広島東洋カープ 

334件中 1 - 20件を表示
<平成のホームラン王>アニキが476本から選んだ「俺ベスト」。

Sports Graphic Number Special

<平成のホームラン王>
アニキが476本から選んだ「俺ベスト」。

平成の31年間で最も多くの本塁打を放ったのは、「アニキ」こと金本知憲だった。その数、476本。ファンの記憶に残るアーチを数え… 続きを読む

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki

有料

2019/06/26

交流戦最下位の広島、優勝は0%?3連覇した“結束力”を取り戻せるか。

炎の一筆入魂

交流戦最下位の広島、優勝は0%?
3連覇した“結束力”を取り戻せるか。

「V率0%」この文字が広島の紙面に載るのは何度目だろう。セ・リーグ3連覇中の広島は交流戦、4勝12敗1分(データ以下、6月23日現… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2019/06/25

“武器がない”セットアッパー、カープを支える一岡竜司の流儀。

炎の一筆入魂

“武器がない”セットアッパー、
カープを支える一岡竜司の流儀。

セ・リーグの首位を走る広島で重要な役割を担う一岡竜司は投手としての武器を聞かれると、笑いながら言う。「僕に武器はありませ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2019/06/11

バティスタは“助っ人外国人”と違う!?広島がじっくり育んだ和風ドミニカン。

炎の一筆入魂

バティスタは“助っ人外国人”と違う!?
広島がじっくり育んだ和風ドミニカン。

気づけば、広島は首位に立ち、気づけば、開幕直後にあれだけ騒がれた「ポスト丸」という声も聞かれなくなった。5月に入り、広島… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2019/05/27

カープの20歳アドゥワ誠が頼もしい。先発でも際立つクイックとクセ球。

炎の一筆入魂

カープの20歳アドゥワ誠が頼もしい。
先発でも際立つクイックとクセ球。

マウンドでも、マウンドを降りても、飄々とした立ち居振る舞いが何より頼もしい。広島を上昇気流に乗せた先発陣の一角を務める20… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2019/05/14

カープの「幹」を担う重責に抗って。誠也が復帰、あとは田中広輔だけだ。

炎の一筆入魂

カープの「幹」を担う重責に抗って。
誠也が復帰、あとは田中広輔だけだ。

4月27日、神宮。6日ぶりに実戦の打席に立った鈴木誠也は、右肘でリズムをとりながら相手投手と対峙した。これまでの打撃フォーム… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2019/04/29

カープ會澤翼の“漢気”と理想像。打てて守れる、勝てる捕手として。

炎の一筆入魂

カープ會澤翼の“漢気”と理想像。
打てて守れる、勝てる捕手として。

平成が終わりを告げようとしている。平成で黄金期を築いた球団には、そのチームを支えた名捕手がいた。西武には伊東勤、ヤクルト… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2019/04/27

カープ復活を支える謙虚な新外国人。流れを切り、長い回を投げる仕事。

炎の一筆入魂

カープ復活を支える謙虚な新外国人。
流れを切り、長い回を投げる仕事。

開幕から5カード連続負け越しと予想外の低空飛行で、広島は4連覇を狙うシーズンをスタートさせた。戦力が抜けた攻撃陣にばかり注… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2019/04/22

延長10回、ヤクルト12点の惨劇。広島の最大の問題は「先発陣」だ。

スポーツ・インテリジェンス原論

延長10回、ヤクルト12点の惨劇。
広島の最大の問題は「先発陣」だ。

延長10回、スワローズ12点。こんなことがプロ野球の世界でも起きるのかと呆然、いや、愕然としてしまった。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2019/04/12

大瀬良大地がカープで慕われる理由。相談も雑談も「話しやすい」エース。

炎の一筆入魂

大瀬良大地がカープで慕われる理由。
相談も雑談も「話しやすい」エース。

新年度を迎え、ひと月足らずで元号も「平成」から「令和」へと移っていく。時代の流れ、年を重ねるにつれ、人もまた、変わってい… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2019/04/08

