フランス・フットボール通信 

標高4150mで毎日サッカーできる!?世界で最も高い場所にあるプロクラブ。

標高4150mで毎日サッカーできる!?
世界で最も高い場所にあるプロクラブ。

フランス・フットボール通信

標高3640mに位置するボリビアの首都ラパスは、世界最高地で国際試合が行われる都市として知られている。だが、ボリビアには、ラパスよりさらに高い標高4000mを越える地で試合をするプロチームがある。続きを読む

トマ・アランThomas Alain

2019/03/22

名門フラメンゴで少年10人が焼死。ブラジルにはびこる劣悪な育成環境。

フランス・フットボール通信

名門フラメンゴで少年10人が焼死。
ブラジルにはびこる劣悪な育成環境。

フラメンゴの育成センターに所属する10人の寄宿生の生命を奪った火災による悲劇は、世界中に衝撃を与えた。同時にそれは、ブラジ… 続きを読む

エリック・フロジオEric Frosio

2019/03/21

なぜカタールはアジア王者に?世界レベルの育成計画始めた15年前。

フランス・フットボール通信

なぜカタールはアジア王者に?
世界レベルの育成計画始めた15年前。

すでに1カ月半以上前の出来事だが……UAEで開催されたアジアカップはカタールの初優勝で幕を閉じた。 続きを読む

ロベルト・ノタリアニRoberto Notarianni

2019/03/19

ペレ、ベッケンバウアーの上に君臨。米国で輝いたキナーリャの思い出。

フランス・フットボール通信

ペレ、ベッケンバウアーの上に君臨。
米国で輝いたキナーリャの思い出。

ジョルジョ・キナーリャという選手をご存じだろうか? 1970年代半ばまでラツィオで活躍し、ラツィオが1973~74年シーズンにセリ… 続きを読む

ロベルト・ノタリアニRoberto Notarianni

2019/03/18

インドとパキスタンの間でサッカーを。レアル・カシミールが歩む数奇な運命。

フランス・フットボール通信

インドとパキスタンの間でサッカーを。
レアル・カシミールが歩む数奇な運命。

インドといえば、かつてのスーパースターたちを集めて2014年に華々しく開幕した「インディアン・スーパーリーグ」が有名だが、FI… 続きを読む

ロムアルド・ガデベクRomuald Gadegbeku

2019/03/12

偉大なる“キング”ペレ、大いに語る。ネイマールよりムバッペがお好き!?

フランス・フットボール通信

偉大なる“キング”ペレ、大いに語る。
ネイマールよりムバッペがお好き!?

『フランス・フットボール』誌と“キング”ペレは、長年、良好な関係を保っている。ひとつの媒体のインタビューにはほとんど応じ… 続きを読む

エリック・フロジオEric Frosio

2019/03/10

W杯王者の指揮官デシャン告白。「頂点に登り詰めたが、人生は続く」

フランス・フットボール通信

W杯王者の指揮官デシャン告白。
「頂点に登り詰めたが、人生は続く」

『フランスフットボール』誌は、2018年の最優秀監督にディディエ・デシャンを選出した。 続きを読む

レミー・ラコンブ&フランソワ・ベルドネRemy Lacombe et Francois Verdenet

2019/03/05

フランスではすでに“王様”扱い!?ムバッペ、栄光に包まれた2018年。

フランス・フットボール通信

フランスではすでに“王様”扱い!?
ムバッペ、栄光に包まれた2018年。

『フランス・フットボール』誌12月26日発売号は恒例の年末表彰号である。最優秀選手と最優秀監督、最優秀会長、最優秀外国人選手… 続きを読む

デーブ・アパドゥーStephane Mantey

2019/01/11

リーグアンではVARはどういう状況?概ね肯定も、フランス全土で大議論中。

フランス・フットボール通信

リーグアンではVARはどういう状況?
概ね肯定も、フランス全土で大議論中。

ブンデスリーガやセリエAなどに続き、リーグアンでも今季からVAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)システムが導入された。それ… 続きを読む

