サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

格下相手に「もっと得点できた」から脱出? 日本代表“全ポジションで熾烈なメンバー争い”が加速〈序列はどうなる?〉

posted2021/05/29 11:40

 
格下相手に「もっと得点できた」から脱出? 日本代表“全ポジションで熾烈なメンバー争い”が加速〈序列はどうなる?〉<Number Web> photograph by JMPA

ミャンマー相手に10-0の快勝。圧倒的な安定感を見せたのは、遠藤航(左)と守田英正(右)によるダブルボランチだろう

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

JMPA

 与えられた条件のなかでは、文句なしの解答と言っていい。

 5月28日に行なわれたカタールW杯アジア2次予選のミャンマー戦で、日本は力の差を見せつけた。10対0で大勝したのだ。

 勝って当然の相手ではある。しかし、勝って当然の試合でゴールラッシュを演じる難しさには、これまで何度も直面してきた。

「もっと得点できた」前大会の2次予選では

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督とともに臨んだ前大会の2次予選では、ホームでシンガポールと0対0で引分け、カンボジア戦は2対0に終わっている。カンボジア戦後のハリルホジッチ監督は、「チャンスは多く作れていたので、もっと得点できたと思う」と振り返った。

 今回の2次予選でも、序盤は相手の抵抗に遭った。19年9月のミャンマーとのアウェイゲームは2対0で、同10月のモンゴルとのホームゲームは6対0だった。同10月のタジキスタンとのアウェイゲームは3対0で、キルギス戦は2対0である。勝点3は積み上げていったものの、物足りなさの募る戦いが続いた。

 それがどうだろう。3月のモンゴル戦を14対0の記録的大勝で終えると、この日も2ケタ得点とクリーンシートである。

 前半で勝利を決定づけたチームは、後半にペースダウンすることが少なくない。19年10月のモンゴル戦も、前半のうちに4点を奪い、後半は2点にとどまった。試合後の吉田麻也は「決め切るところを決めていれば、8対0ぐらいにはできた」と語り、森保一監督は「選手が代わったあとの連係・連動をもっと上げなければ」と話したのだった。

〈力の差を見せつけられない〉というジレンマから脱出

 無観客で行なわれたこの日のミャンマー戦は、4対0でハーフタイムを迎え、後半に6点を加えた。後半は5人の交代選手が送り込まれたが、チームのクオリティが落ちた印象はない。コロナ禍で強化スケジュールは大幅な修正を迫られたが、攻守ともに連動性が高まっている。個々のレベルアップが攻守の切り替えや球際の攻防に表われ、チームのクオリティを押し上げているとも言える。

【次ページ】 「格下に勝って当たり前の試合」という重圧

1 2 3 NEXT
吉田麻也
遠藤航
酒井宏樹
冨安健洋
大迫勇也
守田英正
鎌田大地
南野拓実
中島翔哉
堂安律
森保一
柴崎岳
権田修一
伊東純也
室屋成
橋本拳人
板倉滉
長友佑都
佐々木翔
小川諒也
川島永嗣
シュミット・ダニエル
中村航輔
久保建英
東京五輪
オリンピック・パラリンピック
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