月刊スポーツ新聞時評 

ラグビーW杯で沸き立つスポーツ紙。奇跡報じるデイリーの一面には……。

ラグビーW杯で沸き立つスポーツ紙。
奇跡報じるデイリーの一面には……。

月刊スポーツ新聞時評

ラグビーワールドカップで日本がアイルランドに勝利。4年前の南アフリカ戦のジャイアントキリングを思い出した。あの試合の見出しは壮観だった(2015年9月21日)。続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロ野球

2019/09/30

スポーツ紙で見る奥川恭伸の熱投。感動を呼んだ美談の説教と真相。

月刊スポーツ新聞時評

スポーツ紙で見る奥川恭伸の熱投。
感動を呼んだ美談の説教と真相。

夏の高校野球をスポーツ紙はどう伝えたか。まずは決勝戦前日の履正社の練習について。『奥川剛球イメトレ完璧 履正社 攻略へ巨… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

高校野球

2019/08/24

イチロー引退会見で読み取れた、番記者たちの“地獄”と信頼関係。【2019年上半期 野球部門1位】

月刊スポーツ新聞時評

イチロー引退会見で読み取れた、
番記者たちの“地獄”と信頼関係。
【2019年上半期 野球部門1位】

2019年上半期、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。野球部門の第1位はこちら! 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

MLB

2019/08/14

報道が過熱する「佐々木朗希」問題。各スポーツ紙はどこに注目したのか。

月刊スポーツ新聞時評

報道が過熱する「佐々木朗希」問題。
各スポーツ紙はどこに注目したのか。

『苦情殺到 何で出さなかった パトカー大船渡に』(スポーツ報知・7月27日)スポーツ紙の一面に大々的に「パトカー」「警察」… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

高校野球

2019/07/30

ノムさんがボヤキ、エモやんが叱る。阪神の「矢野ガッツ」が謎の論争に。

月刊スポーツ新聞時評

ノムさんがボヤキ、エモやんが叱る。
阪神の「矢野ガッツ」が謎の論争に。

スポーツ紙の記事が「大きくなっていく」ことがある。たとえばこちら。阪神・矢野燿大監督と野村克也氏が面会したという記事。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロ野球

2019/06/30

やけに揃ったスポーツ紙の足並み。「トランプ大相撲」をどう報じたか。

月刊スポーツ新聞時評

やけに揃ったスポーツ紙の足並み。
「トランプ大相撲」をどう報じたか。

大相撲とトランプ米大統領。これをスポーツ紙はどう伝えたか? これが今回のテーマです。あの千秋楽をにぎやかでワイワイとした… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

相撲

2019/05/31

佐々木朗希の投げる姿を見ましたか?怪物感を煽る、UFOのような未知性。

月刊スポーツ新聞時評

佐々木朗希の投げる姿を見ましたか?
怪物感を煽る、UFOのような未知性。

平成の変遷の1つとして、スポーツ新聞と「未知」案件がある。たとえば東スポは平成当初からしばらくはUFOやネッシーや人面魚とい… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

高校野球

2019/04/30

イチロー引退会見で読み取れた、番記者たちの“地獄”と信頼関係。

月刊スポーツ新聞時評

イチロー引退会見で読み取れた、
番記者たちの“地獄”と信頼関係。

『イチローの取材 「地獄でした」 』地獄という強烈な言葉。イチローが引退表明した翌日、デイリースポーツ5面の見出しである。… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

MLB

2019/03/26

長野広島移籍をスクープした東スポ。次の注目は“夜王・長野”と“赤長野”。

月刊スポーツ新聞時評

長野広島移籍をスクープした東スポ。
次の注目は“夜王・長野”と“赤長野”。

プロ野球キャンプインの2月。スポーツ紙はある男で盛り上がった。「赤長野」である。広島カープに移籍した長野久義である。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロ野球

2019/02/28

稀勢の里引退で各紙が繰り広げた、「秘話合戦」から何が見えるか。

月刊スポーツ新聞時評

稀勢の里引退で各紙が繰り広げた、
「秘話合戦」から何が見えるか。

スポーツ界で何か大きなニュースがあるとスポーツ紙に掲載される記事が「記者の目」だ。現場を取材している記者の見解が載る。今… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

