月刊スポーツ新聞時評 

イチロー引退会見で読み取れた、番記者たちの“地獄”と信頼関係。

イチロー引退会見で読み取れた、
番記者たちの“地獄”と信頼関係。

月刊スポーツ新聞時評

『イチローの取材 「地獄でした」 』地獄という強烈な言葉。イチローが引退表明した翌日、デイリースポーツ5面の見出しである。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2019/03/26

長野広島移籍をスクープした東スポ。次の注目は“夜王・長野”と“赤長野”。

月刊スポーツ新聞時評

長野広島移籍をスクープした東スポ。
次の注目は“夜王・長野”と“赤長野”。

プロ野球キャンプインの2月。スポーツ紙はある男で盛り上がった。「赤長野」である。広島カープに移籍した長野久義である。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2019/02/28

稀勢の里引退で各紙が繰り広げた、「秘話合戦」から何が見えるか。

月刊スポーツ新聞時評

稀勢の里引退で各紙が繰り広げた、
「秘話合戦」から何が見えるか。

スポーツ界で何か大きなニュースがあるとスポーツ紙に掲載される記事が「記者の目」だ。現場を取材している記者の見解が載る。今… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2019/02/01

野球ファンは人事の話が大好きだ。プロテクトと人的補償の報道祭り。

月刊スポーツ新聞時評

野球ファンは人事の話が大好きだ。
プロテクトと人的補償の報道祭り。

プロ野球のペナントレース同様に、いやもしかしたらそれ以上にストーブリーグが好きだったりする。ドラフト、トレード、FA、新監… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2018/12/31

昭和なタバコ文化の残るプロ野球。原監督の“禁煙令”に思い出すこと。

月刊スポーツ新聞時評

昭和なタバコ文化の残るプロ野球。
原監督の“禁煙令”に思い出すこと。

1980年代(私が10代の頃)、常々思っていたことがあった。『野球選手はスポーツ選手ではない』という持論である。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2018/12/01

根尾昂にトーチュウが狂喜乱舞し、金本監督辞任にデイリーは激怒した。

月刊スポーツ新聞時評

根尾昂にトーチュウが狂喜乱舞し、
金本監督辞任にデイリーは激怒した。

ドラフト会議当日のスポーツ新聞は推理小説でもある。今年は横浜DeNAの1位指名予想が割れていた。根尾昂(大阪桐蔭)が2紙、上茶… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2018/11/01

由伸巨人は革命的に面白かった。ありがとう、またいつか必ず。

月刊スポーツ新聞時評

由伸巨人は革命的に面白かった。
ありがとう、またいつか必ず。

高橋由伸、巨人監督を辞任表明。しかし……。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2018/10/06

宮沢りえ以来の貴乃花劇場が再び。スポーツ紙の論調が割れる時は……。

月刊スポーツ新聞時評

宮沢りえ以来の貴乃花劇場が再び。
スポーツ紙の論調が割れる時は……。

まさか9月の『スポーツ新聞時評』に広島カープの優勝が間に合うとは。強かったなぁカープ。私が注視していたのは9月25日(火)だ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2018/09/30

平成最後の高校野球、美談と正論。猛暑、球数を問題提起した東スポ。

月刊スポーツ新聞時評

平成最後の高校野球、美談と正論。
猛暑、球数を問題提起した東スポ。

私は高校野球も好きだけど、高校野球についての「論」も好きだ。この時期になるとメディアを中心とした場所では「美談」が、ネッ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2018/09/03

代表監督とSMAP解散の報道は同じ?スポーツ紙を動かすのは誰なのか。

月刊スポーツ新聞時評

代表監督とSMAP解散の報道は同じ?
スポーツ紙を動かすのは誰なのか。

スポーツ新聞の華と言えばなんだろう。私は「監督人事」記事がその1つだと思う。各紙に咲き乱れるとワクワクする。正解は誰だ!? 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2018/07/31

西野ジャパン、ボール回しの絶望と希望。日本のマスコミが考えるべき課題とは。

月刊スポーツ新聞時評

西野ジャパン、ボール回しの絶望と希望。
日本のマスコミが考えるべき課題とは。

6月はなんと言ってもサッカー・ワールドカップロシア大会であった。しかもスポーツ新聞的にも大事件が起きた。そう、日本対ポー… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2018/07/02

日大タックル問題は現場記者に注目。元選手、逆ギレ司会、そしてハンセン!

