Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[JFAの理想と現実]日本化は進んでいるか? 小野剛/反町康治/風間八宏

posted2021/09/26 07:03

 
[JFAの理想と現実]日本化は進んでいるか? 小野剛/反町康治/風間八宏<Number Web> photograph by Getty Images

text by

金子達仁

金子達仁Tatsuhito Kaneko

PROFILE

photograph by

Getty Images

準決勝、3位決定戦と“連敗”に終わった東京五輪。その1カ月後のW杯最終予選はまさかの黒星発進……。JFAは「2050年自国開催のW杯で優勝」を未来の目標に掲げている。果たして日本サッカーは、進むべき道を進んでいるのか。3人の識者に聞いた。

 韓国や、北朝鮮や、中国や、サウジアラビアや、イランや、イラクや、クウェートや、カタールや、ニュージーランドや、時にはタイやマレーシアにも歯が立たない時代が、日本サッカーにはあった。

 ハンス・オフトが「わたしの仕事は日本をW杯に連れて行くことです」と宣言したのは、そんな時代の只中だった。あの頃の日本サッカーにとって、アジアの頂点は目が眩むほどの高みにあった。

 今年で創立百周年を迎えた日本サッカー協会は、2050年までにもう一度W杯を日本で開催すること、そしてそこで優勝することを目標として掲げている。

 2021年現在の日本サッカーが、まだ世界一には遠く及ばない立場にあるのは間違いない。一方で、あまりアテにならないことで定評があるものの、FIFAランクの20位台に入ることが珍しくなくなった。

「そもそも登山道の入口に立てなかった時代があって、ようやく登り始めたけれど、山頂ははるかに霞んでまるで見えない、という時代もあった。いまはまだまだ霞はかかっているんだけど、かなり山頂が見えてきたかな、というところでしょうか」

 人によって感じ方は違うでしょうが、と前置きをした上で、日本サッカー協会副技術委員長の小野剛は言った。彼は、このところ見聞きする機会が増えた“ジャパンズウェイ”という言葉を初めて使った人物でもある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4977文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

小野剛
反町康治
風間八宏

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