新刊ドラフト会議 

『野球が好きすぎて』鯉党ミステリ作家が贈る、謎解きはプロ野球ネタのあとで。

新刊ドラフト会議

『野球が好きすぎて』鯉党ミステリ作家が贈る、謎解きはプロ野球ネタのあとで。

「今村トンボ事件」をご存知だろうか。試合中カープ今村猛投手の後頭部にトンボが止まり1イニング投げ終わるまでずっと止まり続… 続きを読む

尾関高文(ザ・ギース)Takafumi Ozeki (The Geese)

プロ野球

有料

2021/07/27

『羽生結弦写真集 The Real 美しき練習着の勇姿』大人びる“節目”にも気づく、練習風景で振り返る羽生史。

新刊ドラフト会議

『羽生結弦写真集 The Real 美しき練習着の勇姿』大人びる“節目”にも気づく、練習風景で振り返る羽生史。

選手生活の総決算。各社こぞって写真集や特集号を企画する中、“練習着姿の写真集”という触れ込みで発売前から話題をさらったの… 続きを読む

いとうやまねIto Yamane

フィギュアスケート

有料

2021/07/13

『私が欲しかったもの』摂食障害、窃盗症との苦闘。アスリートの「弱さ」を考える。

新刊ドラフト会議

『私が欲しかったもの』摂食障害、窃盗症との苦闘。アスリートの「弱さ」を考える。

本書は、元トップアスリートでマラソンランナーの原裕美子氏がこれまでの人生を回顧し、心境を綴った記録である。それは彼女が人… 続きを読む

岡部祐介Yusuke Okabe

マラソン

有料

2021/06/29

『コーチングの哲学 スポーツと美徳』アリストテレスの言葉から考える、具体的で現実的な「善いコーチ」。

新刊ドラフト会議

『コーチングの哲学 スポーツと美徳』アリストテレスの言葉から考える、具体的で現実的な「善いコーチ」。

哲学者の佐良土茂樹氏著の本書は、「人はみな祖父伝来のものではなく、善いものを求めている」というアリストテレスの言葉を指針… 続きを読む

内田良Ryo Uchida

その他スポーツ

有料

2021/06/15

『戦士の食卓』心の満足でなく、体の満腹を。妻も登場、落合流「食の哲学」。

新刊ドラフト会議

『戦士の食卓』心の満足でなく、体の満腹を。妻も登場、落合流「食の哲学」。

プロ野球の最前線を走り続けてきた本書の著者・落合博満が、日本のスポーツ界に跋扈してきた根性論や精神修養に対し、ずばり異議… 続きを読む

平松洋子Yoko Hiramatsu

プロ野球

有料

2021/06/01

『世界のおすもうさん』相撲を愛する人々を訪ね歩く、世界の相撲文化見聞録。

新刊ドラフト会議

『世界のおすもうさん』相撲を愛する人々を訪ね歩く、世界の相撲文化見聞録。

「引退後、改めて“相撲とはいったい何ぞや”と考えて勉強し始めたら、実に奥深い世界で、考えれば考えるほどわからなくなりまし… 続きを読む

飯塚さきSaki Iizuka

相撲

有料

2021/05/18

『ムサシと武蔵』鈴木武蔵のひたむきな生き様が日本社会のあり方を問いかける。

新刊ドラフト会議

『ムサシと武蔵』鈴木武蔵のひたむきな生き様が日本社会のあり方を問いかける。

日本人の母親とジャマイカ人の父親を持つサッカーの鈴木武蔵選手。彼の「サッカーへの情熱」、そして「幼少の頃から日本の社会で… 続きを読む

サンドラ・へフェリンSandra Haefelin

サッカー日本代表

有料

2021/05/04

『羆撃ち久保俊治 狩猟教書』伝説の羆撃ちが明かす狩猟の極意は、現代の「五輪書」か。

新刊ドラフト会議

『羆撃ち久保俊治 狩猟教書』伝説の羆撃ちが明かす狩猟の極意は、現代の「五輪書」か。

「とんでもない本だ、これ」。読み進めながら、思わず唸った。私のようなヒグマ愛好家にとって、久保俊治の名は、アイヌ犬との美… 続きを読む

伊藤秀倫Hidenori Ito

その他スポーツ

有料

2021/04/13

『モダンサッカーの教科書III ポジション進化論』平易な対話から浮かび上がる戦術論のポストモダン。

新刊ドラフト会議

『モダンサッカーの教科書III ポジション進化論』平易な対話から浮かび上がる戦術論のポストモダン。

サッカーの戦術は、神学論争や哲学によく例えられる。誰もがイデア(理想)を希求し、幾多の思考実験や激しい論争を繰り返しなが… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

海外サッカー

有料

2021/03/30

『メジャーリーグに学ぶ超一流だけが持っている成功思考』自己啓発の本質が詰まった、MLBトップクラスの成功思考。

新刊ドラフト会議

『メジャーリーグに学ぶ超一流だけが持っている成功思考』自己啓発の本質が詰まった、MLBトップクラスの成功思考。

世間一般の方にも分かりやすいようなビジネスでの事例があげられることが多い自己啓発のジャンル。かく言う私も、ほとんど読んだ… 続きを読む

内田聖人Kiyohito Uchida

MLB

有料

2021/03/16

『消えた甲子園 2020高校野球 僕らの夏』甲子園がない夏に何を求めた? 取材して見えた、その「答え」。

新刊ドラフト会議

『消えた甲子園 2020高校野球 僕らの夏』甲子園がない夏に何を求めた? 取材して見えた、その「答え」。

「甲子園がすべてじゃないとは甲子園があったから言えた。本当になくなった今、とてもじゃないけど言えませんよ」ある強豪校の指… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

