東京ヤクルトスワローズ 

168件中 1 - 20件を表示
延長10回、ヤクルト12点の惨劇。広島の最大の問題は「先発陣」だ。

スポーツ・インテリジェンス原論

延長10回、ヤクルト12点の惨劇。
広島の最大の問題は「先発陣」だ。

延長10回、スワローズ12点。こんなことがプロ野球の世界でも起きるのかと呆然、いや、愕然としてしまった。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2019/04/12

Mr.高速スライダー伊藤智仁が語る、1993年6月9日、伝説の巨人戦の真実。

Number Ex

Mr.高速スライダー伊藤智仁が語る、
1993年6月9日、伝説の巨人戦の真実。

ウィキペディアで「高速スライダー」の項目を調べると、こう書いてある。通常のスライダーよりも速球との球速差が少ない球種。明… 続きを読む

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

2019/03/31

2019年セ新人王争い、根尾昂は対抗。本命に推したいヤクルト塩見泰隆。

“Mr.ドラフト”の野球日記

2019年セ新人王争い、根尾昂は対抗。
本命に推したいヤクルト塩見泰隆。

パに続いてセ・リーグの新人王予想である。過去10年、最も新人王を輩出している大学生投手は上茶谷大河(東洋大→DeNA)、高橋優… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2019/01/27

青木宣親と若手4人の不思議な生活。質問には答えても上下関係はなし。

プロ野球PRESS

青木宣親と若手4人の不思議な生活。
質問には答えても上下関係はなし。

青空の下に、乾いた打球音が響き渡っていた。冬でも温暖な気候のロサンゼルス郊外。とある小さな野球場での打撃練習でバットから… 続きを読む

ナガオ勝司Katsushi Nagao

2019/01/20

高津臣吾二軍監督に聞いてみた、ヤクルトV字回復の背景と今季展望。

スポーツ・インテリジェンス原論

高津臣吾二軍監督に聞いてみた、
ヤクルトV字回復の背景と今季展望。

2018年は、高津臣吾二軍監督の本の企画、構成をすることになり、ヤクルトの試合をよく見た。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2019/01/05

小関順二が2018年ドラフトを斬る!全球団の採点と注目点を徹底検証。

“Mr.ドラフト”の野球日記

小関順二が2018年ドラフトを斬る!
全球団の採点と注目点を徹底検証。

史上初、11球団が高校生野手を1位で入札した。 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2018/10/26

絶妙な高橋采配で巨人がヤクルト撃破!第1ステージ突破を導いたある盗塁。

プロ野球亭日乗

絶妙な高橋采配で巨人がヤクルト撃破!
第1ステージ突破を導いたある盗塁。

圧巻のピッチングだった。9回2死。ヤクルトの坂口智隆外野手の打球がセンターに飛んだ瞬間に、マウンドから振り返った巨人のエー… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2018/10/15

山田哲人にセカンドを奪われても、田中浩康は才能を讃える器があった。

プロ野球PRESS

山田哲人にセカンドを奪われても、
田中浩康は才能を讃える器があった。

「あいつは素晴らしい。出てきてくれて良かった。そう思います」今から4年前、彗星のごとく現れた10歳下のスーパープレーヤーに… 続きを読む

田中大貴Daiki Tanaka

2018/10/14

高橋由伸監督の雰囲気が変わった!巨人が一体となって狙うCS下剋上。

プロ野球亭日乗

高橋由伸監督の雰囲気が変わった!
巨人が一体となって狙うCS下剋上。

こういう戦いは相手もやりにくいはずである。13日から始まるプロ野球のクライマックスシリーズ(CS)。その大きな注目の1つはセ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2018/10/12

