フットボール“新語録” 

中央突破はサイド攻撃の4倍効率的!?ドイツ協会が考える戦術のトレンド。

フットボール“新語録”

中央突破はサイド攻撃の4倍効率的!?
ドイツ協会が考える戦術のトレンド。

戦術の潮流を知るうえで、個人的に欠かせない雑誌がある。ドイツサッカー協会が指導者向けに発行している雑誌『fussball trainin… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

サッカー日本代表

2014/11/10

ドイツ代表が10年続けた“肉体改革”。「体幹」を超えた「ムーブメント」とは?

フットボール“新語録”

ドイツ代表が10年続けた“肉体改革”。
「体幹」を超えた「ムーブメント」とは?

「テレビの前でできるような体幹のエクササイズだけでは不十分。動きの中で体を使えるようになりません」(咲花正弥、アメリカ代… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/10/29

ミランの一流選手が心から信頼する、遠藤友則トレーナーの「整える」技術。

フットボール“新語録”

ミランの一流選手が心から信頼する、
遠藤友則トレーナーの「整える」技術。

「ミランには『遠藤チェック』と呼ばれている最終チェックがあります」(遠藤友則、ACミランのトレーナー)選手の体を直接触る「… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/10/13

チームの団結は“タダ”ではない。レーブが語るW杯優勝の秘訣とは?

フットボール“新語録”

チームの団結は“タダ”ではない。
レーブが語るW杯優勝の秘訣とは?

「現代の選手は、何事にも説明と根拠を求める。監督はそれに答えることができなければならない」(ヨアヒム・レーブ、ドイツ代表… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/09/29

アギーレの練習に感じる一抹の不安。バルサ式&サイド偏重は両立するか。

フットボール“新語録”

アギーレの練習に感じる一抹の不安。
バルサ式&サイド偏重は両立するか。

アギーレジャパンは、まだわずか9日間しか活動しておらず、監督本人が「2試合でスタイルを作ることはできない」と語ったように、… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

サッカー日本代表

2014/09/12

本田圭佑が語った好調の理由。裏への意識、プレーエリア、守備負担。

フットボール“新語録”

本田圭佑が語った好調の理由。
裏への意識、プレーエリア、守備負担。

「レギュラー争いの真っただ中にいる自分自身としては、まだまだ安心できるような状況ではない。ホント日々いい緊張感を味わって… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/08/28

ザックジャパンの戦術的な問題は、主力と監督の“歩み寄り”が生んだ!?

フットボール“新語録”

ザックジャパンの戦術的な問題は、
主力と監督の“歩み寄り”が生んだ!?

ザックジャパンはブラジルW杯に向けてコンディション調整を失敗し、切れを欠いたまま本番を迎えてしまった――ということを前回… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

サッカー日本代表

2014/08/10

W杯の敗因の1つ「コンディション」。調整過程に浮上した“3つのミス”。

フットボール“新語録”

W杯の敗因の1つ「コンディション」。
調整過程に浮上した“3つのミス”。

なぜ日本代表は、ブラジルの地で1勝すらできなかったのか? ブラジルW杯が終わって2週間以上が経つというのに、まだそのことば… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

サッカー日本代表

2014/08/04

ベンゲルが語るW杯“第3のトレンド”。「カウンターに人数をかけろ!」

フットボール“新語録”

ベンゲルが語るW杯“第3のトレンド”。
「カウンターに人数をかけろ!」

「興味深いのは、結果を出しているチームの多くがアタックに人数をかけていることだ」アーセン・ベンゲル(アーセナル監督) 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/07/23

ミュラー、ロッベン、そして本田。W杯のゴールを“背中”で検証する。

フットボール“新語録”

ミュラー、ロッベン、そして本田。
W杯のゴールを“背中”で検証する。

W杯はスーパープレーの宝庫だ。特にゴールシーンは世界最高レベルの技術が凝縮されており、美術品を見ているかのような優美な気… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/06/23

