駅伝 

5年連続のシード権獲得に挑む。中央学大に見る“弱者の兵法”。

5年連続のシード権獲得に挑む。
中央学大に見る“弱者の兵法”。

箱根駅伝2019

箱根駅伝の中央学大は、強い。前回大会では複数の誤算が出ながらも、最終10区での順大による追い上げを辛くも交わして10位に入った。続きを読む

折山淑美Toshimi Oriyama

2018/11/15

出雲&全日本から読む箱根駅伝。「一強」青学大を脅かすのはどこだ。

箱根駅伝2019

出雲&全日本から読む箱根駅伝。
「一強」青学大を脅かすのはどこだ。

2019年の箱根駅伝に向けて、勢力図がハッキリと見えてきた。現状では、出雲、全日本で優勝した青学大が突出した強さを見せている… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/11/08

“古豪”復活を目指す筑波大。文武両道プロジェクト8年目の足跡。

箱根駅伝2019

“古豪”復活を目指す筑波大。
文武両道プロジェクト8年目の足跡。

さばさばとした口調の中に、一抹の悔しさがにじみ出ていた。「気象条件が良かったので、もうちょっと上位にいけたかなと。決して… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

2018/11/08

決着のポイントは山下りの神?隠れた勝負所は「6区」だ。

箱根駅伝2019

決着のポイントは山下りの神?
隠れた勝負所は「6区」だ。

「山を制する者は箱根駅伝を制す――」 そんな格言が語られるようになったのは、いつの頃からだっただろうか。“山”とは箱根駅… 続きを読む

別府響(文藝春秋)Hibiki Beppu

2018/11/08

3冠王手。青山学院の分厚さと、原晋監督の根っこにある反骨精神。

スポーツ・インテリジェンス原論

3冠王手。青山学院の分厚さと、
原晋監督の根っこにある反骨精神。

原晋監督が、5区の吉田祐也(3年)に向かって叫ぶ。「名前負けすんな!」懸命の表情でありながら、原監督はどこか楽しそうだった… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/11/05

プリンセス駅伝のトラブルを考える。ルールと連絡体制の再確認が必要だ。

スポーツ・インテリジェンス原論

プリンセス駅伝のトラブルを考える。
ルールと連絡体制の再確認が必要だ。

10月21日に開催されたプリンセス駅伝のアクシデントが、波紋を呼んでいる。まず、出来事を整理しておこう。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/10/24

中央大「涙のスピーチ」から2年。箱根予選会で感じた前向きな気配。

スポーツ・インテリジェンス原論

中央大「涙のスピーチ」から2年。
箱根予選会で感じた前向きな気配。

1年生主将だった舟津和馬が「涙のスピーチ」をしてから2年。2016年、中央大は箱根駅伝予選会で落選、あのとき彼の言葉を聞いてき… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/10/18

青学無双の予感が漂った出雲駅伝。原監督は「いやあ見事だったね」。

スポーツ・インテリジェンス原論

青学無双の予感が漂った出雲駅伝。
原監督は「いやあ見事だったね」。

出雲駅伝は、青山学院大が東洋大を振り切った。青学大と東洋大の差はわずか12秒。ひとりあたり2秒という僅差である。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/10/09

2022年の箱根は早稲田、明治、中央?1年生のタイムが示す「古豪復活」。

スポーツ・インテリジェンス原論

2022年の箱根は早稲田、明治、中央?
1年生のタイムが示す「古豪復活」。

2018年5月の時点で、予想しておく。2022年の箱根駅伝の優勝チームは――早稲田大学だ!なんの根拠もなく予想しているのではない… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/05/06

陸上界の“スーパー中学生”石田洸介、高校進学を前に未来を語る。

Face

陸上界の“スーパー中学生”石田洸介、
高校進学を前に未来を語る。

1500m、3000m、5000m(5000mは中体連非公認)と、3つの中学新記録を打ち立てた“スーパー中学生”石田洸介。さらに今年1月の都道… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2018/03/22

