甲子園の風 

『栄冠は君に輝く』『六甲おろし』も。スポーツ音楽王・古関裕而、傑作十選。

『栄冠は君に輝く』『六甲おろし』も。
スポーツ音楽王・古関裕而、傑作十選。

甲子園の風

1936年、古関が27歳のときに作った阪神タイガース(当時は大阪タイガース)の応援歌、通称『六甲颪(おろし)』。現存するプロ野…続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

高校野球

2020/06/23

東野圭吾が緊急提案! 球児の夢叶える、こんな「高校野球」はどうですか?

甲子園の風

東野圭吾が緊急提案! 球児の夢叶える、
こんな「高校野球」はどうですか?

私は球児たちの夢は甲子園に行くことではなく、その年のナンバーワンを決める大会に出たい、ということなのだと思うのです。その… 続きを読む

東野圭吾Keigo Higashino

高校野球

2020/06/16

慶大応援指導部OBが見る『エール』。『紺碧の空』『我ぞ覇者』の誕生秘話。

甲子園の風

慶大応援指導部OBが見る『エール』。
『紺碧の空』『我ぞ覇者』の誕生秘話。

「打倒慶應の思いで生まれた『紺碧の空』は、今日にいたるまで、早大生が嬉しいときや悲しいとき、高田馬場のロータリーで飲みつ… 続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

大学野球

2020/06/09

島袋洋奨、母校・興南で新たな人生。自分の経験を子供たちのヒントに。

甲子園の風

島袋洋奨、母校・興南で新たな人生。
自分の経験を子供たちのヒントに。

「自分の中では野球をやりきった。だからスッキリ辞められました」甲子園を熱狂させた沖縄のヒーローは、静かにユニホームを脱い… 続きを読む

栗田シメイShimei Kurita

高校野球

2020/06/05

自宅待機の鬱々をブッとばせ!!スポーツの応援歌で元気になる方法。

甲子園の風

自宅待機の鬱々をブッとばせ!!
スポーツの応援歌で元気になる方法。

アフリカの大地に響く象の雄叫びを、ホルンやトロンボーンで力強く表現し、威圧感すら感じるこの曲を聴いていると、エネルギーが… 続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

プロ野球

2020/05/16

センバツに懸けていた智弁和歌山。「悲劇のヒーロー」にはならない。

甲子園の風

センバツに懸けていた智弁和歌山。
「悲劇のヒーロー」にはならない。

チームは3月12日から自主練習となり、24日から通常の全体練習を再開した。「心の内はわかりませんが、みんな、前向きに明るくや… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

高校野球

2020/04/01

吹奏楽部は甲子園のない冬も応援中。サッカー、春高バレーの人気曲は?

甲子園の風

吹奏楽部は甲子園のない冬も応援中。
サッカー、春高バレーの人気曲は?

サッカー、バレーボール、バスケットボール、ラグビー……etc。高校の部活の全国大会が多数繰り広げられるウィンターシーズン。… 続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

高校野球

2020/01/16

中谷監督と黒川・東妻の3年間。智弁和歌山、運命のドラフト会議。

甲子園の風

中谷監督と黒川・東妻の3年間。
智弁和歌山、運命のドラフト会議。

中谷監督がコーチとして母校に戻ったのは約2年半前。「僕が智弁に帰ってきたのと、彼らが入ってきたタイミングが同じだったので… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

高校野球

2019/11/08

星稜vs.智弁和歌山は“木製バット”。国体をプロや大学へのステップに。

甲子園の風

星稜vs.智弁和歌山は“木製バット”。
国体をプロや大学へのステップに。

9月29日から10月2日まで、茨城国体の高校野球・硬式の部が開催される。出場するのは夏の甲子園ベスト8の履正社、星稜、中京学院… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

高校野球

2019/09/28

1イニングで終わった世界デビュー。佐々木朗希が自己主張したあの瞬間。

甲子園の風

1イニングで終わった世界デビュー。
佐々木朗希が自己主張したあの瞬間。

最速163キロ右腕、佐々木朗希(大船渡)の世界デビューは、1イニングで終わった。8月30日から9月8日まで韓国で開催されたU-18ベ… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

