酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

浪商、PL時代に大阪桐蔭vs.履正社。
昭和~令和の大阪・高校野球激闘史。

posted2019/09/02 08:00

 
浪商、PL時代に大阪桐蔭vs.履正社。昭和~令和の大阪・高校野球激闘史。<Number Web> photograph by Kyodo News

2017年センバツ決勝で激突した履正社と大阪桐蔭。安田尚憲、根尾昂、藤原恭大らが鎬を削っていた。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 今夏の甲子園を振り返って痛感するのは「やっぱり大阪は強いなあ」ということだ。

 ここ3年の春夏の甲子園の決勝戦結果を見ると、そう感じる。

2017年春
大阪桐蔭(大阪)8−3履正社(大阪)
2017年夏
花咲徳栄(埼玉)14−4広陵(広島)
2018年春
大阪桐蔭(大阪)5−2智弁和歌山(和歌山)
2018年夏
大阪桐蔭(大阪)13−2金足農(秋田)
2019年春
東邦(愛知)6−0習志野(千葉)
2019年夏
履正社(大阪)5−3星稜(石川)

 6回の決勝戦のうち4回を大阪勢が制している。2017年春などは、史上初めて大阪府同士での決勝戦となった。

「大阪を制するものは天下を制す」と言っても過言ではないのだ。

 ここまで独占率が高くなったのは最近のことだが、大阪府が甲子園で圧倒的に強いのは、今に始まった話ではない。

「大阪私学7強」の1960〜70年代。

 昭和の昔から高校野球関係者たちは「甲子園で勝つより大阪府大会で勝ち抜く方が難しい」と言ってきた。

 1960年〜70年代には「大阪私学7強時代」があった。以下、2019年時点で7強の甲子園での春夏通算成績である。

興国 出場7回 優勝1回

明星 出場12回 優勝1回

PL学園 出場37回 優勝7回、準優勝4回 ※野球部は休止

浪商(現:大体大浪商)
出場32回 優勝4回、準優勝3回

北陽(現:関大北陽)
出場14回 準優勝1回 

近大附属 出場12回 優勝1回

大鉄(現:阪南大高)出場7回 準優勝1回

 7校ともに甲子園で準優勝以上の実績がある。これら全国屈指の強豪が大阪府大会で鎬を削ったのだ。中でも一番校歴が浅いPL学園が一気に台頭し、台風の目のようになっていった。

【次ページ】 PL学園が掲げた「打倒明星」。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

履正社高校
大阪桐蔭高校
PL学園高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