棚橋弘至 

G1クライマックス、26年目の変貌。優勝者ケニー・オメガのジェラシー。

格闘技PRESS

G1クライマックス、26年目の変貌。
優勝者ケニー・オメガのジェラシー。

「予想外れたなあ。昨日はテレビ見てたよ」8月14日、試合前。いつもの夏のように両国国技館の記者室に姿を見せたG1クライマック… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2016/08/17

オカダ・カズチカ、G1で連敗中――。乱れ始めた精密ルーティーンの謎。

格闘技PRESS

オカダ・カズチカ、G1で連敗中――。
乱れ始めた精密ルーティーンの謎。

オカダ・カズチカには、その身体能力に任せてこともなげに試合を進める、というイメージがある。チャンピオンの戦い方だと言って… 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2016/08/10

26年目のG1クライマックス。棚橋弘至、ぶっ壊れた「エース」。

格闘技PRESS

26年目のG1クライマックス。
棚橋弘至、ぶっ壊れた「エース」。

勝てないエースがいる。思うように勝てないエースがいる。棚橋弘至。昨年のG1クライマックス優勝者だ。 続きを読む

原悦生Essei Hara

プロレス

2016/07/27

IWGPジュニア王者KUSHIDAは、なぜ“ナイフ”を研ぎ続けるのか?

プロレスのじかん

IWGPジュニア王者KUSHIDAは、
なぜ“ナイフ”を研ぎ続けるのか?

現IWGPジュニアヘビー級王者であるKUSHIDAは、新日本ジュニア、ひいては世界のジュニアヘビーシーンのニューリーダー的な存在だ… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

プロレス

2016/05/02

スターが連続離脱の新日本プロレス。繰り返されてきた危機と再生の歴史。

ぼくらのプロレス(再)入門

スターが連続離脱の新日本プロレス。
繰り返されてきた危機と再生の歴史。

ここ数年、プロレス界で“ひとり勝ち”と言われていた新日本プロレスに、2016年の年明け早々から激震が起こった。 続きを読む

堀江ガンツGantz Horie

プロレス

2016/03/30

崩れ落ちた飯伏幸太が怪しい復活。「プロレス研究所」ってなんだ?

プロレスのじかん

崩れ落ちた飯伏幸太が怪しい復活。
「プロレス研究所」ってなんだ?

いま思えば、最初から無理だったようだ。だけど、前人未到のことだったから、やってみないとわからなかった。飯伏幸太の、DDTと… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

プロレス

2016/02/26

中邑真輔、万感の新日本ラストマッチ!そこではいろんなドラマが起きていた!!

プロレスのじかん

中邑真輔、万感の新日本ラストマッチ!
そこではいろんなドラマが起きていた!!

お別れは突然やってきて、すぐに済んでしまった。1月30日、後楽園ホールで中邑真輔が新日本プロレス最後の試合を行なった。 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

プロレス

2016/02/02

同期の中邑とは生き様が違う。後藤洋央紀の意地と怒りが見たい!

プロレスのじかん

同期の中邑とは生き様が違う。
後藤洋央紀の意地と怒りが見たい!

「1月4日の飯伏(幸太)戦に始まり、G1でオカダ(・カズチカ)と棚橋(弘至)さんとやって、カール・アンダーソンとやって、同期… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

プロレス

2016/01/27

オカダが勝ち中邑はWWEの“世界”へ。そして棚橋が言葉を失った1・4。

プロレスのじかん

オカダが勝ち中邑はWWEの“世界”へ。
そして棚橋が言葉を失った1・4。

棚橋弘至は、すべてのレスラーがライバルだと考えているが、その関係性は「すべて自分が軸である」とも捉えている。 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

プロレス

2016/01/08

6年連続1.4のメインを務める男、新日エース・棚橋弘至は一体何者か!?

プロレスのじかん

6年連続1.4のメインを務める男、
新日エース・棚橋弘至は一体何者か!?

