浅野拓磨 

浅野拓磨のボーフム移籍で甦る13年前の記憶…坊主頭の日本人が観衆を魅了した1本のダイレクトパス

ブンデス・フットボール紀行

浅野拓磨のボーフム移籍で甦る13年前の記憶…坊主頭の日本人が観衆を魅了した1本のダイレクトパス

昨季の2部リーグで優勝し、今季ドイツ最高峰のリーグであるブンデスリーガへ参戦するVfLボーフムに浅野拓磨が移籍すると聞いたと… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

海外サッカー

2021/07/21

日本代表、最終予選をどう戦う「どこの国が怖い?」「日本が有利なことって?」“知っておくべき3つのポイント”

サッカー日本代表PRESS

日本代表、最終予選をどう戦う「どこの国が怖い?」「日本が有利なことって?」“知っておくべき3つのポイント”

W杯出場を争うライバルが決まった。カタールW杯アジア最終予選の組み合わせが7月1日に行なわれ、日本はオーストラリア、サウジア… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2021/07/02

オナイウ阿道が日本代表「1トップ候補」へ…“東京五輪世代の合流直前”に「アピールに成功した選手」はだれだ?

サッカー日本代表PRESS

オナイウ阿道が日本代表「1トップ候補」へ…“東京五輪世代の合流直前”に「アピールに成功した選手」はだれだ?

U-24日本代表と対戦した6月3日以降の4試合は、「選手層の底上げ」がメインテーマだった。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2021/06/16

日本代表「前半に苦戦したのはなぜ」「猛アピールに成功した選手は?」セルビア戦で注目すべき“4つのポイント”

サッカー日本代表PRESS

日本代表「前半に苦戦したのはなぜ」「猛アピールに成功した選手は?」セルビア戦で注目すべき“4つのポイント”

これがワールドカップのグループステージだとしたら、1対0の勝利はひとまず評価されるだろう。そのうえで、得失点差を考えると2… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2021/06/12

【タジキスタン戦】ミャンマー戦先発は“南野拓実”だけ…森保監督が「序列を再考する」インパクトの選手はいたのか?

サッカー日本代表PRESS

【タジキスタン戦】ミャンマー戦先発は“南野拓実”だけ…森保監督が「序列を再考する」インパクトの選手はいたのか?

この試合の論点は明白だった。出場機会をつかんだ選手が、どこまでアピールできるのか、である。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2021/06/08

U-24田中碧が流れを変えても「得点ゼロ」で日本代表に完敗…ガーナ戦で注目すべき“前線の核は誰になるか”問題

サッカー日本代表PRESS

U-24田中碧が流れを変えても「得点ゼロ」で日本代表に完敗…ガーナ戦で注目すべき“前線の核は誰になるか”問題

6月3日の札幌ドームで、日本代表対U-24日本代表の対戦が実現した。ジャマイカ代表の一部選手が決められた期日までに来日できず、… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2021/06/04

給与未払いに人種差別…ロベカル、パウリーニョらブラジル人も東欧でモメていた 浅野拓磨の“泥仕合”に共通する教訓

熱狂とカオス!魅惑の南米直送便

給与未払いに人種差別…ロベカル、パウリーニョらブラジル人も東欧でモメていた 浅野拓磨の“泥仕合”に共通する教訓

日本では、プロクラブが監督、コーチ、選手らに期日までに給料を払わないことは考えにくい。しかし、外国では全く珍しくない。む… 続きを読む

沢田啓明Hiroaki Sawada

海外サッカー

2021/05/08

「手堅すぎる、交代が遅い」と言われ続けた森保ジャパン 大勝した2連戦の裏に見えた“明確な変化”とは?

サッカー日本代表PRESS

「手堅すぎる、交代が遅い」と言われ続けた森保ジャパン 大勝した2連戦の裏に見えた“明確な変化”とは?

モンゴルはここまで1勝5敗で、5カ国のグループで最下位に沈んでいる。2次予選敗退もすでに決まっている。森保一監督率いる日本に… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2021/03/31

素朴な疑問:高校サッカー決勝進出&優秀選手→プロで活躍、誰がいる?【過去10年:柴崎や宮市、浅野に染野…】

スポーツ百珍

素朴な疑問:高校サッカー決勝進出&優秀選手→プロで活躍、誰がいる?【過去10年:柴崎や宮市、浅野に染野…】

格闘技や箱根駅伝が終わり、年末年始のスポーツ三昧のクライマックスと言えば――高校サッカー、いわゆる「選手権」である。 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