侍ジャパン

2019/09/18

甲子園、高野連は悪者なのか。米・高校野球事情を調べてみると……。

甲子園の風

甲子園、高野連は悪者なのか。
米・高校野球事情を調べてみると……。

大船渡・佐々木朗希投手の岩手県大会決勝での登板回避問題は、球界の大御所・張本勲と現役投手のオピニオンリーダー・ダルビッシ… 続きを読む

太田俊明Toshiaki Ota

高校野球

2019/09/16

投手起用に疑問が残ったU-18W杯。「世界一」より優先すべきこと。

甲子園の風

投手起用に疑問が残ったU-18W杯。
「世界一」より優先すべきこと。

9月8日まで韓国で開催されていたU-18ベースボールワールドカップで、初の世界一を目指した日本は5位で大会を終えた。 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

侍ジャパン

2019/09/12

智弁和歌山が土を手でならす理由。黒川主将「5季連続ノーエラーです」

甲子園の風

智弁和歌山が土を手でならす理由。
黒川主将「5季連続ノーエラーです」

「手でならし攻める」智弁和歌山の主将・黒川史陽は、今夏、グラブにこの言葉を縫い込んだ。 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

高校野球

2019/09/01

市立尼崎は毎年沖縄代表を担当!甲子園ブラバン「友情応援秘話」。

甲子園の風

市立尼崎は毎年沖縄代表を担当!
甲子園ブラバン「友情応援秘話」。

甲子園期間中、アルプススタンドで応援の取材をしていると、毎日のように友情応援にかけつけている吹奏楽部がいることに気づく。… 続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

高校野球

2019/08/26

オリジナル曲、独自の選曲が急増!2019夏の甲子園、ブラバンBEST10。

甲子園の風

オリジナル曲、独自の選曲が急増!
2019夏の甲子園、ブラバンBEST10。

星稜を破り、履正社が初の日本一に輝いた101回目の夏の甲子園。今大会も、数々の名勝負と熱い演奏をアルプススタンドで観戦。全… 続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

高校野球

2019/08/23

甲子園以外の球場が使われた甲子園。堀内恒夫は3回戦まで全て西宮球場。

甲子園の風

甲子園以外の球場が使われた甲子園。
堀内恒夫は3回戦まで全て西宮球場。

夏の甲子園もいよいよ終盤戦。クライマックスの熱戦を楽しみにしているファンも多いだろう。 一方で近年の高校野球は、猛暑化す… 続きを読む

田澤健一郎Kenichiro Tazawa

高校野球

2019/08/21

大阪桐蔭、たった1人の優勝旗返還。届かなかった甲子園と、最後の意地。

甲子園の風

大阪桐蔭、たった1人の優勝旗返還。
届かなかった甲子園と、最後の意地。

昨年8月21日。甲子園春夏連覇を達成した大阪桐蔭高校の中川卓也主将は、新調されたばかりの深紅の大優勝旗を誇らしげに握りしめ… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

高校野球

2019/08/17

成績優秀、品行方正――。智弁和歌山の応援団ができるまで。

甲子園の風

成績優秀、品行方正――。
智弁和歌山の応援団ができるまで。

智弁和歌山のアルプススタンドを眺めていると、巨大な「C」の人文字に、「いけいけ根来! おせおせ智弁!」「打って 打って … 続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

高校野球

2019/08/17

高校野球史上最高の投手なのか……。佐々木朗希を江川卓と比較してみた。

甲子園の風

高校野球史上最高の投手なのか……。
佐々木朗希を江川卓と比較してみた。

熱戦が続く令和初の夏の甲子園。そこに高校野球史上最速投手、大船渡・佐々木朗希の姿は見られない。甲子園まであと1勝と迫った… 続きを読む

太田俊明Toshiaki Ota

高校野球

2019/08/15

甲子園で欠かせぬ定番ブラバン曲、『アフリカン・シンフォニー』秘話。

甲子園の風

甲子園で欠かせぬ定番ブラバン曲、
『アフリカン・シンフォニー』秘話。

連日熱戦が繰り広げられている、101回目の夏。吹奏楽部によるブラバン応援も注目されるなか、毎日のようにアルプススタンドから… 続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

高校野球

2019/08/11

1 2 3 4 NEXT >>

ページトップ