Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[歴代監督で見る30年の進化]日本代表戦術史論 1992-2021

posted2021/09/26 07:02

 
[歴代監督で見る30年の進化]日本代表戦術史論 1992-2021<Number Web> photograph by Kazuaki Nishiyama/Toshiya Kondo/Takuya Sugiyama/JMPA

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

Kazuaki Nishiyama/Toshiya Kondo/Takuya Sugiyama/JMPA

'90年代以降、日本代表は時に外国人の指揮官を招聘し、新たな戦術とコンセプトを取り入れ、時に日本人監督に託しながら世界に挑んできた。オフトから森保一まで、約30年の変遷を紐解く。

 オランダ人ハンス・オフトが日本代表監督に就任した1992年から日本の新たな歴史が始まった。オフトは史上初の外国人監督というだけではなかった。戦術をベースにしたヨーロッパ流のサッカーを、日本に初めて持ち込んだ点で彼は画期的だった。

 それまでの日本は、選手ひとりひとりの個の力を足し合わせたものがチームであった。オフトはその原理を覆し、規律と戦術をチーム全体が共有することからチーム作りをはじめた。個が力を発揮するのも、あくまでチーム戦術を守った上である。オフト以前には、その点を明確に打ち出したチームも指導者も存在しなかった。

 スリーライン、スモールフィールド、コンパクト……。今日から見れば、内容は単純だが明快でもあった。他にもターゲットマンやアイコンタクトといった言葉を用いることで、オフトはそれまで日本人が曖昧なままに理解していたと思い込んでいたものに正確な意味を与えた。それらのベーシックな概念を極めていくことから進歩が始まることを彼は示して見せた。

 実際、オフトジャパンは躍進した。理由のひとつは、当時のアジアにあってヨーロッパスタイルの戦術と規律を重視したチームは、イラクなど数少ない例外を除きほぼ皆無だったことである。戦術的な戦いで、日本はアジアで優位に立つことができた。もうひとつは新しい力の台頭だった。三浦知良とラモス瑠偉は、ふたりが並び立つ相乗効果と程よい緊張関係をピッチの内外に生んだ。井原正巳や福田正博、北澤豪、高木琢也、中山雅史ら台頭する若い世代が、ふたりの周囲を固めた。'92年アジアカップに初優勝した日本は、翌年、カタール・ドーハでおこなわれたアメリカW杯アジア最終予選でも勢いを持続し、初の本大会出場まであと一歩のところまで迫った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3414文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ハンス・オフト
加茂周
岡田武史
フィリップ・トルシエ
ジーコ
イビチャ・オシム
アルベルト・ザッケローニ
ハビエル・アギーレ
ヴァイッド・ハリルホジッチ
森保一
オリンピック・パラリンピック
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