柴崎岳 スポーツ名言

柴崎岳 

69件中 1 - 20件を表示
ベトナム代表を熟知するトルシエが、森保Jに伝えたい「危険さ」とは。

ワインとシエスタとフットボールと

ベトナム代表を熟知するトルシエが、
森保Jに伝えたい「危険さ」とは。

フィリップ・トルシエは日本対サウジアラビア戦を、自らがディレクターを務めるハノイ郊外にある「PVFアカデミー(ベトナムのユ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2019/01/24

森保ジャパンはまだ本気出してない!?トルシエが語る、静か過ぎるアジア杯。

ワインとシエスタとフットボールと

森保ジャパンはまだ本気出してない!?
トルシエが語る、静か過ぎるアジア杯。

UAEでのアジアカップ第2戦、日本はオマーンを1対0と下してグループリーグ突破を果たした。結果はともかく内容には乏しかったオマ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2019/01/16

2年前、柴崎岳も感じた「なるほど」。レアル戦が鹿島にもたらすきっかけ。

JリーグPRESS

2年前、柴崎岳も感じた「なるほど」。
レアル戦が鹿島にもたらすきっかけ。

2016年12月18日。Jリーグ王者の鹿島アントラーズが欧州王者のレアル・マドリーから金星をもぎ取りかけた、クラブW杯決勝が行われ… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

2018/12/18

2列目もシステム変更も、肝はここ。代表のボランチにかかる高い要求。

オフサイド・トリップ

2列目もシステム変更も、肝はここ。
代表のボランチにかかる高い要求。

パナマに3-0で完勝し、強豪ウルグアイには4-3で打ち勝つ。あの記憶も醒めやらぬうち、新生日本代表にとって4度目のインターナ… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2018/11/09

浦和で育ち、湘南で大人になった岡本拓也の初戴冠と期限付きの終焉。

JリーグPRESS

浦和で育ち、湘南で大人になった
岡本拓也の初戴冠と期限付きの終焉。

慣れ親しんだ埼玉スタジアムで、湘南ベルマーレのルヴァンカップ初優勝に大きく貢献し、人目をはばからずに涙をこぼした。浦和レ… 続きを読む

杉園昌之Masayuki Sugizono

2018/11/05

福西崇史「純粋にすごいな、と」堂安律のゴールと森保Jの“余裕”。

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史「純粋にすごいな、と」
堂安律のゴールと森保Jの“余裕”。

正直、ウルグアイ相手にここまでの戦いぶりを見せるとは……驚きました。 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2018/10/17

青山敏弘の心からトゲは消えた。W杯の後悔と、広島での独走と。

サムライブルーの原材料

青山敏弘の心からトゲは消えた。
W杯の後悔と、広島での独走と。

ロシアで見た、柴崎岳のパスにシビれた。三ツ沢で見た、青山敏弘のパスにシビれた。ワールドカップとJリーグ、相手も場所も大会… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/08/08

J空白県の青森ダービーに思う、英雄・柴崎岳と津軽vs.南部の誇り。

JリーグPRESS

J空白県の青森ダービーに思う、
英雄・柴崎岳と津軽vs.南部の誇り。

青森にいる。ねぶたを見に来たわけではない。サッカーである。ダービーマッチにやってきた。 続きを読む

川端康生Yasuo Kawabata

2018/08/03

日本の現実主義とエムバペの快楽。職人技も超能力もサッカーの養分だ。

スポーツ・インサイドアウト

日本の現実主義とエムバペの快楽。
職人技も超能力もサッカーの養分だ。

《サッカーは、1対1のゲームではなく、11対11のゲームだ》日本がベルギーにひと泡吹かせそうになったあの試合のあとでは、言い古… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2018/07/06

ムバッペ以外もロサーノ、ゴロビン。ロシアW杯で評価を高めた新星たち。

ロシアW杯PRESS

ムバッペ以外もロサーノ、ゴロビン。
ロシアW杯で評価を高めた新星たち。

ロシアワールドカップで「ペレ以来」「ボルト以上」などと話題をさらっているのは、フランス代表の19歳、キリアン・ムバッペだ。 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/07/04

