Sports Graphic NumberBACK NUMBER

池田純・ベイスターズ前球団社長が、
明大から日本スポーツ界に革命を起こす! 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2017/04/04 17:00

池田純・ベイスターズ前球団社長が、明大から日本スポーツ界に革命を起こす!<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

「大学スポーツを育てていくことは、日本のスポーツ産業の発展につながる」と断言した池田氏。

“日本版NCAA”の創設を目指す文科省とスポーツ庁。

「文部科学省とスポーツ庁も、大学横断的、競技横断的な“日本版のNCAA”の創設と同時に、各大学のスポーツ分野を戦略的かつ一体的に管理・統括する『大学スポーツアドミニストレーター』を全国の100の大学に配置することを目標に定めています。明治大学が私を指名したのは、その方針に沿うものです。

 就任に際して、鈴木大地スポーツ庁長官から『スポーツマネジメントに長けた外部の人材が、学業とスポーツ双方に優れた人材の輩出と母校や地域の一体感を醸成し、地域・経済の活性化に活躍することを期待したい』とコメントをいただきました」

――池田さん自身は、なぜ明大を選ばれたのでしょうか。

「明大の特徴は、スポーツに特化した学部がないこと。

 そのような一般的な大学で、スポーツをしっかり統括して、体育会の学生から、応援する学生まで大学全体のスポーツ全体を振興できる組織を作りたいです。

 それが成功すれば、幅広い大学にも応用できるモデルケースになるでしょう」

明大とベイスターズ……そのビジネスモデルは似ている。

――DeNAベイスターズ時代の経験を活かせそうなところはありますか。

「基本は同じなんです。横浜の人たちがベイスターズのものを身に着けたいとか、ベイスターズが会話の絆になったり、みんなでビールを飲みながら応援しに行こうか、という文化が生まれて、横浜という地域に密着させることで、初めてビジネスが生まれていく。アメリカの大学も、まさに地域に密着して、地元にファンが大勢います。

 明大もその方向を目指します。

 魅力的な選手がいて、地域に愛され、身につけてみたいと思えるかっこいいグッズがある。そうなることで、応援する人のアイデンティティになっていくし、スポーツ全体の振興にもつながると思います」

【次ページ】 スポーツビジネスを学ぶ――東京五輪後を見据えて。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

池田純
横浜DeNAベイスターズ
鈴木大地
明治大学
NCAA

プロ野球の前後のコラム

ページトップ