ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

トルシエ「南野の復調が必要だ」元代表監督が語ったドイツ戦のキーマンと、グループリーグの日本の選手起用予想

posted2022/11/22 17:02

 
トルシエ「南野の復調が必要だ」元代表監督が語ったドイツ戦のキーマンと、グループリーグの日本の選手起用予想<Number Web> photograph by Getty Images

ドーハで日本代表のトレーニングに参加した南野。トルシエはドイツ戦のキーマンに指名した

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

Getty Images

 フィリップ・トルシエにカタールW杯における日本代表の展望と大会全体の展望を聞いたのは、大会が始まる数日前の11月15日のことだった。本来であればトルシエは、この時期、日本にいるはずだった。グループリーグの期間を日本で過ごし、セカンドラウンド以降はカタール協会の招きで現地へ。そして大会後にはベトナムを訪問するのが当初の予定だった。

 ところが、長い間完治しなかった膝がさらに悪化し、ついに手術をしなければならない事態に。予定をすべてキャンセルし、手術に臨んだのは大会が始まってからだった。手術そのものは成功したが、術後もしばらくの間は飛行機による移動は禁止された。来日はもちろんカタール行きも難しい。ただベトナムは、ベトナム協会と今後のことを話し合うために、いずれ訪れなければならないのだが……。

 ただしフランスにいても、W杯のすべての試合を彼は見ることができる。もちろん試合の後にインタビューに応じることも。カナダ戦後のインタビューでも記したように、カタール大会でもロシア大会同様にトルシエのインタビュー連載を掲載する。

 興味深いのは、カタールの不振など大会前の彼のコメントの一部が、現実になっていることである。それでは日本代表に関してはどうなのか。トルシエの分析と展望を3回にわけてお届けする。まずはその第1回から。(全3回の1回目/#2へ)

日本代表は2つのグループに分けられる

——日本代表の26人のリストはご覧になりましたか?

トルシエ 最初の印象は、チームが幾つかのグループに分けられることだ。第1のグループは試合を始める選手たちで、経験豊富な15~16人ほどで構成されている。彼らがスタメンを構成する選手でもある。つまりGKは権田(修一)でDFラインは酒井(宏樹)、吉田(麻也)、冨安(健洋)、長友(佑都)。板倉(滉)も入るかも知れないが、彼らが試合をスタートさせる選手であることは誰もがわかっている。中盤では遠藤(航)と守田(英正)、鎌田(大地)。それから田中(碧)と柴崎(岳)も……。前線では伊東(純也)、浅野(拓磨)、南野(拓実)、堂安(律)、久保(建英)……。

【次ページ】 大迫の不在に不思議はない

1 2 3 NEXT
サッカー日本代表
森保一
権田修一
酒井宏樹
吉田麻也
冨安健洋
長友佑都
板倉滉
遠藤航
守田英正
鎌田大地
田中碧
柴崎岳
伊東純也
浅野拓磨
南野拓実
堂安律
久保建英
カタールW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