フットボール“新語録”BACK NUMBER

ミランの一流選手が心から信頼する、
遠藤友則トレーナーの「整える」技術。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/10/13 10:40

ミランの一流選手が心から信頼する、遠藤友則トレーナーの「整える」技術。<Number Web> photograph by Getty Images

15年前にイタリアへ渡り、ミラン一筋で治療をしてきた遠藤友則トレーナーは、現在、ムンタリやデヨングなど有力選手たちが列をなすほどの人気となっている。

「ミランには『遠藤チェック』と呼ばれている
最終チェックがあります」

遠藤友則 (ACミランのトレーナー)

 選手の体を直接触る「トレーナー」や「マッサー」は、大きな責任を負う職業だ。もし選手のケガを悪化させたら、「おまえのせいだ」と追及される可能性がある。ましてや言葉が通じない外国の、それも名門クラブとなれば、少しのミスも許されない。

 ACミランの遠藤友則トレーナーは、しみじみと昔を振り返った。

「最初に苦労したのは、こちらの選手は今まで経験してきた日本の選手と反応が違う。より敏感な選手もいれば、鈍感な選手もいる。多民族の集まりだからしょうがないけれど、治療の度にびっくりしました」

 遠藤がイタリアにやって来たのは15年前のことだ。清水エスパルスで働いていたが、清水でプレーしたマッサーロの紹介で名門に潜り込むことに成功した。

「とにかく最初はみんなが嫌がる雑用を必死にやりました。次第に僕にも選手がまわってくるようになったけれども、優秀とされるトレーナーたちに看てもらって、それでも治らなかったので、最後は東洋のマジックに期待してということでした。悪くなったら私の責任。でも治れば勲章ものでした」

東洋医学的な「バランスを整える」治療。

 選手が悪化すれば即刻クビである。そこで遠藤は発想を転換する。「患部に触らない」という東洋医学的な治療に活路を見出したのだ。

「生き残るためにどうすればいいか必死に考え、その結果が『バランスを整える』ということでした。たとえば膝の痛みの原因は『脚の捻れ』からが多い。そんな場合、股関節と足首を調整すれば、膝痛は半減する。患部に触れないので悪化することはなく、しかも東洋の神秘を打ち出せるこのやり方に行き着きました」

【次ページ】 東洋医学の知識のほとんどは、イタリアで独学。

1 2 3 NEXT
遠藤友則
ACミラン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