サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

サウジ敗戦で中村憲剛が思い出す“南アW杯の直前ミーティング”「闘莉王が『地面に這いつくばってでもやるしかないだろ!』」 

text by

中村憲剛+戸塚啓

中村憲剛+戸塚啓Kengo Nakamura + Kei Totsuka

PROFILE

photograph byJMPA

posted2021/10/12 11:02

サウジ敗戦で中村憲剛が思い出す“南アW杯の直前ミーティング”「闘莉王が『地面に這いつくばってでもやるしかないだろ!』」<Number Web> photograph by JMPA

日本代表のサウジアラビア戦で中村憲剛氏が思い出したのは、11年前の南アフリカW杯だった

 また、森保監督が5枚目のカードを切って攻勢をかけたい終盤の時間帯で、サウジのルナール監督はその流れを止める、切るためにロスタイムに5人目の交代をしました。交代のタイミング、回数、変える枚数は、相手ながら絶妙なものだったと言わざるを得ません。

〈11年前の逆転劇〉テスト4連敗から「W杯ベスト16」へ

 僕自身がメンバーのひとりだった南アフリカW杯の日本代表で、現在のチームと同じような苦境に立たされたことがあります。

 あの時はW杯を前にテストマッチで4連敗し、メディアから厳しく批判されました。そこで僕ら選手は南アフリカに入ってからミーティングをして、それぞれの思いをぶつけ合いました。

 最終的に田中マルクス闘莉王が、「オレらは出場32か国で一番下手なんだから、地面に這いつくばってでもやるしかないだろ」と言い、その言葉で「このままじゃ帰れない」と闘志に火がつきました。

 ただ、ミーティングだけでチームがまとまったのではありません。初戦のカメルーン戦に勝ったから、まとまっていったのです。

 ミーティングでとことん言い合って、「よし、これでいこう!」となり、それでも勝てなかったら、「これはもう無理だ」となってしまう。思いの丈をぶつけ合うミーティングを経ての勝利によって、目に見えて分かるぐらいにチームがまとまったのです。あの時ほどひとつの勝利の大きさによるまとまりを感じたことはありません。

 そういう経験をしてきたので、12日のオーストラリア戦がこのチームの空気を大きく変える試合になることを、僕は強く願っています。大きなプレッシャーがかかるでしょう。だからこそ、戦況を変えられるビッグチャンスなのです。

【次ページ】 コミュニケーションを取るしかない

BACK 1 2 3 NEXT
森保一
吉田麻也
長友佑都
冨安健洋
守田英正
古橋亨梧
原口元気
伊東純也
鎌田大地
酒井宏樹
大迫勇也
南野拓実
柴崎岳
オナイウ阿道
浅野拓磨
遠藤航
権田修一
中村憲剛
田中マルクス闘莉王
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