Overseas ReportBACK NUMBER

大坂なおみはハイチの誇りでもある。
スポーツと国籍とアメリカンドリーム。 

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph byZUMA Press/AFLO

posted2018/04/11 17:00

大坂なおみはハイチの誇りでもある。スポーツと国籍とアメリカンドリーム。<Number Web> photograph by ZUMA Press/AFLO

BNPパリバOPでの大坂なおみの優勝スピーチ風景。はにかみながらの素朴なスピーチは好感度も高く、世界的な話題となった。

多様性を楽しむ姿勢でスポーツを観戦する。

 日本にも様々なルーツを持つ選手が増えてきている。

 両親が他国から日本に移住し日本で生まれ育った選手、両親が国際結婚し、日本もしくは海外で生まれ育ったハーフの選手も多い。

 そういった選手に対して、複雑な感情を持つ人もいるだろう。

 でも、俯瞰的に見てほしい。

 陸上の短距離や卓球は、多様性のある選手の出現によって代表チームのレベルが上がるという相乗効果が生まれている。また日本にルーツを持っていたり、日本のスポーツシステムで育った選手が大舞台で活躍する姿を見るのは、自身と共通点のない選手同士が戦う姿を見るよりも、シンプルに感情移入しやすいと思う。

「違い」を拒絶するのは簡単だが、違いを楽しみ、受け入れる姿勢を持つことが、これからのスポーツ観戦のあり方になってほしい。

MLB2018 DREAM OPENING大谷翔平 夢の始まり。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大坂なおみ
大谷翔平
ネイサン・チェン
長洲未来
ロペス・ロモン
メブ・ケフレジギ
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

テニスの前後のコラム

ページトップ