たら、大家さんが廊下で仁王立ち。「ちょっと、あんた。なんなのよ、あれは?」家賃も滞納し… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

2018/11/16

モウリーニョは、やっぱり面白い。愛と憎しみで彩られる稀代の策士。

欧州サッカーPRESS

モウリーニョは、やっぱり面白い。
愛と憎しみで彩られる稀代の策士。

ユベントス・スタジアムでの逆転勝利の後に、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が披露した表情と仕草を見… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2018/11/15

サッカーと暴動は切り離せるか。ドルトムントの「45人負傷事件」。

欧州サッカーPRESS

サッカーと暴動は切り離せるか。
ドルトムントの「45人負傷事件」。

ちょっと前の話にはなるが、ハロウィーンの時に渋谷で起きたという事件をネットニュースで見てとても驚いた。軽トラを横転させそ… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2018/11/13

イタリアの希望、F・キエーザ。ネイマールを教訓に“愛の鞭”を!

欧州サッカーPRESS

イタリアの希望、F・キエーザ。
ネイマールを教訓に“愛の鞭”を!

キエーザは罰せられなければならない。なぜなら、ネイマールを見てみるがよい。 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/11/07

リバプールに尽くせぬ選手は一掃。クロップは心の底から二冠を狙う。

欧州サッカーPRESS

リバプールに尽くせぬ選手は一掃。
クロップは心の底から二冠を狙う。

「あのころ、いくつもの大きな問題を抱えていた。誰もが自信を失い、誰ひとりとして勝てるとすら思っていなかった」リバプールの… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2018/11/03

若手主体ドルトムント、首位快走。香川真司のトップ下での序列は?

欧州サッカーPRESS

若手主体ドルトムント、首位快走。
香川真司のトップ下での序列は?

ドルトムントの勢いが止まりません。ブンデスリーガ第9節でヘルタ・ベルリンに終了間際に追いつかれて公式戦連勝は6でストップし… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

2018/11/02

2度の解任劇で失格の烙印……。ロペテギの運の炎を消した死神。

欧州サッカーPRESS

2度の解任劇で失格の烙印……。
ロペテギの運の炎を消した死神。

「人は皆、同じ量の運を持って生まれてくる。その運を使いながら人は生き、そして使い切って死んでいく」立川志の輔が演じる落語… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/11/01

欧州で奮闘するカレン・ロバートは、なぜ木更津にクラブを創ったのか?

欧州サッカーPRESS

欧州で奮闘するカレン・ロバートは、
なぜ木更津にクラブを創ったのか?

ジュビロ磐田時代の2005年にJリーグ新人王に輝き、'10年末からはオランダへ渡った。現在はイングランド7部リーグのレザーヘッド… 続きを読む

中田徹Toru Nakata

2018/10/30

さすらいのFWカレン・ロバートがイングランド7部でプレーする理由。

欧州サッカーPRESS

さすらいのFWカレン・ロバートが
イングランド7部でプレーする理由。

カレン・ロバートとロンドンで会った。彼の話をじっくり聞くのはオランダリーグのVVVフェンロでプレーしていた2012年11月以来だ… 続きを読む

中田徹Toru Nakata

2018/10/29

インテルの「運命の男」ベシーノ。ボールはいつも彼の所に飛んで来る。

欧州サッカーPRESS

インテルの「運命の男」ベシーノ。
ボールはいつも彼の所に飛んで来る。

未来を切り開けるフットボーラー。それがインテルのマティアス・ベシーノだ。「僕のキャリアを通して、もっとも重要なゴールにな… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/10/25

ナントに復帰したハリルホジッチ。恩師が振り返る“問題児”との日々。

欧州サッカーPRESS

ナントに復帰したハリルホジッチ。
恩師が振り返る“問題児”との日々。

ヴァイッド・ハリルホジッチが、古巣・ナントに指揮官として帰還した。32年前、元日本代表指揮官は、監督ではなく誇り高き「王」… 続きを読む

占部哲也Tetsuya Urabe

2018/10/24

つなぐも崩せずイングランドに敗北。スペインはW杯惨敗から停滞したまま。

欧州サッカーPRESS

つなぐも崩せずイングランドに敗北。
スペインはW杯惨敗から停滞したまま。

スペイン代表が、ふたたび世界の頂点に返り咲く──。それはいったい、いつになるのだろう。いや、もしかしたら、栄光の時代はも… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/10/21

メルテザッカーの引退試合に思うドイツ代表の苦戦と問題の根本。

欧州サッカーPRESS

メルテザッカーの引退試合に思う
ドイツ代表の苦戦と問題の根本。

2018年10月13日、僕は北ドイツのハノーファーにいました。当日、この街の出身で、ドイツ代表DFとしても活躍したペア・メルテザッ… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

2018/10/21

中国資本を手に入れたウルブスと、古豪エバートンがプレミア席巻中。

欧州サッカーPRESS

中国資本を手に入れたウルブスと、
古豪エバートンがプレミア席巻中。

ついこの間まで、いやいや今シーズンが始まるまで、ウォルバ―ハンプトン(以下ウルブス)は取るに足らない存在だった。 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2018/10/20

南野拓実を育てたザルツブルク。ステップには最適、長居は……?

欧州サッカーPRESS

南野拓実を育てたザルツブルク。
ステップには最適、長居は……?

8月、この10年間で9度目となるチャンピオンズリーグ(CL)予選敗退を喫した。7年連続で本大会出場を逃したのだが、今季はリーグ… 続きを読む

杉山孝Takashi Sugiyama

2018/10/16

ロナウドを抑えて得点ランク首位。セリエAの“新・殺し屋”ピアテク。

欧州サッカーPRESS

ロナウドを抑えて得点ランク首位。
セリエAの“新・殺し屋”ピアテク。

8節までを終えたセリエAで、得点ランクのトップに立っているのは、社会現象と化しているクリスティアーノ・ロナウドではない。 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/10/10

ドイツで臥薪嘗胆、21歳の伊藤達哉。小柄なドリブラーが才能に目覚める時。

欧州サッカーPRESS

ドイツで臥薪嘗胆、21歳の伊藤達哉。
小柄なドリブラーが才能に目覚める時。

“軽業師”、という肩書きがしっくりくる。ハンブルガーSVに所属する21歳の伊藤達哉。先月、初めて日本代表に招集された新星は、… 続きを読む

本田千尋Chihiro Honda

2018/10/09

魔法の言葉でマンCを操るペップ。天才戦術家に過信があるとすれば。

欧州サッカーPRESS

魔法の言葉でマンCを操るペップ。
天才戦術家に過信があるとすれば。

凡人には凡人の悩みがあるように、天才にも天才にしか持ちえない悩みがある。そしてそれは、到底凡人には理解しえない。 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/10/07

もはや過去のプレミア「ビッグ6」。マンCとリバプールの熟成が異次元。

欧州サッカーPRESS

もはや過去のプレミア「ビッグ6」。
マンCとリバプールの熟成が異次元。

各チームとも7試合を消化したにすぎないが、今シーズンのプレミアリーグの流れがほんの少しだけ見えてきた。 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2018/10/06

ページトップ