パトリック・ソウデンPatrick Sowden

2018/12/31

女子サッカー初のバロンドール!世界中の女子選手が読むべき受賞談話。

フランス・フットボール通信

女子サッカー初のバロンドール!
世界中の女子選手が読むべき受賞談話。

今年から新たに創設された「女子バロンドール」(FIFA最優秀選手賞は澤穂希が受賞)は、FIFA加盟の46の国・地域のジャーナリスト… 続きを読む

フランク・シモンFrank Simon

2018/12/30

欧州サッカー界の異端児ナインゴラン。「喫煙、タトゥーをなぜ隠すのか?」

フランス・フットボール通信

欧州サッカー界の異端児ナインゴラン。
「喫煙、タトゥーをなぜ隠すのか?」

奇抜なモヒカンへアーと全身に施したタトゥー。インテルに所属するラジャ・ナインゴランは周囲から完全に浮いた存在である。 続きを読む

ヴァレンティン・パウルッツィValentin Pauluzzi

2018/12/28

アジア杯シリア監督、シュタンゲ。戦争に負けず生きる70歳の半生。

フランス・フットボール通信

アジア杯シリア監督、シュタンゲ。
戦争に負けず生きる70歳の半生。

読者の皆さんはベルント・シュタンゲを覚えているだろうか。かつてのイラク代表監督であり、ロシアワールドカップ2次予選ではシ… 続きを読む

アレクシス・メヌージュAlexis Menuge

2018/12/11

仏誌でハリルホジッチが独占告白。ナント復活の手応えと日本の思い出。

フランス・フットボール通信

仏誌でハリルホジッチが独占告白。
ナント復活の手応えと日本の思い出。

10月頭にリーグ・アンの名門FCナントの監督に就任したヴァイッド・ハリルホジッチは、大胆なチーム改革を実行し、19位だったリー… 続きを読む

レミー・ラコンブRemy Lacombe

2018/12/04

イングランド代表はドイツで育つ!?プレミアから流出する若き代表選手。

フランス・フットボール通信

イングランド代表はドイツで育つ!?
プレミアから流出する若き代表選手。

近年、イングランドの育成は大きな成功を収めている。だが、その成果をプレミアリーグに反映できないところに、この国の抱える矛… 続きを読む

フィリップ・オクレールPhilippe Auclair

2018/11/27

男子よりも女子サッカーに期待!?メキシコで盛況の女子プロリーグ。

フランス・フットボール通信

男子よりも女子サッカーに期待!?
メキシコで盛況の女子プロリーグ。

男性優位社会のメキシコにあって、2017年に創設されたプロサッカーの女子リーグ(男子同様に「リーガMX」の名称で呼ばれている)… 続きを読む

トマス・グバンThomas Goubin

2018/11/20

アルジェリアサッカー界の腐敗。八百長を国中が知っている異常さ。

フランス・フットボール通信

アルジェリアサッカー界の腐敗。
八百長を国中が知っている異常さ。

『フランス・フットボール』誌10月23日発売号では、アルジェリアサッカーのショッキングな実態が明らかにされている。 続きを読む

フィリップ・オクレールPhilippe Auclair

2018/11/18

モドリッチが考える理想のサッカー。「10番が消滅することはあり得ない」

フランス・フットボール通信

モドリッチが考える理想のサッカー。
「10番が消滅することはあり得ない」

『フランス・フットボール』誌10月16日発売号では、ルカ・モドリッチのロングインタビューを掲載している。言うまでもなくモドリ… 続きを読む

パスカル・フェレ&フレデリック・エルメルPascal Ferre et Frederic Hermel

2018/11/13

ハリルホジッチは古巣を救える?傲慢な会長と衝突までの秒読み。

フランス・フットボール通信

ハリルホジッチは古巣を救える?
傲慢な会長と衝突までの秒読み。

この10月2日、ヴァイッド・ハリルホジッチが古巣であるFCナントの監督に就任した。日本代表監督電撃解任の後、5カ月の休養期間を… 続きを読む

トマ・シモンThomas Simon

2018/11/01

女子サッカープロリーグは発展中。米国、欧米の二極化も実は低年俸。

フランス・フットボール通信

女子サッカープロリーグは発展中。
米国、欧米の二極化も実は低年俸。

『フランス・フットボール』誌10月2日発売号では、フランク・シモン記者がヨーロッパとアメリカの女子サッカーリーグを比較して… 続きを読む

フランク・シモンFrank Simon

2018/10/23

ロナウドを止める方法はコレだ!CLとセリエAの対策を仏誌が検証。

フランス・フットボール通信

ロナウドを止める方法はコレだ!
CLとセリエAの対策を仏誌が検証。

過去6シーズンにわたりクリスティアーノ・ロナウドはチャンピオンズリーグの得点王を獲得し続けている。それはその間にわたり、… 続きを読む

ティエリー・マルシャン with フレデリック・エルメルThierry Marchand avec Frederic Hermel

2018/10/08

1 2 3 4 5 6 NEXT >>

ページトップ