有料記事一覧ページ新設のお知らせ

ラグビーPRESSBACK NUMBER

11万人以上が目撃したTL開幕戦。
W杯がラグビー界にもたらした変化。

posted2020/01/14 17:00

 
11万人以上が目撃したTL開幕戦。W杯がラグビー界にもたらした変化。<Number Web> photograph by Matsuo.K/AFLO SPORT

秩父宮ラグビー場はほぼ満員、駅やスタジアム入場には列ができていた。この状態をラグビー界の地力にしたい。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Matsuo.K/AFLO SPORT

 勝負のシーズンが、ついに動き出した。

 ラグビートップリーグの2020シーズンが、1月12日に開幕したのである。

 昨秋のラグビーW杯の余熱は、トップリーグへ持ち込まれた。開幕戦の8試合合計の観客は延べ11万6737人で、前シーズンの8万3719人をおよそ3万3000人上回った。

 W杯前の'18-'19シーズンには、観客が1000人を割る試合さえあった。リーチマイケルの東芝と田村優のキヤノンが激突した一戦でも、1214人の集客にとどまっていた。

 両チームともにリーグの下位に低迷しており、どちらにとっても地元から遠い名古屋での試合だった。

 一方で'18年12月15日開催のこの試合は、シーズンの最終戦でもあった。W杯前のリーグ戦の、ラストマッチだったのだ。空席ばかりのスタンドは、一般的な関心の低さを表わしていた。

 稲垣啓太と福岡堅樹がスタメン出場したパナソニックと、アマナキ・レレイ・マフィのNTTコムの一戦も、2618人の観客しか集めていない。“笑わない男”と“日本のフェラーリ”と、“イケメンのイクメン”が先発し、パナソニックはヴァルアサエリ愛と田中史朗も途中出場したが、サッカーJリーグでもお馴染みのニッパツ三ツ沢球技場はガラガラだったのだ。

2万人超えが2試合は史上初。

 それがどうだろう。

 1月12日に行われた神戸製鋼対キヤノンの2万3004人は、トップリーグの観客動員で歴代7位に食い込む。東芝対サントリーの2万1564人は同8位だ。2万人超えの試合が同じ節に2試合記録されたのは、2003年から続くトップリーグの歴史で初めてのことだ。

 関東地方の天気予報には数日前まで傘のマークがついていたが、秩父宮も熊谷もこの日は雨に降られなかった。1月はプロ野球もJリーグもシーズンオフで、お客さんを呼び込みやすいところもある。そういったプラス材料を考慮しても、ポストW杯の第一歩としては申し分ないものだったと言っていい。

【次ページ】 応援団に加え、子どもたちが急増。

1 2 3 NEXT
リーチ マイケル
稲垣啓太
福岡堅樹
アマナキ・レレイ・マフィ
流大

ラグビーの前後のコラム

ページトップ