日本らしさを表現し尽した90分間。この敗戦がいつか大きな財産になる。

サッカー日本代表PRESS

日本らしさを表現し尽した90分間。
この敗戦がいつか大きな財産になる。

この衝撃をなんと表現したらいいのだろう。W杯とは、こんなにも残酷な舞台なのか。「2年前の二の舞になるかと思った」 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/07/03

柴崎岳はどこまでも満足しない男。「世界のトップに入れる日のため」

サッカー日本代表PRESS

柴崎岳はどこまでも満足しない男。
「世界のトップに入れる日のため」

「今は試合に出ていないかもしれないけれど、Jリーグのスカウト陣がほれ込んだ選手ですよ。なのに、高卒の段階でJクラブの選考か… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2018/07/02

「ベルギーを後退させる力を日本は持つ」トルシエが語るGL総括と次戦の要点。

ワインとシエスタとフットボールと

「ベルギーを後退させる力を日本は持つ」
トルシエが語るGL総括と次戦の要点。

快哉が叫ばれながら同時に物議も呼んだポーランド戦をフィリップ・トルシエはどう見たのか。また彼は、日本のグループリーグでの… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2018/07/01

福西崇史「動きに重さを感じた」終盤の展開を招いたミスと疲労度。

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史「動きに重さを感じた」
終盤の展開を招いたミスと疲労度。

コロンビア戦に続き「こんな展開になるとは……」と、W杯のシビアさを再び思い知らされました。ポーランド戦、試合終了までのボ… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2018/06/29

トルシエが脱帽する西野采配。「柴崎や乾の先発に意志を感じた」

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエが脱帽する西野采配。
「柴崎や乾の先発に意志を感じた」

フィリップ・トルシエは、日本が2大会ぶりのワールドカップ勝利を収めたコロンビア戦をどう見ているのか。西野朗監督の勝利、日… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2018/06/24

福西崇史も思わず「いいね」と感心。柴崎岳、変幻自在のパス&ドリブル。

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史も思わず「いいね」と感心。
柴崎岳、変幻自在のパス&ドリブル。

初戦での勝点3、本当に良かった! 心からそう思うとともに、サッカーはやってみないと、本当に分からないものだなと改めて感じ… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2018/06/20

「脱・なんちゃってプレス」成功。前線の運動量がW杯を戦う武器だ。

ひとりFBI ~Football Bereau of Investigation~

「脱・なんちゃってプレス」成功。
前線の運動量がW杯を戦う武器だ。

スタンドでコロンビアの「スパイ」が忙しくペンを走らせる。日本とパラグアイの一戦を偵察に来ていたカンビアッソ(元アルゼンチ… 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

2018/06/16

W杯直前に間に合った価値ある勝利。本番でも香川、岡崎、乾を揃えては?

サッカー日本代表PRESS

W杯直前に間に合った価値ある勝利。
本番でも香川、岡崎、乾を揃えては?

さて、どうなるだろうか。ロシアW杯前最後のテストマッチで、日本代表が価値ある一歩を踏み出した。6月12日に行われたパラグアイ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/06/13

“韓国のメッシ”は代表入りしたが……。日韓の現状が恐ろしく似る背景とは。

サッカー日本代表PRESS

“韓国のメッシ”は代表入りしたが……。
日韓の現状が恐ろしく似る背景とは。

危機感が、ぐっと高まっているところか。ロシアW杯に臨む日本代表のことだ。 続きを読む

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

2018/06/11

格上スイスに「妥当な敗戦」なのか?W杯直前の今こそガムシャラさを!

サッカー日本代表PRESS

格上スイスに「妥当な敗戦」なのか?
W杯直前の今こそガムシャラさを!

ロシアW杯への希望を抱けない一戦だった。日本時間6月8日の深夜に行なわれた日本対スイス戦である。FIFAランキング6位のスイスに… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/06/09

1 2 3 4 NEXT >>

ページトップ