プロ初打席でホームラン。村上宗隆はゴジラの再来か。~ヤクルトの末恐ろしい高卒ルーキー~

SCORE CARD

プロ初打席でホームラン。
村上宗隆はゴジラの再来か。
~ヤクルトの末恐ろしい高卒ルーキー~

河川敷のグラウンドで見たら、そのスケールは余計に際立っていた。スワローズの戸田球場で打席に立つ4番バッターは、遠目から見… 続きを読む

石田雄太Yuta Ishida

有料

2018/10/04

38歳で奮闘するヤクルト石川雅規。今なお先発を任せられる理由とは。

燕番記者の取材メモ

38歳で奮闘するヤクルト石川雅規。
今なお先発を任せられる理由とは。

新聞記者という仕事の醍醐味の1つに、大記録達成の瞬間に立ち会えるということがある。今年は7月9日の巨人戦で、ヤクルト山田哲… 続きを読む

浜本卓也(日刊スポーツ)Takuya Hamamoto

2018/09/05

山田哲人はボンズに並ぶか。3度目のトリプルスリーへ。~「稼頭央さんってパワプロの能力が……」~

SCORE CARD

山田哲人はボンズに並ぶか。3度目のトリプルスリーへ。~「稼頭央さんってパワプロの能力が……」~

もし今年、またも達成したら3度目ということになる。しかも2年ぶり――つまり最近の4シーズンのうち、3度までトリプルスリーを達… 続きを読む

石田雄太Yuta Ishida

有料

2018/09/03

山田哲人が11種類のトス打撃を封印。夏男の秘訣は「休むことですかね」。

燕番記者の取材メモ

山田哲人が11種類のトス打撃を封印。
夏男の秘訣は「休むことですかね」。

今夏、日本列島は半端ない暑さに見舞われている。体温を超えるほどの気温にパワーを奪われ、汗が噴き出て止まらない。 続きを読む

浜本卓也(日刊スポーツ)Takuya Hamamoto

2018/08/07

初手術の“悲劇”を経たライアン小川。月間MVPを獲るまでの葛藤と練習。

燕番記者の取材メモ

初手術の“悲劇”を経たライアン小川。
月間MVPを獲るまでの葛藤と練習。

7月7日。多くの人が「七夕」を連想することだろう。織姫と彦星が天の川で年に1度の逢瀬をする。人々は願いごとを記した短冊を、… 続きを読む

浜本卓也(日刊スポーツ)Takuya Hamamoto

2018/07/14

ヤクルトの「新・勝利の方程式」。石山、近藤、中尾が開花した瞬間。

燕番記者の取材メモ

ヤクルトの「新・勝利の方程式」。
石山、近藤、中尾が開花した瞬間。

物事が好転する時には、必ず要因がある。交流戦で好調のヤクルトだが、5月29日の開幕までは6連敗を2度も喫する17勝26敗1分けの最… 続きを読む

浜本卓也(日刊スポーツ)Takuya Hamamoto

2018/06/16

川端慎吾、頭部死球からの復活へ。一軍復帰がヤクルト逆襲の時に。

燕番記者の取材メモ

川端慎吾、頭部死球からの復活へ。
一軍復帰がヤクルト逆襲の時に。

“たら・れば”が禁物なのは分かっている。だが、二軍で汗を流すヤクルト川端慎吾内野手の姿を見ると、こう声をかけずにはいられ… 続きを読む

浜本卓也(日刊スポーツ)Takuya Hamamoto

2018/06/03

隙を逃さないヤクルトの「走塁変革」。旗手は広島から来た河田雄祐コーチ。

燕番記者の取材メモ

隙を逃さないヤクルトの「走塁変革」。
旗手は広島から来た河田雄祐コーチ。

取材で野球の試合を見ている最中は、1つのプレーに声を出すことはそうそうない。だが、この時ばかりは「あ」と思わず漏らしてし… 続きを読む

浜本卓也(日刊スポーツ)Takuya Hamamoto

2018/05/20

由規「泣いていないですよ」笑顔で復活勝利を刻んだ“元”剛腕。

燕番記者の取材メモ

由規「泣いていないですよ」
笑顔で復活勝利を刻んだ“元”剛腕。

涙のないヒーローインタビューが、この1勝がゴールではなく、スタートだということを表していた。ヤクルト由規は4月22日のDeNA戦… 続きを読む

浜本卓也(日刊スポーツ)Takuya Hamamoto

2018/05/05

ヤクルト復活を支えるキーマン。「一塁・坂口智隆」の存在感。

燕番記者の取材メモ

ヤクルト復活を支えるキーマン。
「一塁・坂口智隆」の存在感。

4月に入り、新社会人の姿を見かけることが多くなった。街は真新しいスーツを身にまとったフレッシュな顔であふれている。 続きを読む

浜本卓也(日刊スポーツ)Takuya Hamamoto

2018/04/23

ヤクルト小川淳司監督とは何者か。コーチ陣と選手に伝播する「執念」。

燕番記者の取材メモ

ヤクルト小川淳司監督とは何者か。
コーチ陣と選手に伝播する「執念」。

ヤクルト小川淳司監督は、思わず耳を疑った。3月30日、DeNAとの開幕戦が行われる横浜スタジアムへと向かう前だった。自宅で来る… 続きを読む

浜本卓也(日刊スポーツ)Takuya Hamamoto

2018/04/08

1 2 3 4 5 9 NEXT >>

ページトップ