大坂なおみ スポーツ名言
大坂なおみ 雑誌表紙

大坂なおみ 

29件中 1 - 20件を表示
連覇逃した女王に明るい表情。目が離せない“なおみ劇場”は続く。

テニスPRESS

連覇逃した女王に明るい表情。
目が離せない“なおみ劇場”は続く。

快進撃の始まりとなった地、インディアンウェルズに大坂なおみが戻って来たが、BNPパリバ・オープンの2連覇は4回戦でベリンダ・… 続きを読む

吉谷剛Tsuyoshi Yoshitani

2019/03/13

大坂なおみの成長とサーシャ“卒業”。成熟度で変化するコーチとの関係性。

テニスPRESS

大坂なおみの成長とサーシャ“卒業”。
成熟度で変化するコーチとの関係性。

大坂なおみがサーシャ・バインコーチの解任をSNSで発表したとき、ファンの方々の多くがそうであったように、筆者も困惑し、冗談… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2019/03/06

<WTA「BNPパリバ・オープン」展望>大坂なおみ、連覇への険しい挑戦。

テニスPRESS

<WTA「BNPパリバ・オープン」展望>
大坂なおみ、連覇への険しい挑戦。

今年一つ目のWTA〈プレミア・マンダトリー〉であり、同じく今年一つ目のATP〈マスターズ1000〉である『BNPパリバ・オープン』が… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/03/04

大坂なおみとサーシャの「別れ」。女子テニス特有のコーチの役割。

テニスPRESS

大坂なおみとサーシャの「別れ」。
女子テニス特有のコーチの役割。

大坂なおみが突然のコーチ解任を発表してから1週間が経つが、まだ何もかもがモヤモヤしたままだ。原因についての憶測が乱れ飛び… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/02/20

思考すら振り切る「大坂なおみ時代」。なぜ彼女だけが達成できたのか。

テニスPRESS

思考すら振り切る「大坂なおみ時代」。
なぜ彼女だけが達成できたのか。

大坂なおみ時代の到来。もう遠慮もためらいもなくそう言っていいだろう。全米オープン優勝からわずか5カ月足らず、南半球唯一の… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/01/27

大坂なおみとクビトバの人気者対決。勝者は「次の女王」に大きく近づく。

テニスPRESS

大坂なおみとクビトバの人気者対決。
勝者は「次の女王」に大きく近づく。

少なくともこの10年、女子テニスの関心事はこの一点に尽きるだろう。ポスト・セリーナは誰なのか――。今は世界ランク16位だが、… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/01/25

大坂なおみが「感情の揺れ」を克服。かつてお手本にしたプリスコバ超え。

スポーツ・インテリジェンス原論

大坂なおみが「感情の揺れ」を克服。
かつてお手本にしたプリスコバ超え。

一昨年の秋、『Number』937号で大坂なおみにインタビューした時のことだ。彼女はその年、2017年に経験した最も学びの大きかった… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2019/01/24

大坂なおみの体型が明白に変わった。女子テニスに渦巻くフィジカル革命。

テニスPRESS

大坂なおみの体型が明白に変わった。
女子テニスに渦巻くフィジカル革命。

何度も窮地をしのぎ、大坂なおみが全豪オープン初のベスト8に駒を進めた。 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2019/01/22

大坂なおみとセリーナは再会するか。誰もが納得する「決着」を全豪で。

テニスPRESS

大坂なおみとセリーナは再会するか。
誰もが納得する「決着」を全豪で。

歴史に名を残す人物にはいつも、その起点となるべき始まりの物語や、印象的なエピソードが付随する。 続きを読む

内田暁Akatsuki Uchida

2019/01/18

大坂なおみはなぜ世界で愛されるか。個性が薄れる女子テニス界の異端。【2018年 テニス部門1位】

テニスPRESS

大坂なおみはなぜ世界で愛されるか。
個性が薄れる女子テニス界の異端。
【2018年 テニス部門1位】

2018年、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。テニス部門の第1位はこちら! 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2018/12/27

