Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[歴代監督で見る30年の進化]日本代表戦術史論 1992-2021

posted2021/09/26 07:02

 
[歴代監督で見る30年の進化]日本代表戦術史論 1992-2021<Number Web> photograph by Kazuaki Nishiyama/Toshiya Kondo/Takuya Sugiyama/JMPA

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

Kazuaki Nishiyama/Toshiya Kondo/Takuya Sugiyama/JMPA

'90年代以降、日本代表は時に外国人の指揮官を招聘し、新たな戦術とコンセプトを取り入れ、時に日本人監督に託しながら世界に挑んできた。オフトから森保一まで、約30年の変遷を紐解く。

 オランダ人ハンス・オフトが日本代表監督に就任した1992年から日本の新たな歴史が始まった。オフトは史上初の外国人監督というだけではなかった。戦術をベースにしたヨーロッパ流のサッカーを、日本に初めて持ち込んだ点で彼は画期的だった。

 それまでの日本は、選手ひとりひとりの個の力を足し合わせたものがチームであった。オフトはその原理を覆し、規律と戦術をチーム全体が共有することからチーム作りをはじめた。個が力を発揮するのも、あくまでチーム戦術を守った上である。オフト以前には、その点を明確に打ち出したチームも指導者も存在しなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3881文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ハンス・オフト
加茂周
岡田武史
フィリップ・トルシエ
ジーコ
イビチャ・オシム
アルベルト・ザッケローニ
ハビエル・アギーレ
ヴァイッド・ハリルホジッチ
森保一
オリンピック・パラリンピック
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