著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

中村太地Taichi Nakamura

1988年東京都生まれ。2006年、高校3年次に四段に昇段、プロ棋士となる。米長邦雄永世棋聖の門下で学び、2011年度には勝率0.8511を記録し、第39回将棋大賞の勝率1位賞を受賞。また2017年の第65期王座戦では羽生善治王座(当時)に挑戦し、3勝1敗で初タイトルを獲得した。現在YouTubeにて「棋士中村太地将棋はじめch」で将棋の魅力を発信している。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
“藤井聡太ブーム”の喜びと危機感はラグビー&なでしこと共通 中村太地七段が語る将棋とメディア

進取の将棋

“藤井聡太ブーム”の喜びと危機感はラグビー&なでしこと共通 中村太地七段が語る将棋とメディア

これは想像になるのですが――スポーツで言えば女子サッカー、そしてラグビーの方々も、同じような心境なのかもしれません。 続きを読む

中村太地Taichi Nakamura

将棋

2020/09/11

藤井棋聖の過密日程と“羽生伝説”。中村太地七段が語る将棋と体調管理。

進取の将棋

藤井棋聖の過密日程と“羽生伝説”。
中村太地七段が語る将棋と体調管理。

これまでの棋士で最も年間対局数が多かったのは、2000年度の羽生善治先生の89局。それに続くのは私の師匠である米長邦雄永世棋聖… 続きを読む

中村太地Taichi Nakamura

将棋

2020/08/16

中村太地 関連コラム
2

ページトップ