JリーグPRESSBACK NUMBER

中国の爆買いとJ開幕当初は同じか?
日本が今も「いい職場」である理由。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/03/14 10:40

中国の爆買いとJ開幕当初は同じか?日本が今も「いい職場」である理由。<Number Web> photograph by AFLO

広州恒大のパウリーニョは、今アジアでプレーする最高の選手の一人。欧州でも一線で活躍できる選手だ。

Cリーグは眩しいが、同じ道ではないかもしれない。

 2014年に広州恒大へ移籍したイタリア人のアレッサンドロ・ディアマンティは1シーズンで、アルベルト・ジラルディーノは半年で中国を去った。同じイタリア人のファビオ・カンナバーロが新監督になっても、母国のクラブへ戻ることを選んだ。

 リーガ・エスパニョーラやイングランド・プレミアリーグのように、Cリーグは世界中のフットボーラーに「一度はプレーしたい」と思われるリーグではない。高額なサラリーだけでは選手を引き止め続けることは難しいし、爆買いを続けるだけでは代表チームのレベルアップも促せない。ディアマンティやジラルディーノより以前には、ディディエ・ドログバも2年半の契約を半年で打ち切った。

 ハイクラスの外国人がアジアでダントツに多い意味で、Cリーグは眩しい。それでも、CリーグがJリーグと同じ道を歩んでいるかといえば、決してそうではないのである。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ルイス・フェリペ・スコラーリ
岡田武史
パウリーニョ
洪明甫
ティム・ケーヒル

Jリーグの前後のコラム

ページトップ