新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『さよなら、野口健』“フルチン”の覚悟が生む説得力。元マネによる野口健の渾身ルポ。 

text by

森山憲一

森山憲一Kenichi Moriyama

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2022/07/29 07:00

『さよなら、野口健』“フルチン”の覚悟が生む説得力。元マネによる野口健の渾身ルポ。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『さよなら、野口健』小林元喜著 集英社インターナショナル 2090円

 著者が心から書きたいと思い、精魂込めて書いた本のことを、私は「体重が乗った本」という言い方をよくする。本書はまさに体重が乗っている本だった。

 書き上げるのに3年かかったという。当初はもっときれいな内容だったらしい。「きれいな」というのは褒め言葉ではなく、有名人のありがちなサクセスストーリー風味だったということ。ところが著者の小林元喜さんは、「こんな本に価値があるんだろうか」とあるとき気づく。そして書いたものをすべて破棄して、清濁あわせて野口健を丸裸にする覚悟を決める。

 小林さんは、野口さんのマネージャーを長年務めた人物。野口さんはいわば上司にあたる。その近しい人を丸裸にする以上、礼儀として自分もフルチンにならなければいけないと考えたという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 667文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

野口健

他競技の前後の記事

ページトップ