記事に戻る

格下相手に「もっと得点できた」から脱出? 日本代表“全ポジションで熾烈なメンバー争い”が加速〈序列はどうなる?〉

ミャンマー相手に10-0の快勝。圧倒的な安定感を見せたのは、遠藤航(左)と守田英正(右)によるダブルボランチだろう / photograph by JMPA この日の最多得点は大迫勇也の5得点。2試合連続のハットトリックは史上3人目だ ©JMPA 海外組で臨むことになった今回のミャンマー戦メンバーリスト(公式Twitterより) 相手の守備ブロックの間で、巧みにボールを引き出していた印象の鎌田 ©JMPA 終始アグレッシブなプレーを見せた長友佑都 ©JMPA

ミャンマー相手に10-0の快勝。圧倒的な安定感を見せたのは、遠藤航(左)と守田英正(右)によるダブルボランチだろう(photograph by JMPA)

ミャンマー相手に10-0の快勝。圧倒的な安定感を見せたのは、遠藤航(左)と守田英正(右)によるダブルボランチだろう / photograph by JMPA この日の最多得点は大迫勇也の5得点。2試合連続のハットトリックは史上3人目だ ©JMPA 海外組で臨むことになった今回のミャンマー戦メンバーリスト(公式Twitterより) 相手の守備ブロックの間で、巧みにボールを引き出していた印象の鎌田 ©JMPA 終始アグレッシブなプレーを見せた長友佑都 ©JMPA

ページトップ