話が終わったらボールを蹴ろう 

清武弘嗣の新たな相棒はプロ2年目。セレッソの好調を支える坂元達裕。

清武弘嗣の新たな相棒はプロ2年目。
セレッソの好調を支える坂元達裕。

話が終わったらボールを蹴ろう

仕掛ける右サイドの坂元に対して、清武はゲームメイクと得点に注力できている。ミドルレンジのパスで逆サイドに展開し、あるいは…続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/08/05

札幌の無敗は荒野拓馬が支えている。ミシャ式を極めた先に代表もある。

話が終わったらボールを蹴ろう

札幌の無敗は荒野拓馬が支えている。
ミシャ式を極めた先に代表もある。

また、仙台戦で「自分の過ちからチームに迷惑をかけてしまった」という思いから「チームメイトに借りがあるので、チームのために… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/07/31

部員6人なのにコンサドーレと提携。クラーク高と伊藤壇の夢は3年でIH。

話が終わったらボールを蹴ろう

部員6人なのにコンサドーレと提携。
クラーク高と伊藤壇の夢は3年でIH。

「コンサドーレがバックアップしているので警戒されていると感じますね。クラークは野球やバレーですでに実績があるので、サッカ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

高校サッカー

2020/07/30

鈴木武蔵の不在を札幌はどう凌ぐか。代役は金子? 2トップの可能性も。

話が終わったらボールを蹴ろう

鈴木武蔵の不在を札幌はどう凌ぐか。
代役は金子? 2トップの可能性も。

今後、「戦術武蔵」の代案として、得点パターンをどう作り上げていくのか。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/07/15

仙台に帰ってきた西村拓真の現在地。Uターンは意外と難しいが、希望も。

話が終わったらボールを蹴ろう

仙台に帰ってきた西村拓真の現在地。
Uターンは意外と難しいが、希望も。

前半27分、松下佳貴へのスルーパスは絶妙で、トラップがうまくできていれば1点もののパスだった。動き出しのタイミングも絶妙だ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/07/07

本田、柿谷を支え、青森山田も支援。バランススタイルとサッカーの関係。

話が終わったらボールを蹴ろう

本田、柿谷を支え、青森山田も支援。
バランススタイルとサッカーの関係。

スタート時に一緒に立ちあがった本田は、成長して世界レベルのスター選手になった。それはバランススタイルにとって今も大きな刺… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

海外サッカー

2020/07/01

1年で戦力外の元プロ選手が開発、サッカー選手専門マッチングサイト。

話が終わったらボールを蹴ろう

1年で戦力外の元プロ選手が開発、
サッカー選手専門マッチングサイト。

「PLAYMAKER」という、サッカー選手とクラブを結ぶマッチングサイトがある。同サイトは2015年にスタートし、現在は高校生からプ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/06/19

「スーパーサッカー」元Pが語る。終了危機、ライバル、YouTube。

話が終わったらボールを蹴ろう

「スーパーサッカー」元Pが語る。
終了危機、ライバル、YouTube。

生放送はいろんなことが起こる。それはスーパーサッカーも例外ではないようで元プロデューサーの名鏡康夫氏も「たくさんありまし… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/05/24

「スーパーサッカー」27年の歴史。なぜMCは徳永英明、加藤浩次に?

話が終わったらボールを蹴ろう

「スーパーサッカー」27年の歴史。
なぜMCは徳永英明、加藤浩次に?

幾多の番組終了の危機を乗り越え、今も走り続ける「スーパーサッカー」の歴史とその魅力について、25年間、番組に携わり、プロデ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/05/24

「やべっちF.C.」の19年と未来。「Jリーグにこれからも恩返しを」

話が終わったらボールを蹴ろう

「やべっちF.C.」の19年と未来。
「Jリーグにこれからも恩返しを」

企画の面白さ、そして長年Jリーグを含め日本サッカー界への貢献が評価されて、2018年、矢部氏はJリーグアウォーズのMVPのプレゼ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/05/10

