第95回箱根駅伝出場校紹介BACK NUMBER

絶対王者・青山学院大学に隙は無し。
東洋大学は「万全」で本大会を迎えられるか。

posted2018/12/27 11:00

 
絶対王者・青山学院大学に隙は無し。東洋大学は「万全」で本大会を迎えられるか。<Number Web> photograph by Shunsuke Mizukami

text by

箱根駅伝2019取材チーム

箱根駅伝2019取材チームhakone ekiden 2019

PROFILE

photograph by

Shunsuke Mizukami

今回で95回目を数える東京箱根間往復大学駅伝競走。2019年1月の箱根路では、23チームが健脚を競う。特色豊かな各チームが持つ、ポイントをそれぞれ紹介する。

青山学院大学

前回大会総合優勝> 11年連続24回目

箱根駅伝5連覇、史上初2度目の大学駅伝3冠へ。
王者・青山学院大学に死角なし。

文=生島淳

 箱根駅伝5連覇に、大学駅伝3冠。

 今回、青山学院大学には箱根駅伝でふたつの偉業達成の期待がかかる。

 しかも、大願成就の確率は極めて高い。

 それを実感させたのは、12月10日に行われた16名の選手をエントリーした後に行なわれた記者発表会見である。発表前、原晋監督は、

「20名ほどの選手が、区間上位で走れる力を持っています。そのなかから16人を選ぶのは、なかなかたいへんなことですよ」

 とうれしい悲鳴を上げていたが、4年生7人、3年生4人、2年生3人、1年生2人という学年間のバランスのいいエントリーとなった。

「学年のバランスが、逆ピラミッド型になっているのがベストなんです。今回はその“黄金比率”が実現できました」

 と原監督は、ここまでの調整に自信をのぞかせる。

 しかも、記者発表会見の場で公表される10000m上位10名の平均タイムも、青山学院大学が圧巻だった。青山学院大学の上位10人の平均タイムは28分43秒93で、この数字は参加23チーム中でトップ。青山学院大学の層の厚さ、スピードの証明であり、この数字を見ただけでも青山学院大学の優位は動かない。

どんどん高まる「各自ジョグ」。

 ただし、原監督は学生に対して過度なプレッシャーをかけることはないという。

「学生たちには負けてもいいんだよ、と話しているんです。万が一、負けてしまったら私が責任を取ればいいだけの話であって、学生には箱根駅伝を目指すプロセスの中で、やり残したことがないよう、悔いのない準備をして欲しいとだけ話しています。勝敗よりも、プロセス。それが学生スポーツでは大切な価値だと思っているので」

 プロセスの重視はすなわち、箱根駅伝に対する「準備力」へとつながる。

 青山学院大学の強さは、まさに日ごろの準備力が支えている。

 主将の森田歩希(4年)はいう。

「入学した時から比べて、『各自ジョグ』のレベルがどんどん高くなっていると思います。各自ジョグは選手の基本というか、土台を作る練習ですが、青学ではジョグとなると、スピードは各自に任されることがほとんどです。ここで攻めていく選手が結果を残すようになっています。みんなが毎日競い合うことで、競技会、そして駅伝に対する準備力がついたんじゃないかと思います」

【次ページ】 「4代目・山の神」候補の名は。

1 2 3 4 NEXT

ページトップ