大坂なおみのリズムを崩したもの。「勝ちたい気持ち」との付き合い方。

テニスPRESS

大坂なおみのリズムを崩したもの。
「勝ちたい気持ち」との付き合い方。

大坂なおみが何らかの違和感を抱えているのは明らかだった。第1セット冒頭のサービスゲームを落とし、すぐにブレークバックした… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2018/10/23

杉田とダニエル、そして西岡良仁も。日本男子がツアー優勝続きの理由。

テニスPRESS

杉田とダニエル、そして西岡良仁も。
日本男子がツアー優勝続きの理由。

大坂なおみフィーバーがひとまず落ち着いた日本に、また1つうれしいニュースが飛び込んできた。先週、中国の深センで行われたATP… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2018/10/05

大坂なおみが戦い切った準優勝。4年前の錦織圭と同じ重圧に負けず。

テニスPRESS

大坂なおみが戦い切った準優勝。
4年前の錦織圭と同じ重圧に負けず。

東レパンパシフィックオープン決勝の終盤、疲れて肩を落とす大坂なおみの姿に、全米オープン準優勝のあと、極度の疲労と戦いなが… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2018/09/25

大坂なおみの冷静さに恐れ入る。20歳の女王が得た「負けにくさ」。

テニスPRESS

大坂なおみの冷静さに恐れ入る。
20歳の女王が得た「負けにくさ」。

グランドスラム女王の椅子がまだ体に慣れない大坂なおみにとって、真価が問われる試合が続く。初戦の2回戦で実力者ドミニカ・チ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2018/09/22

大坂なおみ、100点満点の凱旋勝利。鬼門の「優勝直後」を悠々と突破。

テニスPRESS

大坂なおみ、100点満点の凱旋勝利。
鬼門の「優勝直後」を悠々と突破。

優勝した次の大会が難しいというのはテニス界の定説だ。特に四大大会は調子のピークをそこに合わせるため、次の大会まで心身のコ… 続きを読む

秋山英宏Hidehiro Akiyama

2018/09/20

大坂なおみが語っていたセリーナ観。「倒すのをためらうなんて失礼よ」

Number PLAYBACK

大坂なおみが語っていたセリーナ観。
「倒すのをためらうなんて失礼よ」

「未来の女王候補」――16歳の時に出場したバンクオブザウェスト・クラシック(スタンフォード開催)で、19位のサマンサ・ストー… 続きを読む

内田暁Akatsuki Uchida

2018/09/11

大坂なおみの無垢さは最高の武器。「セリーナと抱き合ったら子供に」

テニスPRESS

大坂なおみの無垢さは最高の武器。
「セリーナと抱き合ったら子供に」

あんなに悲しそうなグランドスラム・チャンピオンを見たことはない。 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2018/09/10

大坂なおみ、セリーナ戦での品格。全米制覇は“Naomi Era”の幕開けに。

スポーツ・インテリジェンス原論

大坂なおみ、セリーナ戦での品格。
全米制覇は“Naomi Era”の幕開けに。

ブーイングと歓声が入り混じる、異様な全米オープン決勝だった。産休明けで優勝を期待された地元アメリカのセリーナ・ウィリアム… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2018/09/09

ナダルやセリーナの関係者が続々と。欧州テニスの最先端育成システム。

テニスPRESS

ナダルやセリーナの関係者が続々と。
欧州テニスの最先端育成システム。

私が子供の頃、ニック・ボロテリー・アカデミーは次世代テニスの到来を告げるものだと噂の育成システムでした。まるでテニスのNA… 続きを読む

フローラン・ダバディFlorent Dabadie

2018/05/02

日本がワールドグループ2部復帰!3カ国代表・大坂なおみのスケール感。

テニスPRESS

日本がワールドグループ2部復帰!
3カ国代表・大坂なおみのスケール感。

最寄り駅から徒歩40分という交通の便の悪いテニス施設……にもかかわらず、兵庫県三木市にあるブルボン・ビーンズドームに用意さ… 続きを読む

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

2018/04/25

ページトップ