彼とは、同じ年の同じ日に、新日本プロレスの入門テストを受けた。そのテストの中で行なわれた、スパーリングの相手も彼だった。… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

プロレス

2015/12/25

世界が注目する1.4AJスタイルズ戦!中邑真輔は、ありのままの姿で闘う。

プロレスのじかん

世界が注目する1.4AJスタイルズ戦!
中邑真輔は、ありのままの姿で闘う。

2015年、中邑真輔はしょっぱなでいきなり燃え尽きた。1月4日、東京ドームでIWGPインターコンチネンタル選手権試合として行なわれ… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

プロレス

2015/12/17

全人格をさらけ出して戦う内藤哲也。ついに覚醒した“絶対音感”の男。

プロレスのじかん

全人格をさらけ出して戦う内藤哲也。
ついに覚醒した“絶対音感”の男。

音程がズレることを「音痴」という。この音痴、すなわち音程がしっかり取れないメカニズムには、大きく分けて「運動性による音痴… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

プロレス

2015/10/20

君も100年に1人の逸材になれる。~棚橋弘至著『全力で生きる技術』を読む~

ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~

君も100年に1人の逸材になれる。~棚橋弘至著『全力で生きる技術』を読む~

正直に告白しよう。僕は自己啓発的な本がなんだか苦手だ。個人的には、答えを得るためのショートカットなどないと思っているし、… 続きを読む

幅允孝Yoshitaka Haba

プロレス

有料

2015/10/05

「新日本に棚橋あり」を見せつけられた8月。~オカダに主役は渡せない~

SCORE CARD

「新日本に棚橋あり」を見せつけられた8月。~オカダに主役は渡せない~

好調・新日本プロレスの熱源はやはり棚橋弘至である。そんな空気を肌で感じた今年のG1クライマックスだった。 8月16日、東京・… 続きを読む

門馬忠雄Tadao Monma

プロレス

有料

2015/09/27

オカダ・カズチカは本当に現代的か?天龍源一郎と通底する“プロレス観”。

プロレスのじかん

オカダ・カズチカは本当に現代的か?
天龍源一郎と通底する“プロレス観”。

かつて「“記憶”には勝てねえんだよ」と言ったのは武藤敬司だ。一番最初に目に触れたもの、あるいは少年時代に感化されたものは… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

プロレス

2015/09/15

とことん熱かったG1クライマックス。新時代の新日本プロレスを徹底検証!

格闘技PRESS

とことん熱かったG1クライマックス。
新時代の新日本プロレスを徹底検証!

私はふだん「Number Web」では「月刊スポーツ新聞時評」を書かせてもらっているのですが、そもそも新聞や雑誌の読み比べがクセに… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロレス

2015/08/18

G1の勝者は棚橋弘至だったが……。中邑真輔が貫き通した、ある信念。

プロレスのじかん

G1の勝者は棚橋弘至だったが……。
中邑真輔が貫き通した、ある信念。

7月16日に発売された『Number』は、14年ぶりのプロレス(新日本プロレス)特集だった。その記念すべき特集の顔、つまり表紙を飾… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

プロレス

2015/08/17

新日本プロレス総選挙の結果発表!!初代1位に輝いたのは……あの逸材。

Number Ex

新日本プロレス総選挙の結果発表!!
初代1位に輝いたのは……あの逸材。

5月28日から6月25日までおよそ1カ月にわたった新日本プロレス総選挙。中邑真輔が途中まで1位独走だったが、最後は棚橋弘至がハナ… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

プロレス

2015/07/16

新日本プロレス総選挙、第3次速報。表紙を争う1位と2位の逆転なるか?

Number Ex

新日本プロレス総選挙、第3次速報。
表紙を争う1位と2位の逆転なるか?

先月始まった新日本プロレス総選挙も、とうとう投票期間が残り1週間を切りました。この時点で誌面に登場する7位以内に入り、表紙… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

プロレス

2015/06/19

“プ女子”眞鍋かをりの一考察。「プロレスとはドラゴンボールである」

Number Ex

“プ女子”眞鍋かをりの一考察。
「プロレスとはドラゴンボールである」

セレ女、カープ女子、スー女……これまで多くの○○女子が生み出されてきた。そしていま「プ女子」ブームがきている。この「プ」… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

プロレス

2015/06/17

ページトップ