ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

「日本のアドバンテージは攻撃でふたつのユニットを組めること」トルシエがドイツ戦の可能性を50:50だと語る根拠とは?

posted2022/11/22 17:03

 
「日本のアドバンテージは攻撃でふたつのユニットを組めること」トルシエがドイツ戦の可能性を50:50だと語る根拠とは?<Number Web> photograph by Getty Images

トルシエが高く評価するDF陣、そしてチームを主将として牽引する吉田

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

Getty Images

 フィリップ・トルシエインタビューの第2回(中編)である。

 日本がグループリーグを突破するためには少なくとも勝ち点4が必要。そしてそれはドイツとコスタリカから獲得すべきで、スペイン戦を突破のための試合にしてはならないというのが、以前からの彼の主張だった。

 その考えを、トルシエは今も変えていない。ただし可能性に関しては、抽選会の後で話を聞いたときよりも確率が上がっている。なぜ彼は、そう考えるに至ったのか。(全3回の2回目/#1#3へ)

日本にとっての決勝はドイツ戦とコスタリカ戦だ

——コスタリカ戦は、初戦のドイツ戦とは選手を代える必要があるのではありませんか。最後のスペイン戦に最高の状態で臨むためにも。

トルシエ 日本は少なくとも勝ち点4が必要だ。そして私が思うに最も重要な2試合はドイツ戦とコスタリカ戦だ。スペイン戦が突破を賭けた試合になると難しい。スペインは日本より経験も豊富で成熟し熟練している。

 吉田や長友、酒井、冨安、守田、伊東らがプレーすれば日本は素晴らしいチームだ。しかし3戦目には負傷者や出場停止者がどれぐらいになるかわからない。だからこそ日本がグループリーグを突破するためには最初の2試合が重要だ。日本はドイツに負けてはならないし、コスタリカには勝たねばならない。他に突破の可能性はない。そして最終戦は、確率的には半々だ。日本がドイツに敗れ、コスタリカと引き分けた場合は、スペイン戦が日本にとっての決勝戦となる。

——2006年ドイツ大会のブラジル戦や2014年ブラジル大会のコロンビア戦がそうでした。

トルシエ とはいえスペインと最終戦で当たるのは、初戦で当たるよりはずっといい。初戦のドイツにはプレッシャーがかかり、ストレスも感じている。また初戦は不確定要素が多く、何が起こるかわからない。日本にとっては、最終戦よりも初戦のほうがいい結果を得やすい。だからこそ日本は、ドイツ戦とコスタリカ戦にベストチームで臨むべきだ。もちろんそこで勝ち点6が取れればベストだが、いずれにせよ日本にとっての決勝はドイツ戦とコスタリカ戦だ。

——6月におこなわれた4試合のうち、ブラジル戦以降の3試合を森保監督はW杯のグループリーグ戦に見立ててシミュレーションしました。ショックだったのは最後のチュニジア戦で、遠藤と吉田というふたりの主軸が消耗した姿を見せたことでした。

トルシエ 残念ながら日本の中盤は屈強とは言えない。遠藤と守田のふたりはチームのキープレイヤーだが、彼らの後に続くものがいない。せいぜい柴崎ぐらいで、他に誰か中盤はいるのか? 冨安も中盤でプレーできるのか?

【次ページ】 スペイン戦はドイツ戦よりもずっと難しい

1 2 3 NEXT
サッカー日本代表
森保一
権田修一
酒井宏樹
吉田麻也
冨安健洋
長友佑都
板倉滉
遠藤航
守田英正
鎌田大地
田中碧
柴崎岳
伊東純也
浅野拓磨
南野拓実
堂安律
久保建英
カタールW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