平成と令和をつなぐ2019開幕戦。因縁多き、広島vs.巨人をぶらり。

ぶら野球

平成と令和をつなぐ2019開幕戦。
因縁多き、広島vs.巨人をぶらり。

春が来た。平成から令和へと球史をつなぐ新シーズンも開幕である。プロ野球開幕がなぜこんなに心躍らせるかと言ったら、すべては… 続きを読む

中溝康隆Yasutaka Nakamizo

2019/04/02

小関順二の2019セ・リーグ大胆予想。本命カープ、対抗巨人に続くのは?

“Mr.ドラフト”の野球日記

小関順二の2019セ・リーグ大胆予想。
本命カープ、対抗巨人に続くのは?

今年のセ・リーグの焦点は巨人のV9(1965~73年の9年連続優勝)以降、セ・リーグのどの球団も成し遂げていない4連覇を広島が達成… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2019/03/27

切り札→レギュラーへ邁進中。広島・曽根が狙う「ポスト菊池」

炎の一筆入魂

切り札→レギュラーへ邁進中。
広島・曽根が狙う「ポスト菊池」

広島の選手として初めて開幕を迎えようとしているのは、新加入の長野久義や小園海斗だけではない。 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2019/03/25

前田でもなく、新井でもなく……。カープの背番号1、鈴木誠也の風格。

炎の一筆入魂

前田でもなく、新井でもなく……。
カープの背番号1、鈴木誠也の風格。

長野久義や小園海斗らに注目が集まる広島が、4連覇を狙う新たなシーズンを迎えようとしている。 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2019/03/24

長野久義、小園海斗という新風。カープにマンネリという文字はない。

炎の一筆入魂

長野久義、小園海斗という新風。
カープにマンネリという文字はない。

2月26日、広島は2月1日からの春季キャンプを打ち上げた。例年と同じように大きな円陣で一本締め。今年の広島キャンプの充実度は… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2019/03/09

丸佳浩の打順と次打者のメリット。広島で鈴木誠也、巨人は坂本勇人。

プロ野球亭日乗

丸佳浩の打順と次打者のメリット。
広島で鈴木誠也、巨人は坂本勇人。

巨人の沖縄キャンプが終了した。「チームとして少しずつ(形を)なしてきた」 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2019/03/01

長野広島移籍をスクープした東スポ。次の注目は“夜王・長野”と“赤長野”。

月刊スポーツ新聞時評

長野広島移籍をスクープした東スポ。
次の注目は“夜王・長野”と“赤長野”。

プロ野球キャンプインの2月。スポーツ紙はある男で盛り上がった。「赤長野」である。広島カープに移籍した長野久義である。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2019/02/28

宮崎キャンプ巡りは野球の楽園。広島の庄司、SB中村宜、オリの2人。

マスクの窓から野球を見れば

宮崎キャンプ巡りは野球の楽園。
広島の庄司、SB中村宜、オリの2人。

広島カープの日南キャンプは、一軍が市街地に近い天福球場、二軍はそこから少々山のほうに入った東光寺球場を“会場”として行わ… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2019/02/20

カープは当たり前に“そんな存在”になった。~長野の言葉が「普通」に響く理由~

Beyond The Game

カープは当たり前に“そんな存在”になった。
~長野の言葉が「普通」に響く理由~

丸、去る。なんと巨人へ。昔の広島ファンなら、激しく憤るか、優しく背中を押すか、どちらかだろう。現在は違う。違う気がする。 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

有料

2019/02/20

カープファンにも広がる王者の余裕。日南で感じたアドゥワ誠の雄大さ。

マスクの窓から野球を見れば

カープファンにも広がる王者の余裕。
日南で感じたアドゥワ誠の雄大さ。

12日、朝早い便で宮崎へ向かう。今日から5日間、プロ野球のキャンプを回る。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2019/02/16

ページトップ