有料記事一覧ページ新設のお知らせ

詳説日本野球研究BACK NUMBER

今年もパ・リーグが一枚上手か。
各球団の2014年ドラフトを完全評価! 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2014/10/24 11:55

今年もパ・リーグが一枚上手か。各球団の2014年ドラフトを完全評価!<Number Web> photograph by Kyodo News

最多の4球団が競合した早稲田大学の有原航平は、日本ハムが交渉権を獲得した。「その年1番の選手を指名する」というスタイルは健在だ。

オリックスとDeNAは“両山崎”の復活次第。

 オリックスとDeNAは、今年になって調子が上がらない“両山崎”を1位指名した。DeNAの山崎康晃は今春のMVP(リーグ5位の防御率1.94)や秋の駒大1回戦での3安打、15三振という完封劇こそあるが、秋の成績(投手成績がリーグ最下位の2.47)が象徴するように4年になってからシャキッとしない。

 それでもドラフト前からスカウトの評価が落ちなかったのは昨年11月の明治神宮大会の快投があったからだ。九里亜蓮(広島)のあとを任されるリリーフで登場すると、短いイニングで猛烈に腕を振って150km前後のストレートを連発、亜大優勝の原動力になった。この快投が山崎康の評価を一段高めたことは間違いない。

 オリックス1位の山崎福也(明治大・投手)は2年春まで大谷翔平のような“投打二刀流”を模索していた。これが投手としての成熟を遅らせたのかなと思う。さらにこの秋の不調もあって1回目の1位入札はオリックスの1球団だけに終わった。187cmの長身から繰り出される角度あるストレートに、変化球はカットボール、ツーシーム、カーブ、スライダーとひと通り投げ、ストレートの最速は149kmと速い。有原、石田健大(法大→DeNA2位)にも言えることだが、4年秋の不調を引きずらずにいかにプロ1年目に臨むか。これからは切り替えの早さも求められる。

 なお2位以下ではDeNAが3位倉本寿彦(日本新薬・遊撃手)、4位福地元春(三菱日立パワーシステムズ横浜・投手)、オリックスが宗佑磨(横浜隼人・遊撃手)、高木伴(NTT東日本・投手)と楽しみな選手を指名。1位指名の危うさを下位指名の面々がだいぶ補っていると思っている。

広島の「余裕の指名」に漂う危うさ。

 チームが右肩上がりにある広島は地元・広陵高校出身の有原(早大)の獲得で弾みをつけたかったが失敗。くじ運だけは味方につけられなかった。外れ1位で野間峻祥(中部学院大・外野手)、2位で薮田和樹(亜細亜大・投手)を指名、こういう無名に近い選手を上位で獲得しようという姿勢は広島らしいとも言えるが、非常に危ういものも感じた。

 まず2位薮田は3年秋、4年の春・秋のリーグ戦に1回も登板していない。神宮球場によく通っている私でも、数回しか投げるところを見ていない。潜在能力が高いのはわかるが、ある程度実績が求められる上位指名の大学生がまるっきり実績が伴わないというのは……。ここに非常な不安を覚える。

 1位野間は、動きの悪いエルドレッドが61試合も外野を守っているチーム事情を考えれば妥当な指名と言えるが、頭数が揃わない先発投手、勝利の方程式をつくれない不安定なリリーフ陣を見れば、上位では実績のある投手に向かうべきだったと思う。そんなに余裕があるの? というのが1、2位指名を見た素直な印象である。

【次ページ】 中日、ヤクルトの指名にも軸が感じられない。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
読売ジャイアンツ
阪神タイガース
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
オリックス・バファローズ
横浜DeNAベイスターズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
埼玉西武ライオンズ
広島東洋カープ
有原航平
安楽智大
横山雄哉
松本裕樹
岡本和真
中村奨吾
高橋光成
山崎康晃
山崎福也
野間峻祥
野村亮介
竹下真吾

プロ野球の前後のコラム

ページトップ