岡崎が本田に伝えた“異常”な要求。「絶対に走るから、見える前に裏へ」

フットボール“新語録”

岡崎が本田に伝えた“異常”な要求。
「絶対に走るから、見える前に裏へ」

大胆かつ慎重に突き詰めれば、ブラジルW杯における攻撃の武器になるかもしれない。それは日本人選手だからこそ成立する、“受け… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

サッカー日本代表

2014/06/06

「手よりもすごいことを足でやる」風間フロンターレが追求するもの。

フットボール“新語録”

「手よりもすごいことを足でやる」
風間フロンターレが追求するもの。

今、J1で最もおもしろいサッカーをやっているクラブはどこか? それぞれの興味や嗜好によって18通りの答えがあると思われるが、… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

Jリーグ

2014/05/26

試合の最初の15分で調子が分かる!“ルンメニゲ式”観戦術の3ポイント。

フットボール“新語録”

試合の最初の15分で調子が分かる!
“ルンメニゲ式”観戦術の3ポイント。

「最初の15分間を見れば、その日がチームにとっていい日なのか、悪い日なのか、だいたい見極めることができる」カールハインツ・… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/05/12

2.59回のミスと、6.083回のアクション。2010年W杯に見る「ゴールの秘密」。

フットボール“新語録”

2.59回のミスと、6.083回のアクション。
2010年W杯に見る「ゴールの秘密」。

杯出場32カ国の中で最もデータ分析に力を入れているのは、おそらくドイツ代表だろう。以前にこのコラムでも紹介したとおり、ドイ… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/05/01

トレーナー・西本直が解説する、中田英寿や本田圭佑の「背中」。

フットボール“新語録”

トレーナー・西本直が解説する、
中田英寿や本田圭佑の「背中」。

ブラジルW杯に向けて、ぜひ紹介したい「サッカーの見方」がある。選手が走っているとき、ドリブルしているとき、シュートを打つ… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/04/14

「斜めのパス」とビルドアップ力。ペップで知る、サッカーの新観戦術。

フットボール“新語録”

「斜めのパス」とビルドアップ力。
ペップで知る、サッカーの新観戦術。

先日、このコラムにおいてペップ・グアルディオラのバイエルンで行なっている練習を紹介した。主に伝えたのは「DFを置かないミニ… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/03/31

本田に対するテベスの反応に見る、セリエA特有の「ドリブル対応能力」。

フットボール“新語録”

本田に対するテベスの反応に見る、
セリエA特有の「ドリブル対応能力」。

「私が注目したのはテベス選手の守備時の姿勢です。骨盤が立っていて、背中が自然に伸びているので、股関節の自由度が増える。だ… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/03/14

「ペップは常に選手を楽しませる」バイエルンの“面白い”練習の秘密。

フットボール“新語録”

「ペップは常に選手を楽しませる」
バイエルンの“面白い”練習の秘密。

ペップ・グアルディオラ率いるバイエルン・ミュンヘンが、異次元の領域に足を踏み入れようとしている。ブンデスリーガでは2位に… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/03/03

「サイドに開いた選手は捨てろ」!?風間八宏監督が唱える守備の新常識。

フットボール“新語録”

「サイドに開いた選手は捨てろ」!?
風間八宏監督が唱える守備の新常識。

以前からひとつ気になっていた「戦術の常識」がある。攻撃の際「サイドアタッカーがワイドに張り出して、相手のDFラインを横に広… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

Jリーグ

2014/02/17

日本人がドイツ代表の分析チームに?『チーム・ケルン』と大学生の物語。

フットボール“新語録”

日本人がドイツ代表の分析チームに?
『チーム・ケルン』と大学生の物語。

「セミナーに参加したら『今日からドイツ代表のために分析を始めるぞ!』って。『何これ? そんなすごいところに来ちゃったの!… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

海外サッカー

2014/01/31

ページトップ