新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『オリンピックを殺す日』東京オリンピック後の世界で、私達が自問自答すべきこと。 

text by

額賀澪

額賀澪Mio Nukaga

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2022/11/15 07:00

『オリンピックを殺す日』東京オリンピック後の世界で、私達が自問自答すべきこと。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『オリンピックを殺す日』堂場瞬一著 文藝春秋 1980円

 オリンピックは2021年の東京で壊れた。いや、とうの昔に壊れていて、それがさらけ出されたのが東京大会だった。「オリンピックはさまざまな問題を孕んでいる」などというレベルではなく、修復不可能なまでに壊れてしまっているのだと。

 東京オリンピック後、そのことが何らかの形で総括・精査されると期待していた。ところが閉幕から1年以上が経ってもその気配すらない。精々、スポンサー絡みの汚職事件が明るみに出た程度だ。

『オリンピックを殺す日』が発売された時、やっとその日が来たのだと思った。

 オリンピックの裏番組のように開催されることになった謎のスポーツ大会「ザ・ゲーム」。スポーツ新聞の記者はその正体を取材するが、実態はなかなか掴めない。こんな大会に出場するアスリートなんていない……はずなのに、選手は次々と参加表明をしていく。得体の知れない大会がどうして選手を惹きつけるのか? その理由を探し求める中で、読者である私達は自分の罪深い勘違いに気づく。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 560文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