カタールW杯 2022 

独善的なFWが大人になった訳――。清水・北川航也、カタールW杯の夢。

“ユース教授”のサッカージャーナル

独善的なFWが大人になった訳――。
清水・北川航也、カタールW杯の夢。

怪物がようやく覚醒しつつある――。清水エスパルスの下部組織で育ち、トップ昇格から4年目を迎えるFW北川航也は、生まれ育った… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/08/15

<さらに強まった欲望>大迫勇也「カタールでも絶対的であるために」

Sports Graphic Number Special

<さらに強まった欲望>大迫勇也「カタールでも絶対的であるために」

ロシアW杯では、クラブで培った精神面の強さを携え、エースストライカーとしてチームを牽引した。楽しさと悔しさ。4年前とは異な… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2018/08/13

横浜FMに憧れ湘南で育ち浦和で飛躍。遠藤航の叶った夢と「もう1つ」。

JリーグPRESS

横浜FMに憧れ湘南で育ち浦和で飛躍。
遠藤航の叶った夢と「もう1つ」。

日本代表DF遠藤航は、ロシアW杯で一度も試合には立てなかった。目の前に引かれたタッチラインの向こう側が誰よりも近くて遠い。… 続きを読む

塚越始Hajime Tsukakoshi

2018/07/31

第2の小野伸二、稲本潤一を探せ!森保一監督に望むU-20との融合。

サッカー日本代表PRESS

第2の小野伸二、稲本潤一を探せ!
森保一監督に望むU-20との融合。

ロシアW杯後の日本代表は、森保一監督に託されることになった。東京五輪を目指す現U-21日本代表との兼任となったことで、ふたつ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/07/30

森保一新監督の可変システムに最適!世代交代へ初招集候補の名は……。

Jをめぐる冒険

森保一新監督の可変システムに最適!
世代交代へ初招集候補の名は……。

フィリップ・トルシエ以来、2人目となるA代表と五輪代表の兼任監督が誕生した。昨年12月から東京五輪代表(現U-21日本代表)を率… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2018/07/27

L・エンリケがスペイン新監督に。懸念は無愛想とバルサ、レアル。

スペインサッカー、美学と不条理

L・エンリケがスペイン新監督に。
懸念は無愛想とバルサ、レアル。

スポルティング・ヒホン、レアル・マドリー、バルセロナ。それぞれのユニホームを着た現役時代の雄姿がスクリーンに映し出される… 続きを読む

工藤拓Taku Kudo

2018/07/24

鎌田大地、ブンデス1年目を終えて。「帰りたい気持ちは一切ない」

サムライブルーの原材料

鎌田大地、ブンデス1年目を終えて。
「帰りたい気持ちは一切ない」

海外に飛び出して活躍できなければ、こう囁かれがちだ。Jリーグでやっていたほうが良かったんじゃないの? 海外の水が合ってな… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/07/23

サッカーの世界地図を変えたい米国。注目のFIFA会長選挙とFBIの動き。

ワインとシエスタとフットボールと

サッカーの世界地図を変えたい米国。
注目のFIFA会長選挙とFBIの動き。

FIFAスキャンダルは、FIFA会長選挙を2日後に控えた2015年5月27日、アメリカ司法省がFIFA本部のあるチューリッヒとCONCACAF(中北… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2016/02/26

ブラッターFIFA会長の野望と屈辱。プラティニはなぜ彼を裏切ったのか?

ワインとシエスタとフットボールと

ブラッターFIFA会長の野望と屈辱。
プラティニはなぜ彼を裏切ったのか?

昨年5月に発覚したFIFAの汚職スキャンダル。ウォーターゲート事件にちなんで“FIFAゲート”とも呼ばれるこの事件について、田村… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2016/02/24

プラティニは罠にはまったのか……。欧州に渦巻く陰謀とFIFA不正疑惑。

ワインとシエスタとフットボールと

プラティニは罠にはまったのか……。
欧州に渦巻く陰謀とFIFA不正疑惑。

2015年5月に発覚したFIFAの汚職スキャンダル。ウォーターゲート事件にちなんで“FIFAゲート”とも呼ばれる、この世界のサッカー… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2016/02/19

カタールW杯の影響がJリーグにも!?欧州サッカー“春秋制”移行論の真相。

フットボール“新語録”

カタールW杯の影響がJリーグにも!?
欧州サッカー“春秋制”移行論の真相。

「ヨーロッパにおけるリーグの春秋制への移行は、賛成している国がある一方で、イタリア、スペイン、ポルトガルは『無理だ』と言… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

2013/05/03

カタールは本当に不正を行ったのか?南米に飛び火した'22年W杯招致疑惑。

海外サッカーPRESS

カタールは本当に不正を行ったのか?
南米に飛び火した'22年W杯招致疑惑。

1月29日発売のフランス・フットボール誌(以下FF)に掲載された“カタールゲート”(2022年ワールドカップ開催国決定投票におけ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2013/03/20

カタールは本当に不正を行ったのか?'22W杯招致をめぐる仏メディアの告発。

海外サッカーPRESS

カタールは本当に不正を行ったのか?
'22W杯招致をめぐる仏メディアの告発。

1月29日発売のフランス・フットボール誌(以下FF)は衝撃的だった。“カタールゲート”のタイトルで、タブロイド判15ページにわ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2013/02/24

イングランド、W杯招致惨敗の理由。英メディアとFIFA、その暗闘の全貌。

オフサイド・トリップ

イングランド、W杯招致惨敗の理由。
英メディアとFIFA、その暗闘の全貌。

「僕たちの夢は大勢の人達を幸せにする、あなたやあなたの曾孫、そしてサッカー界のすべての人達が本当に誇りに思えるW杯を開催… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2010/12/04

<< BACK 1 2 3

ページトップ