「やべっちF.C.」が19年続く理由。リフティング、デジっち誕生の裏話。

話が終わったらボールを蹴ろう

「やべっちF.C.」が19年続く理由。
リフティング、デジっち誕生の裏話。

「やべっちF.C.」の名物と言えば、数々の印象的な企画だろう。選手と鍋を囲んで語り合う「なべっちF.C.」、国内外の選手からリフ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/05/10

小野、高原、稲本を追う日々の終焉。ドキュメンタリー番組の終わり方。

話が終わったらボールを蹴ろう

小野、高原、稲本を追う日々の終焉。
ドキュメンタリー番組の終わり方。

2019年8月、フジテレビの能智大介氏は、13年ぶりに「ワールドカップをめぐる冒険」の撮影を始めた。これが「最終章」と決めたエ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

サッカー日本代表

2020/04/29

小野、高原、稲本を撮り続けた男。フジテレビ能智氏が捧げた19年間。

話が終わったらボールを蹴ろう

小野、高原、稲本を撮り続けた男。
フジテレビ能智氏が捧げた19年間。

3月29日「ワールドカップをめぐる冒険~小野、高原、稲本~黄金世代に居場所はあるのか」がBSフジで放映された。小野伸二、高原… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

サッカー日本代表

2020/04/29

5月9日のJ再開が難しければ大胆に。4カ月間ショートリーグ制の提案。

話が終わったらボールを蹴ろう

5月9日のJ再開が難しければ大胆に。
4カ月間ショートリーグ制の提案。

5月のリスタートが難しいと判断した時は、思い切って大胆な大会方式の変更に転じてもいいのではないか。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/04/02

五輪サッカーは本番直前が勝負。親善試合中止はシリアスではない。

話が終わったらボールを蹴ろう

五輪サッカーは本番直前が勝負。
親善試合中止はシリアスではない。

OAの選手の影響力は大きく、OAを使用したチームは概ねこの傾向がみられる。それが本格的なチーム作りが始まるのは、本大会ギリギ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

サッカー日本代表

2020/03/12

鈴木武蔵+自己主張=得点王の意欲。「大迫さんと違う自分のスタイルで」

話が終わったらボールを蹴ろう

鈴木武蔵+自己主張=得点王の意欲。
「大迫さんと違う自分のスタイルで」

北海道コンサドーレ札幌では2年目になる今シーズンは、昨年以上の活躍が期待されている。鈴木自身も、その声に応えたいという気… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/02/20

ミシャと札幌が考える“勝ち点70”。「まだ3年目、きっと生き残れる」

話が終わったらボールを蹴ろう

ミシャと札幌が考える“勝ち点70”。
「まだ3年目、きっと生き残れる」

「私にとって問題なのは6年目です。広島では6シーズンが終わったところで契約が満了になり、浦和では6シーズンの途中で解任され… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/02/19

神戸で誰よりも不可欠な男・山口蛍。劣勢で輝き、初タイトルをもたらす。

話が終わったらボールを蹴ろう

神戸で誰よりも不可欠な男・山口蛍。
劣勢で輝き、初タイトルをもたらす。

それにしても神戸で、山口は本当に影の番長的な存在感を発揮している。この日の試合での献身ぶりもそうだが、何より人間としての… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2020/01/08

J1残留の余韻に浸っている暇はない。湘南には「新たな一歩」が必要だ。

話が終わったらボールを蹴ろう

J1残留の余韻に浸っている暇はない。
湘南には「新たな一歩」が必要だ。

「8月からいろんなことがあって、正直みんな諦めかけていたし、もう落ちてもしょうがないな、厳しいなって言う雰囲気が漂ってい… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2019/12/17

勝てば残留、負ければプレーオフ。それでも湘南がピリつかない理由。

話が終わったらボールを蹴ろう

勝てば残留、負ければプレーオフ。
それでも湘南がピリつかない理由。

「FC東京戦も今日の試合もそうでしたけど、誰も口には出さないですけど不思議と最後には残れるという雰囲気があって……。僕は心… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2019/12/04

1 2 3 4 5 6 7 NEXT >>

ページトップ