第95回箱根駅伝出場校紹介BACK NUMBER

絶対王者・青山学院大学に隙は無し。
東洋大学は「万全」で本大会を迎えられるか。 

text by

箱根駅伝2019取材チーム

箱根駅伝2019取材チームhakone ekiden 2019

PROFILE

photograph byShunsuke Mizukami

posted2018/12/27 11:00

絶対王者・青山学院大学に隙は無し。東洋大学は「万全」で本大会を迎えられるか。<Number Web> photograph by Shunsuke Mizukami

西山が“らしさ”を取り戻せるか。

 実績のあるこのふたりに加え、箱根駅伝では西山の復調が望まれる。西山は出雲の2区で区間6位、全日本では2区で区間14位に終わり、肝心の区間で流れを作ることが出来なかった。酒井監督は、

「将来的に大きく育つ意味でも、西山にとっては苦労したレースは無駄ではなかったと思います。もちろん、箱根ではしっかりと準備を進め、“東洋大学らしい”走りを見せてくれるでしょう。箱根駅伝では、(山本)修二、相澤、西山が青学さんとの直接対決に勝って、チームとして勢いをつけて主導権を握りたいところです」

 と目論む。前回好走した相澤は2区に配置されるだろうが、レースの展開を読んだうえで、酒井監督が山本、西山をどの区間に配置するのか気になるところだ。

 主軸の3人が仕事をしたとしても、青山学院大学を倒すのは簡単ではない。東洋大学が今回の箱根駅伝を盛り上げるためには、主軸の3人が青山学院大学との直接対決に勝ったうえで、さらなる条件がつく。

 東洋大学は「万全」でなければならない。

 東洋大学は出雲、全日本といずれもベストメンバーを組むことが出来ていなかった。

 出雲の6区で青山学院大学の背中まで迫った吉川は全日本を欠場。前回の箱根駅伝の4区で区間2位という好走を見せた吉川が戻ってくれば、東洋大は分厚い布陣を築くことが出来る。正月までのコンディショニングが大きな鍵となってくる。

「柏原さんのような走りを」

 勝敗はもちろん大切だが、昨今、東洋大学の箱根駅伝において大きな役割を担っているものがあることに気づかされる。

 大学スポーツである以上、選手は入れ替わる。それでも、鉄紺のたすきをつなぐ選手たちは、「東洋大学らしさ」を継承している。

 主将の小笹椋(4年)はいう。

「東洋大学を応援してくださるみなさんは、きっと柏原(竜二)さんが見せたような、絶対にあきらめない、たくましい走りを期待されていると思います。柏原さんには及ばないかもしれませんが、それに少しでも近づけるよう頑張りたいと思います」

 今季のスローガンは「鉄紺の真価でくつがえせ」。

 鉄紺の真価とは、間違いなくあきらめの悪い走りのことだ。レギュラークラスの選手が全員そろい、万全の態勢を作ることが出来れば、必ずや東洋大学は見せ場を作る。

 その後、どこまで粘ることが出来るか。

 覆す相手はただひとつだけである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
原晋
森田歩希
小野田勇次
林奎介
竹石尚人
岩見秀哉
飯田貴之
山田滉介
神林勇太
酒井俊幸
西山和弥
相澤晃
吉川洋次
山本修二
渡邉奏太
柏原竜二
青山学院大学
東洋大学

陸上の前後の記事

ページトップ