高校サッカー

2021/01/10

W杯まであと2年 森保ジャパンがメキシコに突きつけられた「すぐには埋められない差」とは

サッカー日本代表PRESS

W杯まであと2年 森保ジャパンがメキシコに突きつけられた「すぐには埋められない差」とは

メキシコは94年のW杯から、7大会連続でベスト16入りしている。言い方を変えれば、7大会連続でベスト8入りを果たせていない。それ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2020/11/18

物足りない1-0だけど…森保Jで久保建英が見せた「サイドを選ばない2人」との化学反応

サッカー日本代表PRESS

物足りない1-0だけど…森保Jで久保建英が見せた「サイドを選ばない2人」との化学反応

彼らの力関係を考えれば、これぐらいやってもらわなければ困る。1対0の勝利では、率直に物足りない。それでも、11月13日のパナマ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2020/11/14

セルビアで得点ランク首位、浅野拓磨の選択が“賢い”理由 サッカー選手に一番大切なものって何?

フットボールの「機上の空論」

セルビアで得点ランク首位、浅野拓磨の選択が“賢い”理由 サッカー選手に一番大切なものって何?

「ASANOって良い選手だな」。先日のスタッフミーティングである同僚からそう言われました。 続きを読む

中野遼太郎Ryotaro Nakano

海外サッカー

2020/09/22

浅野拓磨が高校生90人に語ったこと。「誰よりも自分に一番期待して」

“ユース教授”のサッカージャーナル

浅野拓磨が高校生90人に語ったこと。
「誰よりも自分に一番期待して」

東欧の国から嬉しいニュースが届いた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断していたセルビアリーグが再開した5月30日、名門… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

高校サッカー

2020/06/10

浅野拓磨が語る中断とW杯と逆襲。「日本中から、終わったと思われた」

欧州サッカーPRESS

浅野拓磨が語る中断とW杯と逆襲。
「日本中から、終わったと思われた」

「欲望としては、自分がだめだったところで活躍したいという気持ちはあります。ぽんっと、今ここからプレミアに行きたいとは言え… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

海外サッカー

2020/05/30

「あれが浅野拓磨の弟?」という目。それでも兄は僕にとってヒーロー。

“ユース教授”のサッカージャーナル

「あれが浅野拓磨の弟?」という目。
それでも兄は僕にとってヒーロー。

3月、浅野家の六男・浅野快斗は、三男・拓磨のいるセルビアはベオグラードにいた。「久しぶりに兄貴と一緒に生活しました」 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

高校サッカー

2020/03/30

「天狗になれる選手になりたい」浅野拓磨、不思議な言い回しの理由。

欧州サッカーPRESS

「天狗になれる選手になりたい」
浅野拓磨、不思議な言い回しの理由。

「海外に来てすごい感じるのは、こういう時に天狗になれる選手になりたいなっていうことで。いい意味で、ですよ(笑)」 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

海外サッカー

2019/12/13

福西崇史が称賛。タジキスタンから戦意を奪った「南野と鎌田の関係性」。

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史が称賛。タジキスタンから
戦意を奪った「南野と鎌田の関係性」。

タジキスタンは時間が経つごとに体力が落ちて、ボランチの両脇にスペースができてきた。それとともに日本は前半1トップに入った… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

サッカー日本代表

2019/10/16

セルビアで吹っ切れた浅野拓磨。「カッコつけることをやめました」

“ユース教授”のサッカージャーナル

セルビアで吹っ切れた浅野拓磨。
「カッコつけることをやめました」

「A代表はやっぱり特別な場所。選ばれなかった時も、ここを目指して所属チームで鍛え直そうと素直に思えた。そもそも、なぜここ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2019/10/14

ドイツ5季目を終えた原口元気が語る。キャリアの夢、日本代表、長谷部さん。

ブンデス・フットボール紀行

ドイツ5季目を終えた原口元気が語る。
キャリアの夢、日本代表、長谷部さん。

激動のシーズン――。昨夏のロシアW杯ラウンド16でベルギー代表に敗れて撤退を余儀なくされた後、デュッセルドルフへの期限付き… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

サッカー日本代表

2019/06/13

JリーグCSには魔物が棲んでいる。広島とガンバが味わった天国と地獄。

Jをめぐる冒険

JリーグCSには魔物が棲んでいる。
広島とガンバが味わった天国と地獄。

華々しい舞台装置はときに役者の力を最大限に引き出すが、ときに平常心を奪い、失態を演じさせもする。11年ぶりに開催されたチャ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2019/05/13

1 2 3 4 NEXT >>

ページトップ