詳説日本野球研究BACK NUMBER

今年もパ・リーグが一枚上手か。
各球団の2014年ドラフトを完全評価! 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2014/10/24 11:55

今年もパ・リーグが一枚上手か。各球団の2014年ドラフトを完全評価!<Number Web> photograph by Kyodo News

最多の4球団が競合した早稲田大学の有原航平は、日本ハムが交渉権を獲得した。「その年1番の選手を指名する」というスタイルは健在だ。

中日、ヤクルトの指名にも軸が感じられない。

 中日はペナントレースの迷走がそのまま指名に現れた。1~9位全員が大学生、社会人というのは、若返りが求められているチームのものとは思えない。小田幸平、田中大輔という今季一軍出場のある捕手を戦力外にしたチームなら、捕手の指名にもっと熱心になるべきだったのではないか。

 1位野村亮介(三菱日立パワーシステムズ横浜・投手)、6位井領雅貴(JX-ENEOS・外野手)など気になる選手もいるが、全体の指名を見ると「チームの5年先」を見る戦略が感じられず、高く評価できない。

 ヤクルトにも同じような不満がある。1位竹下真吾(ヤマハ)、4位寺田哲也(四国アイランドリーグ・香川・投手)、5位中元勇作(伯和ビクトリーズ・投手)、6位土肥寛昌(ホンダ鈴鹿・投手)はリリーフに重点を置いた指名だが、毎年似たような指名をしていないか。中心軸を固定せず、脇ばかり固めてもローテーションはうまく回らない。下位チームの迷いがもろに出た指名だと思う。

 以上を総括すれば、「上々の指名」が日本ハム、楽天、阪神、「いい指名」がソフトバンク、ロッテ、「惜しい指名」が巨人、西武、オリックス、DeNA、「残念な指名」が広島、中日、ヤクルトというのが私の評価。毎年思うことだが、ドラフトはパ・リーグのほうがうまい。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
読売ジャイアンツ
阪神タイガース
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
オリックス・バファローズ
横浜DeNAベイスターズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
埼玉西武ライオンズ
広島東洋カープ
有原航平
安楽智大
横山雄哉
松本裕樹
岡本和真
中村奨吾
高橋光成
山崎康晃
山崎福也
野間峻祥
野村亮介
竹下真吾

プロ野球の前後の記事

ページトップ