サムデイのタレントたちが『Number Do駅伝』を激走。「タスキがあるから頑張れたと思います!」

Number Do Ex

サムデイのタレントたちが『Number Do駅伝』を激走。
「タスキがあるから頑張れたと思います!」

2月10日に味の素スタジアムで開催された『Number Do駅伝』は約300チーム、1200人が参加し、大きな盛り上がりを見せた。 続きを読む

NumberDo編集部Number Do

2018/03/20

女子高生ランナーが2020年の新星。全国女子駅伝で区間新、廣中璃梨佳。

今日も世界は走っている

女子高生ランナーが2020年の新星。
全国女子駅伝で区間新、廣中璃梨佳。

九州にとんでもない女子高生ランナーがいる。長崎商業高校2年、廣中璃梨佳(ひろなか・りりか)だ。 続きを読む

金哲彦Tetsuhiko Kin

2018/01/30

慶應・根岸が走った8区は実は……。24年前に同じ道を走った1人の男。

箱根駅伝PRESS

慶應・根岸が走った8区は実は……。
24年前に同じ道を走った1人の男。

慶應義塾の箱根駅伝復活プロジェクトが、一歩目を踏み出した。記念すべき路となったのは、第94回箱根駅伝8区。走り出した瞬間、… 続きを読む

神津伸子Nobuko Kozu

2018/01/15

箱根駅伝で210人中58人がナイキ。メーカー契約が勢力図を変える日も?

スポーツ・インテリジェンス原論

箱根駅伝で210人中58人がナイキ。
メーカー契約が勢力図を変える日も?

間違いなく、『陸王』の影響だ。これほどまで、箱根駅伝で選手たちが履くシューズが注目されたことはなかった。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/01/14

2019年の箱根駅伝はどうなる?勝負のポイントはやはり“山”。

箱根駅伝2018

2019年の箱根駅伝はどうなる?
勝負のポイントはやはり“山”。

1区でルーキーの西山和弥(1年)が飛び出すと、2区の相澤晃(2年)は区間3位の好走でその差を維持。3区のエース・山本修二(3年… 続きを読む

折山淑美Toshimi Oriyama

2018/01/11

圧倒的な層の厚さが生んだ4連覇。青山学院大学に入った「スイッチ」。

箱根駅伝2018

圧倒的な層の厚さが生んだ4連覇。
青山学院大学に入った「スイッチ」。

昨年の11月5日、全日本大学駅伝。青学大の原晋監督は、アンカーの鈴木塁人(2年)がゴールに帰ってくるのを、駐車場の中で待って… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/01/05

名監督だけど気分は「友達」!?箱根4連覇目指す青学・原監督の心。

箱根駅伝PRESS

名監督だけど気分は「友達」!?
箱根4連覇目指す青学・原監督の心。

卒業生は、年賀状を書くわけでも、あえて「恩師」と呼ぶわけでもないという。「たとえば高校を卒業してから高校の監督に会いにい… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2018/01/01

区間配置から読み解く「第94回箱根駅伝」。「3強」を崩すチームはあるか。

箱根駅伝2018

区間配置から読み解く「第94回箱根駅伝」。
「3強」を崩すチームはあるか。

12月29日。箱根駅伝の区間エントリーが発表されると、もうすぐ大手町からレースがスタートするのだな――と胸が高鳴る思いがする… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/12/30

箱根を走れるかどうかの天王山。学連の記録会で勝った者、敗れた者。

箱根駅伝PRESS

箱根を走れるかどうかの天王山。
学連の記録会で勝った者、敗れた者。

第94回箱根駅伝にオープン参加する関東学生連合(以下、学連)チームの10区間オーダー案が、一部報道で明らかになった。 続きを読む

神津伸子Nobuko Kozu

2017/12/17

今季学生最強ランナー、順大・塩尻和也が目指す道。

箱根駅伝2018

今季学生最強ランナー、
順大・塩尻和也が目指す道。

箱根駅伝で、エース区間として注目される“花の2区”。今回の区間賞争いは前回区間賞の神奈川大・鈴木健吾、山梨学大の留学生ド… 続きを読む

折山淑美Toshimi Oriyama

2017/12/07

1 2 3 4 5 6 7 NEXT >>

ページトップ