月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

やけに揃ったスポーツ紙の足並み。
「トランプ大相撲」をどう報じたか。 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama/JMPA

posted2019/05/31 08:00

やけに揃ったスポーツ紙の足並み。「トランプ大相撲」をどう報じたか。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/JMPA

幕内優勝した朝乃山(左)に贈る「米国大統領杯」を抱え上げるトランプ米大統領。

記者たちは「大イベントお疲れ様」

 では「記者の目」はどうだろう。

 意外なことに担当記者が書くコラムはスポーツ報知のみだった。

 金属探知機の前の手荷物検査で「これが飲み物と証明するために開封して、一口飲んでください」と命じられたとし、「こんなに緊張して牛乳を飲んだのは人生で初めてだ。」と書いていた。

 この大一番になぜ牛乳か不思議な読後感があったが、最後は「協会関係者の安堵した表情が忘れられない」とあったのでどちらかと言えば「大イベントお疲れ様」というニュアンスだった。

 相撲担当記者のコラムはこれだけだったが、他紙はそれぞれ「匂わせていた」。

観客、力士たちの声。

 スポニチは社会面で「相撲客から“物言い”升席ソファ、厳重警備『観戦集中できない』」とし、「今後、中国の習近平主席やロシアのプーチン大統領から“私も間近で観戦したい”と要望があれば応じざるを得ないのではないか」との観客の声を載せていた。

 そうだ、「トランプはオーケーであなたはダメ」なんて言いづらい。ほんとどうするんだろう。どこかの大統領さん、そんな要求言うなよ、絶対言うなよ。

 デイリースポーツは「力士からは不満の声も出た」と。ペットボトルの持ち込み禁止が、取組が早い時間の力士には周知徹底されておらず、没収されるケースが続出。花道でのうがいにも使えず、

《あるベテラン力士からは「ルーティンが崩れる。こっちは真剣勝負なんだからね」と話した。》

 ああ、観客どころか力士まで被害を受けていたとは。

【次ページ】 優勝が千秋楽までもつれていたら……。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

朝乃山
安倍晋三
ドナルド・トランプ

相撲の前後のコラム

ページトップ