高校野球

有料

2021/03/02

『歴史を変えた挑戦』予選敗退から強豪に成長させた國學院大學監督の「育成論」。

新刊ドラフト会議

『歴史を変えた挑戦』予選敗退から強豪に成長させた國學院大學監督の「育成論」。

名門とは言い難いチームをいかに強豪レベルまで引き上げたのか。本書では、2年前の出雲駅伝で初優勝し、昨年の箱根駅伝でも総合3… 続きを読む

澤宮優Yu Sawamiya

駅伝

有料

2021/02/16

『浅田真央 100の言葉』前向きで謙虚な言葉の裏側に、浅田真央の本当の姿が浮かぶ。

新刊ドラフト会議

『浅田真央 100の言葉』前向きで謙虚な言葉の裏側に、浅田真央の本当の姿が浮かぶ。

天真爛漫、という言葉は浅田真央を形容する時によく使われる。無邪気な笑顔と天然な発言が印象的な愛らしい女性というのも、確か… 続きを読む

碧野圭Kei Aono

フィギュアスケート

有料

2021/02/02

『ガチガチの世界をゆるめる』ルールは優しい方が勝ち。「ゆる」が変える私達の価値観。

新刊ドラフト会議

『ガチガチの世界をゆるめる』ルールは優しい方が勝ち。「ゆる」が変える私達の価値観。

2017年のスポーツ庁の調査によると、中学生の16.3%、およそ6人に1人が「スポーツ嫌い」だという。私もそのうちの一人だ。では、… 続きを読む

山本ぽてとPotato Yamamoto

その他スポーツ

有料

2021/01/19

『Thinking Baseball 慶應義塾高校が目指す“野球を通じて引き出す価値”』慶應高校野球部監督が問う“考える”野球の大切さ。

新刊ドラフト会議

『Thinking Baseball 慶應義塾高校が目指す“野球を通じて引き出す価値”』慶應高校野球部監督が問う“考える”野球の大切さ。

全国高等学校体育連盟(高体連)において、高校の団体競技の部活動で加盟していないのは、野球とアメフトのみ。つまり高校野球と… 続きを読む

松永多佳倫Takarin Matsunaga

高校野球

有料

2021/01/05

『99%が後悔でも。』現役アスリートに読んでほしい、経営者・折茂武彦の「情熱」。

新刊ドラフト会議

『99%が後悔でも。』現役アスリートに読んでほしい、経営者・折茂武彦の「情熱」。

折茂武彦氏の存在を認識したのは、実は引退発表のときだった。その時に驚いたのは、49歳まで現役のバスケ選手を続け、ただ続ける… 続きを読む

江藤美帆Miho Eto

Bリーグ

有料

2020/12/12

『見えないスポーツ図鑑』研究者が翻訳した10競技。その過程こそがスポーツだ!

新刊ドラフト会議

『見えないスポーツ図鑑』研究者が翻訳した10競技。その過程こそがスポーツだ!

2016年に「世界ゆるスポーツ協会」を立ち上げてからこれまで、90種類以上のスポーツをつくってきた。ベビーバスケ、イモムシラグ… 続きを読む

澤田智洋Tomohiro Sawada

その他スポーツ

有料

2020/11/28

『Life Kinetik 脳が活性化する世界最先端の方法』ユルゲン・クロップも絶賛。“脳力”を高めるトレーニング。

新刊ドラフト会議

『Life Kinetik 脳が活性化する世界最先端の方法』ユルゲン・クロップも絶賛。“脳力”を高めるトレーニング。

皆さんは、ライフキネティックをご存知でしょうか? ライフキネティックとはドイツ発のトレーニングで、アスリートや指導者が効… 続きを読む

安田好隆Yoshitaka Yasuda

Jリーグ

有料

2020/11/14

『力石徹のモデルになった男 天才空手家 山崎照朝』力石徹という「思想」を生んだ、天才空手家の愚直な生き様。

新刊ドラフト会議

『力石徹のモデルになった男 天才空手家 山崎照朝』力石徹という「思想」を生んだ、天才空手家の愚直な生き様。

私は『あしたのジョー』が大好きである。高校生の時に初めて読んだ『ジョー』に衝撃を受け、北極を徒歩冒険するようになっても、… 続きを読む

荻田泰永Yasunaga Ogita

空手

有料

2020/10/31

『孫基禎――帝国日本の朝鮮人メダリスト』統治の象徴にして民族の誇り。日本と朝鮮を駆けた金メダリスト。

新刊ドラフト会議

『孫基禎――帝国日本の朝鮮人メダリスト』統治の象徴にして民族の誇り。日本と朝鮮を駆けた金メダリスト。

戦前の日本は、植民地として朝鮮と台湾を統治した帝国であった。そのため、当時の甲子園や都市対抗野球は朝鮮でも予選が開かれて… 続きを読む

小野容照Yasuteru Ono

マラソン

有料

2020/10/17

1 2 3 4 5 NEXT >>

ページトップ