Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ゴール裏の目撃者たち]僕らが代表を応援し続ける理由

posted2021/09/26 07:01

 
[ゴール裏の目撃者たち]僕らが代表を応援し続ける理由<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

旧来の応援団とは異なる「サポーター」は、サッカー文化の“新しさ”の象徴でもあった。日本にサポーターを広め、今も代表を追い続ける3人が、スタンドで紡いできた歴史を語り合った。

福森 それぞれお気に入りのユニフォームを持ってきてほしいと言われたんですけど、やっぱり植田さんはそれですか。

植田 家にいっぱいある中から引っ張り出して、これにした。

松下 でも朝日のイメージは絶対にそれ。

植田 そうかな?

福森 植田さんが代表の応援を始めたのは、いつからなんですか?

植田 小学生の頃かな。'85年の森(孝慈)さんのチームから応援するようになって、'87年のソウル五輪予選あたりからメディアに出始めた。当時の『サッカーイレブン』という雑誌で「ゴール裏に現われた新人類」なんてイラスト付きで紹介されて。

松下 Jリーグが始まる前から朝日のことは知ってたけど、俺の周りの連中は「朝日に絡むと怖いぞ」って言ってたな(笑)。

植田 そうなの? 振り返ってみると日本代表をがっつり応援するようになったのは、'92年のオランダ合宿が大きかったかな。選手に何人か知り合いがいたから、合宿を見に行ったわけ。でもサポーターは俺ひとりしかいなくて、しかも顔にボールをぶつけられるんだよ。2度も当たってさすがに「なんだよ!」と怒ったら、犯人は(ハンス・)オフト監督でさ。「コンセントレート!(集中しろ)」と言って笑ってるわけ。

松下・福森 ワハハハ!

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4593文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