駅伝 

ドクター・中松の元祖(?)厚底。「スーパーピョンピョン」レビュー。

ドクター・中松の元祖(?)厚底。
「スーパーピョンピョン」レビュー。

Number Do Ex

今年の1月の箱根駅伝で多くの選手がナイキの厚底を着用しているのを見て、中松氏が公式ツイッターで「駅伝の記録が伸びた理由は…続きを読む

山田洋Hiroshi Yamada

2020/03/19

駅伝のない春、大学陸上部は何を?意外に重要な「トラックシーズン」。

箱根駅伝PRESS

駅伝のない春、大学陸上部は何を?
意外に重要な「トラックシーズン」。

トラックシーズンは、個人種目への集中であり、個人の結果を求める時期だ。また、自らの成長や伸び代をレースで感じることができ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2020/03/15

箱根の後、駅伝部は何をしているか。新入生が入るまでの意外と忙しい冬。

箱根駅伝PRESS

箱根の後、駅伝部は何をしているか。
新入生が入るまでの意外と忙しい冬。

箱根駅伝が終わり、各大学の陸上部はようやく本当の正月を迎えて、のんびり……とはいかない。では、箱根駅伝が終わった後、新入… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2020/02/02

東京国際大学が箱根路で与えた衝撃。指揮官・大志田秀次監督が目指すもの。

第96回箱根駅伝(2020)

東京国際大学が箱根路で与えた衝撃。
指揮官・大志田秀次監督が目指すもの。

上位校の実力が拮抗する戦国駅伝で、風雲急を告げる特大の狼煙を上げたのは、出場校中もっとも歴史が浅い東京国際大学だった。前… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

2020/01/16

箱根で敗れた各校の悔恨とお手上げ。早稲田、東洋、駒澤、國學院、東海。

スポーツ・インテリジェンス原論

箱根で敗れた各校の悔恨とお手上げ。
早稲田、東洋、駒澤、國學院、東海。

「選手はよく走ってくれました。ウチは大きなミスはなかったけれど、爆発力に欠けました。要は、普通の駅伝をしていては勝てない… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2020/01/09

青学は「人間と戦術」で優勝した。3月の立川から1月の箱根への激変。

スポーツ・インテリジェンス原論

青学は「人間と戦術」で優勝した。
3月の立川から1月の箱根への激変。

昨今のシューズにフォーカスした論調は、物事の本質を見誤らせる。今後、カーボンプレート内蔵のシューズがプラットフォームにな… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2020/01/07

青山学院大学、2年ぶり箱根駅伝総合優勝。戦術のカギとなった「花の2区」の黄金ルーキー。

第96回箱根駅伝(2020)

青山学院大学、2年ぶり箱根駅伝総合優勝。
戦術のカギとなった「花の2区」の黄金ルーキー。

「4連覇した頃というのは、当たり前のことを当たり前にできていたので、勝っても特に感激がわき出てくることがなかった。でも、… 続きを読む

別府響(文藝春秋)Hibiki Beppu

2020/01/06

青学・吉田祐也の区間新と陸上卒業。「原監督を見返したい」から感謝へ。

箱根駅伝PRESS

青学・吉田祐也の区間新と陸上卒業。
「原監督を見返したい」から感謝へ。

卒業後は、大手菓子メーカーへの就職が決まっている。志望するのは営業職。かつて中国電力で伝説の営業マンとして活躍した原監督… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

2020/01/04

“山の神”の名付け親は今――。「お前かよ、って感じでしょう」

箱根駅伝PRESS

“山の神”の名付け親は今――。
「お前かよ、って感じでしょう」

それまで箱根の5区で活躍した選手には「山男」「山の名人」「山のスペシャリスト」といった称号が与えられていた。どうして神だ… 続きを読む

雨宮圭吾Keigo Amemiya

2020/01/01

区間エントリーから読む第96回箱根駅伝。直球と変化球が交錯する各校の“戦術駅伝”やいかに。

第96回箱根駅伝(2020)

区間エントリーから読む第96回箱根駅伝。
直球と変化球が交錯する各校の“戦術駅伝”やいかに。

今回は2区の争いが激化しそうで、拓殖大学のラジ二・レメティキ(1年)、創価大学のムソニ・ムイル(4年)、日本大学のチャール… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2019/12/31