相撲

2019/02/01

野球ファンは人事の話が大好きだ。プロテクトと人的補償の報道祭り。

月刊スポーツ新聞時評

野球ファンは人事の話が大好きだ。
プロテクトと人的補償の報道祭り。

プロ野球のペナントレース同様に、いやもしかしたらそれ以上にストーブリーグが好きだったりする。ドラフト、トレード、FA、新監… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロ野球

2018/12/31

昭和なタバコ文化の残るプロ野球。原監督の“禁煙令”に思い出すこと。

月刊スポーツ新聞時評

昭和なタバコ文化の残るプロ野球。
原監督の“禁煙令”に思い出すこと。

1980年代(私が10代の頃)、常々思っていたことがあった。『野球選手はスポーツ選手ではない』という持論である。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロ野球

2018/12/01

根尾昂にトーチュウが狂喜乱舞し、金本監督辞任にデイリーは激怒した。

月刊スポーツ新聞時評

根尾昂にトーチュウが狂喜乱舞し、
金本監督辞任にデイリーは激怒した。

ドラフト会議当日のスポーツ新聞は推理小説でもある。今年は横浜DeNAの1位指名予想が割れていた。根尾昂(大阪桐蔭)が2紙、上茶… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロ野球

2018/11/01

由伸巨人は革命的に面白かった。ありがとう、またいつか必ず。

月刊スポーツ新聞時評

由伸巨人は革命的に面白かった。
ありがとう、またいつか必ず。

高橋由伸、巨人監督を辞任表明。しかし……。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

プロ野球

2018/10/06

宮沢りえ以来の貴乃花劇場が再び。スポーツ紙の論調が割れる時は……。

月刊スポーツ新聞時評

宮沢りえ以来の貴乃花劇場が再び。
スポーツ紙の論調が割れる時は……。

まさか9月の『スポーツ新聞時評』に広島カープの優勝が間に合うとは。強かったなぁカープ。私が注視していたのは9月25日(火)だ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

相撲

2018/09/30

平成最後の高校野球、美談と正論。猛暑、球数を問題提起した東スポ。

月刊スポーツ新聞時評

平成最後の高校野球、美談と正論。
猛暑、球数を問題提起した東スポ。

私は高校野球も好きだけど、高校野球についての「論」も好きだ。この時期になるとメディアを中心とした場所では「美談」が、ネッ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

高校野球

2018/09/03

代表監督とSMAP解散の報道は同じ?スポーツ紙を動かすのは誰なのか。

月刊スポーツ新聞時評

代表監督とSMAP解散の報道は同じ?
スポーツ紙を動かすのは誰なのか。

スポーツ新聞の華と言えばなんだろう。私は「監督人事」記事がその1つだと思う。各紙に咲き乱れるとワクワクする。正解は誰だ!? 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

サッカー日本代表

2018/07/31

西野ジャパン、ボール回しの絶望と希望。日本のマスコミが考えるべき課題とは。

月刊スポーツ新聞時評

西野ジャパン、ボール回しの絶望と希望。
日本のマスコミが考えるべき課題とは。

6月はなんと言ってもサッカー・ワールドカップロシア大会であった。しかもスポーツ新聞的にも大事件が起きた。そう、日本対ポー… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

サッカー日本代表

2018/07/02

日大タックル問題は現場記者に注目。元選手、逆ギレ司会、そしてハンセン!

月刊スポーツ新聞時評

日大タックル問題は現場記者に注目。
元選手、逆ギレ司会、そしてハンセン!

今回はスポーツ新聞のコラムに注目してみたい。華やかなスポーツ新聞は見出しを眺めているだけでも楽しいが、コラムも勿論読みご… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

アメリカンフットボール

2018/06/01

ハリル解任報道の“味付け”で分かる、各スポーツ紙ビミョーな立ち位置。

月刊スポーツ新聞時評

ハリル解任報道の“味付け”で分かる、
各スポーツ紙ビミョーな立ち位置。

「ハリル 日本協会に復讐 韓国代表監督に就任!?」大きな見出しが夕刊スポーツ紙の東スポに躍った。サッカーに詳しくない読者でも… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

サッカー日本代表

2018/05/01

1 2 3 NEXT >>

ページトップ