新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『スポーツとLGBTQ+ シスジェンダー男性優位文化の周縁』カタールW杯で起きた抗議。炙り出されるスポーツの限界。 

text by

松岡宗嗣

松岡宗嗣Soshi Matsuoka

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2023/01/02 07:00

『スポーツとLGBTQ+ シスジェンダー男性優位文化の周縁』カタールW杯で起きた抗議。炙り出されるスポーツの限界。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『スポーツとLGBTQ+ シスジェンダー男性優位文化の周縁』岡田桂 山口理恵子 稲葉佳奈子著 晃洋書房 2530円

 サッカーW杯開催国のカタールにおける性的マイノリティへの人権侵害について、欧州各国代表が抗議を示している。日本での関心は薄く、むしろ「スポーツに人権問題や政治は持ち込むべきではない」という声も目立つ。

 人権が守られなければスポーツはできない。だが、そもそもサッカーをはじめとする「スポーツ」それ自体が、実は差別を作り出し、温存してきた側面がある――こうした点をジェンダーやセクシュアリティという切り口から、研究者らが数々の資料や論文を基に紐解くのが本書『スポーツとLGBTQ+』だ。

 依然「カミングアウト」している選手が少ないように、本書でスポーツ領域は同性愛・トランスジェンダー嫌悪が特に根強いことが指摘されている。そんな「近代スポーツ」が19世紀頃のイギリスで、パブリックスクールに通う上流階級の集団的な規律を培うために制度化され、アメリカで「男らしさ」の規範とともに発展してきた経緯を紹介する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 596文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

カタールW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