月刊スポーツ新聞時評

日大タックル問題は現場記者に注目。
元選手、逆ギレ司会、そしてハンセン!

今回はスポーツ新聞のコラムに注目してみたい。華やかなスポーツ新聞は見出しを眺めているだけでも楽しいが、コラムも勿論読みご… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2018/06/01

ハリル解任報道の“味付け”で分かる、各スポーツ紙ビミョーな立ち位置。

月刊スポーツ新聞時評

ハリル解任報道の“味付け”で分かる、
各スポーツ紙ビミョーな立ち位置。

「ハリル 日本協会に復讐 韓国代表監督に就任!?」大きな見出しが夕刊スポーツ紙の東スポに躍った。サッカーに詳しくない読者でも… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2018/05/01

スポーツ新聞に愛された男――。「劇薬」貴乃花親方の功績とは?

月刊スポーツ新聞時評

スポーツ新聞に愛された男――。
「劇薬」貴乃花親方の功績とは?

もう貴乃花親方のことはいいじゃないか、土俵上の話題に集中しようよという方もいるだろう。しかし「スポーツ新聞時評」というか… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2018/04/01

「そだねー」「もぐもぐ」とオヤジ達。カーリング女子に染まった日本列島。

月刊スポーツ新聞時評

「そだねー」「もぐもぐ」とオヤジ達。
カーリング女子に染まった日本列島。

「平昌五輪とスポーツ新聞」について書くなら、ピッタリの競技がある。羽生結弦のフィギュアスケート?いや、「カーリング女子」… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2018/02/28

松坂大輔、岩瀬仁紀、そして闘将。1月のプロ野球界は中日が席巻!?

月刊スポーツ新聞時評

松坂大輔、岩瀬仁紀、そして闘将。
1月のプロ野球界は中日が席巻!?

1月のスポーツ新聞は、中日ドラゴンズがぶっちぎりの優勝と言っていい。まずはこちら。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2018/01/31

プチ鹿島が振り返る今年のスポーツ紙。下世話目線が見抜いたトランプ外交!?

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島が振り返る今年のスポーツ紙。
下世話目線が見抜いたトランプ外交!?

年末なので今年の「月刊スポーツ新聞時評」を振り返りつつ、「2017年思い出の記事」について書きたい。まずは早春におこなわれた… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/12/28

「暴力」を意識しなかった日馬富士。こんなにも遠かった世間と角界の距離。

月刊スポーツ新聞時評

「暴力」を意識しなかった日馬富士。
こんなにも遠かった世間と角界の距離。

今回のスポーツ新聞時評の本番は、11月14日の火曜日からすべてがはじまったと言っていい。『ビール瓶で殴打 日馬 暴行疑惑 貴ノ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/12/01

各スポーツ紙の「ドラフト読み比べ」!プチ鹿島10月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

各スポーツ紙の「ドラフト読み比べ」!
プチ鹿島10月のスポーツ新聞時評。

ドラフト会議の面白さは本番前にこそあると考える。スポーツ新聞各紙による「あの球団がこの選手を指名する」とか「隠し玉はこの… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/10/31

巨人vs.DeNAは清宮幸太郎にも影響!?プチ鹿島9月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

巨人vs.DeNAは清宮幸太郎にも影響!?
プチ鹿島9月のスポーツ新聞時評。

「さぁ0差 伝説10・8再現!!」(9月29日)桑田真澄がマウンド上で歓喜する1994年の「伝説」シーンを一面に持ってきたスポーツ報… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/10/02

1 2 3 NEXT >>

ページトップ