詳説日本野球研究BACK NUMBER

2016年春のセンバツは群雄割拠!
優勝は桐蔭? 高松商?それとも……。

posted2016/03/16 10:40

 
2016年春のセンバツは群雄割拠!優勝は桐蔭? 高松商?それとも……。<Number Web> photograph by KYODO NEWS

明治神宮大会の大阪桐蔭vs.高松商戦。高松商の1番打者、安西翼はセンバツ出場校の中でも屈指の俊足。

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph by

KYODO NEWS

 高校野球、春の選抜大会の組み合わせが決まる前日、出場32校の主将が意見交換をする「キャプテントーク センバツ2016」というイベントが行われた。恒例の優勝候補アンケートでは4年ぶりの優勝を狙う大阪桐蔭が10票を得てトップになり、昨年秋の明治神宮大会優勝校の高松商(香川)が4票で2位につけ、投打で注目される藤嶋健人を擁する東邦(愛知)が3票で続いた。

 大阪桐蔭が高く評価されるのは完成度の高い左腕・高山優希(3年)と破壊力満点の打線が備わっているからである。高山はまとまりだけではない。昨年秋の明治神宮大会ではストレートがアッと驚く150キロを計測、将来を嘱望される本格派としてもスカウトたちから注目を集めている。伝統の強打は今年も健在で、新チーム結成以来、公式戦と練習試合を含む総合成績ではチーム打率.393を記録、これは32校中ナンバーワンである。

 この大阪桐蔭を明治神宮大会準決勝で破った高松商は、記念すべき第1回選抜大会の優勝校にして春・夏通算54勝40敗を誇る古豪。ただし1965年以降の過去50年間では春が9勝9敗、夏が7勝11敗と負け越し、甲子園大会は20年ぶりの出場なので、選手たちに古豪の意識はないだろう。

大阪桐蔭の投打力に対する高松商の機動力。

 高松商を選抜に導いたのは機動力だ。公式戦での通算33盗塁は出場校の中にあっては創志学園の36個に次ぐナンバー2。この高松商の中でも1番の安西翼(3年)が見せる俊足は大会屈指と評価してもいい。明治神宮大会の大阪桐蔭戦では先頭打者として第2、3打席で三塁打を放ち、いずれも次打者の犠牲フライとタイムリーで生還している。ちなみに、第2打席の三塁打のときの三塁到達タイムは私が昨年計測した中では5番目に速い11.06秒。これはプロの中に入っても上位のタイムである。

 東邦で注目を集めるのは投打とも超高校級と評価される藤嶋健人(3年)。明治神宮大会1回戦の秀岳館戦では第3、4打席で2ランホームランを放ち、これがチームの全得点だった(4対2)。第3打席は1ボールからのストレート、第4打席は初球のスライダーを放ったもので、最初の一発は神宮球場の中段に達する特大のホームランだった。

 ピッチングは最速146キロのストレートだけが突出せず、カーブ、スライダー、チェンジアップを交えて緩急を操り、新チーム結成後の奪三振率は練習試合も含めれば10.0に迫る。今年に入ってからもこの勢いは変わらず、3月12日の練習試合、県岐阜商戦では圧巻の14奪三振を記録している。

【次ページ】 本塁打の鹿児島実・綿屋と防御率0の常総・鈴木。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

安西翼
藤嶋健人
鈴木昭汰
綿屋樹
宮里豊汰
橋本和樹
古賀優大
宮本瑛己
近久輝
早川隆久
高橋昂也
高山優希
中山遥斗
永廣知紀
吉澤一翔
九鬼隆平
木本凌雅
菊地大輝
高田萌生
福武修
松岡隼祐
北川大貴
草加稔
山崎颯一郎
林中勇輝
大阪桐蔭高校
明徳義塾高校
木更津総合高校
龍谷大平安高校
高松商業高校
東邦高校
常総学院高校
釜石高校
桐生第一高校
関東一高校
花咲徳栄高校
東海大甲府高校
敦賀気比高校
鹿児島実業高校
小豆島高校
滋賀学園高校
青森山田高校
創志学園高校
秀岳館高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