Number ExBACK NUMBER

佐藤勇人にとってオシムは今も絶対。
「情けなくもあるけど、正直な気持ち」

posted2020/06/06 11:40

 
佐藤勇人にとってオシムは今も絶対。「情けなくもあるけど、正直な気持ち」<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

2005年11月5日、ジェフがクラブ初タイトルのナビスコカップを勝ち取った日の佐藤とオシム。

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

Tamon Matsuzono

発売中のNumber1004号『現役Jリーガー100人が選んだ 史上最強チームを語れ』では、2005年のジェフユナイテッド千葉についての思い出を佐藤勇人とイビチャ・オシムに聞いている。この年のクラブ初タイトルに貢献し、昨年までジェフでプレーを続けて現在はクラブユナイテッドオフィサーに就任している佐藤。誌面に収まりきらなかった、オシムへの想いをここに掲載する。

 イビチャ・オシムと関わった人間は、誰も例外なく大きな影響を受ける。サッカー人生が変わり、人間としての人生も大きく変わっていく。それは幸福なこと、幸運なことなのだろうと思う。オシムと出会えたことが。

 佐藤勇人もそんな人間のひとりである。オシムと出会い、オシムの薫陶を受け、オシムチルドレンと呼ばれてオシムのサッカーを体現したことが、彼のサッカー人生を劇的なまでに変化させた。そしてオシムは今も彼の中で確固たる存在として生き続けている。

 おそらく誰もが自らの中のオシムと死ぬまで対話を続けて行く。ペップ・グアルディオラの中のヨハン・クライフがそうであるように。ティエリ・アンリの中のアーセン・ベンゲルがそうであるように。

 当時感じていたこと、今だからわかること、今だから聞きたいこと……。勇人がオシムへの心の内を語った。

オシムはどこまで先を見ていたんだろう。

――まずは確認ですが、勇人さんにとってジェフが一番強かった時代というのはオシムさんの時代でいいのですよね。

「はい、間違いないです」

――見ていても、ダイナミックでワクワクするサッカーでした。あとで考えたときに、ヨーロッパのトップレベルでやっているサッカーを、当時のジェフはやっていたのかなと。

「オシムさんがジェフにいたときからこれだけ時間がたっている。なのにここ数年のヨーロッパのサッカーを見ていると、あれ、これは自分たちがやったサッカーに近いなと思えるシーンが多くて。具体的にあげるとイタリアのアタランタだとか、アヤックスであったりとか。改めてイビチャ・オシムという人は、どこまで先を見ていたんだろうと」

【次ページ】 日本サッカーの全てを変えようとした。

1 2 3 4 5 NEXT
イビチャ・オシム
佐藤勇人
ジェフユナイテッド千葉

Jリーグの前後のコラム

ページトップ