箱根駅伝、区間エントリーの注目は?復路の「7&8区」が重要なワケ。

箱根駅伝PRESS

箱根駅伝、区間エントリーの注目は?
復路の「7&8区」が重要なワケ。

今回、注目をしているのが「7区&8区」を走る選手。それはこの区間が近年重要性を増しているからだ。 続きを読む

涌井健策(Number編集部)Kensaku Wakui

2019/12/28

連覇を狙う“一強”東海大学に死角なし。青山学院大学の鍵は4年生の奮起にあり。

第96回箱根駅伝出場校紹介

連覇を狙う“一強”東海大学に死角なし。
青山学院大学の鍵は4年生の奮起にあり。

将棋でいえば、飛車や金に当たるだろうか。12月10日に行われた記者発表会見で、第96回箱根駅伝にエントリーする各校16名の選手が… 続きを読む

箱根駅伝2020取材チームhakone ekiden 2020

2019/12/27

最強エースの配置に注目の東洋大学。駒澤大学は黄金ルーキーの躍動に期待。

第96回箱根駅伝出場校紹介

最強エースの配置に注目の東洋大学。
駒澤大学は黄金ルーキーの躍動に期待。

東洋大学の元エースが、こう言って太鼓判を押す。「相澤はすごいですよ。出雲駅伝も区間新、全日本大学駅伝も区間新でしょ。箱根… 続きを読む

箱根駅伝2020取材チームhakone ekiden 2020

2019/12/26

選手層の厚さで総合優勝狙う帝京大学。エース不在の法政大学は“山”に活路。

第96回箱根駅伝出場校紹介

選手層の厚さで総合優勝狙う帝京大学。
エース不在の法政大学は“山”に活路。

もしも箱根駅伝が1区間の距離はそのままに20区間あったら――帝京大学は優勝争いの“ダークホース”ではなく“本命”に挙げられ… 続きを読む

箱根駅伝2020取材チームhakone ekiden 2020

2019/12/25

<新世代コーチ座談会>箱根駅伝の人材育成術。~上野裕一郎×竹澤健介×宇賀地強×横田真人~

Sports Graphic Number Special

<新世代コーチ座談会>
箱根駅伝の人材育成術。
~上野裕一郎×竹澤健介×宇賀地強×横田真人~

日本陸上界の未来を担う、若き4人の指導者たち。彼らが本音で語る、箱根駅伝の現在地とその針路とは。 続きを読む

西本武司(EKIDEN News)Takeshi Nishimoto

有料

2019/12/23

<名門大学の原点を訪ねて>2009年青山学院大学「『気分は優勝』の最下位ゴール」

Sports Graphic Number Special

<名門大学の原点を訪ねて>
2009年青山学院大学
「『気分は優勝』の最下位ゴール」

ぎりぎりで掴み、満身創痍で挑んだ33年ぶりの箱根路で、アンカーは満面の笑みを浮かべてゴールへと飛び込んだ。その後、4連覇を… 続きを読む

和田悟志Satoshi Wada

有料

2019/12/22

<名門大学の原点を訪ねて>2009年東洋大学「ルーキー柏原と胴上げなき初優勝」

Sports Graphic Number Special

<名門大学の原点を訪ねて>
2009年東洋大学
「ルーキー柏原と胴上げなき初優勝」

2代目・山の神がその名を一躍轟かせた第85回大会で、鉄紺軍団は初出場以来77年目にして初優勝を果たした。悲願達成の裏には、出… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

有料

2019/12/21

「歴史を変える挑戦」目指す國學院大學。大エース卒業の順天堂大学は総合力で勝負。

第96回箱根駅伝出場校紹介

「歴史を変える挑戦」目指す國學院大學。
大エース卒業の順天堂大学は総合力で勝負。

ほとんど休むことなく、一歩一歩差を縮め、4年目でカメがウサギに追いついた。背中を追いかけたのは、イソップ物語のように脚力… 続きを読む

箱根駅伝2020取材チームhakone ekiden 2020

2019/12/20

同校初の3年連続シード権を狙う拓殖大学。中央学院大学は悔しい昨季の雪辱を期す。

第96回箱根駅伝出場校紹介

同校初の3年連続シード権を狙う拓殖大学。
中央学院大学は悔しい昨季の雪辱を期す。

拓殖大学は前回大会、エースで主将だったワークナー・デレセ(現ひらまつ病院)をはじめ、箱根駅伝経験のある4年生が5人もチーム… 続きを読む

箱根駅伝2020取材チームhakone ekiden 2020

2019/12/19

伝統を繋ぐ早稲田大学が見せる底力。中央大学の2020年は復活の礎となるか。

第96回箱根駅伝出場校紹介

伝統を繋ぐ早稲田大学が見せる底力。
中央大学の2020年は復活の礎となるか。

箱根駅伝予選会9位。名門・早稲田大学としては、「あってはならない結果」だった。しかし、この順位が攻めた結果であることもま… 続きを読む

箱根駅伝2020取材チームhakone ekiden 2020

2019/12/18

ページトップ